iitan

MENU

若さと女性ならではの気遣いを強みに
お客さまと一緒にお部屋探しを

スタートライングループ株式会社

岩 美江

スタートライングループ株式会社 岩 美江
  1. お客さまの人生の深いところに入り込める
    人間関係を構築していく仕事だと思いました
  2. 賃貸物件のご紹介がメイン
    私だからできることを追求していきます
  3. お客さまの「ありがとう」という言葉
    そして、人生に携われることが醍醐味です
  4. スランプのときも、その原因は自分の中にありました
    この仕事の楽しさを伝えていきたい

プログラミングの学校から不動産業界に入ったわけをお聞かせください

お客さまの人生の深いところに入り込める
人間関係を構築していく仕事だと思いました

ゲームが好きだったので、親戚に勧められてプログラミングの学校に通いました。しかし、やってみてわかったのですが、プログラミングはモニターに向かって、一人で黙々とやる作業です。私は人と話をするのが好きで、ちょっと方向が違ったんです。そこで接客業に就こうと考えて、就職活動をしました。いろいろな企業を受けたのですが、不動産会社である、スタートライングループ入社の決め手は、面接でした。

「私たちの仕事は、お客さまの人生の岐路において、サポートをする仕事です」という言葉を聞いたとき、私がやりたい仕事はこれだ!と感じたんです。アパレルなど、他社も受けていたのですが、洋服はその場で買っていただいたら、お客さまとのつながりはその場で終わってしまいます。一方、不動産はずっと関わっていけるのではないかと。営業職は、責任を伴う厳しさや難しさもありますが、人間関係をたくさん作ることができる仕事にチャレンジしたいと思いました。

スタートライングループ株式会社 岩 美江

日頃はどのような仕事をしていますか?

賃貸物件のご紹介がメイン
私だからできることを追求していきます

八丁堀店で営業をしています。お客さまは土地柄か、オフィスに近い部屋をお探しの方や、事務所を借りられる法人の方など、賃貸物件を探している方がほとんど。お客さまにお部屋をご紹介するのが、私のメインの仕事です。

「不動産の営業は、ものを売るための推しが強いのでは」という声をよく聞きますが、私はそういう営業スタイルは嫌いですし、そうはなりたくないと思っています。あくまでも、お客さまがどう思っていらっしゃるのか教えていただきたい。お客さまと一緒に悩んで、一緒に選択していきたいのです。また、年齢も若く、不動産業界ではまだまだ少数の女性の営業ということで、「不動産業界でやっていくのは大変なのではないか」とも言われます。しかし私は、それを逆に強みだと考えています。1日に5件の物件をご案内しても平気ですし、休みを削ってでもお客さまとお会いするのが好きです。フットワークの軽さに自信があるのも、きっとまだ若くて体力があるからで、もっと歳を重ねていくと、こうはいかないでしょう。

女性だからわかることも多いと思います。例えば、水周り。男性ではあまり気がつかないことが多いですね。家具も自分でDIYするくらい好きなので、私だったらどのように設置していくかを考えながら、お客さまにアドバイスさせていただいています。ですから、若いから、女性だからと負い目を感じることはありません。私なりにできること、私だからできることをこれからも追求していきたいです。

スタートライングループ株式会社 岩 美江

そこまで仕事に夢中になれる、原動力は何ですか?

お客さまの「ありがとう」という言葉
そして、人生に携われることが醍醐味です

お客さまからの感謝の言葉です。1〜2ヶ月の間、他社も含めてずっと物件を探していた方に「岩さんのおかげで決まりました。ありがとう」とおっしゃっていただけたら、とっても幸せな気持ちになります。その言葉があれば、どんなに辛いことがあっても頑張れるんです。

実際にあった話なのですが、1Kのお部屋をご契約いただいた、あるお客さまが、その後ご結婚なさるということで、もう少し大きいお部屋をご成約いただきました。さらにお子さまが産まれてお引越しを考えられたときも、再び私が担当させていただいて、お部屋をお探ししたことがありました。つまり、リピーターのお客さまができたんです。この経験は私にとって、とても大きな出来事でした。一人の方の人生において、節目、節目に携わることができ、僭越ながら、その方の人生の歩みを垣間見ていられることを実感しました。この仕事の醍醐味を感じ、ずっと不動産営業を続けたいと思いました。

スタートライングループ株式会社 岩 美江

今では、後輩の指導もしているそうですが彼らに伝えたいことは何ですか?

スランプのときも、その原因は自分の中にありました
この仕事の楽しさを伝えていきたい

一番言いたいことは「辛くてもやめないで」です(笑)。

入社当時、私は同期4人の中でも、成績が一番下だったんです。他の3人はちゃんと売上を上げているのに、私だけ全く成績を残すことができませんでした。どうしていいかわからなくて、悔しくて、もうやめてしまおうかと悩んだ時期もありました。1年間はくすぶっていましたね。同僚や上司など、いろいろな人にアドバイスをもらい、最後は店長に、自分の良いところ・悪いところをすべて教えてもらったんです。そこから自分を見直して、今までできていなかったことを書き出しました。その内容をサブマネージャーに送って「これからは、こういう風に改善していくので、できていなかったら言ってください」とお願いしたんです。

意識して自分を変えていく努力をしました。そこからですね、数字が劇的に変わったのは。苦手だった事務作業も格段に早くこなせるようになり、仕事にゆとりも生まれました。おそらく、意識するかしないかの違いだったのでしょう。いい意味で、同期のみんなとも切磋琢磨して競い合えるようになりました。今になってつくづく思います。「やめなくてよかった」です。後輩たちにも、この仕事の楽しさを知って欲しいですね。私はこれからも経験を積んで、お客さまから、私にだったらなんでも相談できると思っていただける、コンシェルジュのような存在になりたいです。

イイタン一問一答

ご出身は

生まれは東京都足立区、育ったのは千葉県鎌ヶ谷市です。

現在のお住まいは

千葉です。

好きな駅は

八丁堀駅。アクセスが良くて、近くに公園もあります。都会らしさと静けさが混ざり合っているところが好きです。

不動産業界に入ったきっかけは

人生の岐路に携われると思ったからです。

不動産業界の楽しさとは

お客さまと一緒に物件を見ることが、楽しくて仕方ありません。

尊敬する人は

母です。時には父のように厳しく、時には姉のように仲良く接してくれます。そして一言で言うと……強い女です(笑)。

イイタンについてどう思いますか

自分を知っていただける、チャンスを作ってくださるサイトですね。

編集後記

こちらの質問を的確に捉え、1に対して2にも3にも話を広げて返してくださる、頭の回転が早い人です。きっと、お客さまのご要望にも期待以上の対応で、信頼を得ていくことでしょう。「不動産業が大好き」と語る目がキラキラと輝いていて、とても印象的でした。もっともっと岩さんのような、バイタリティーのある女性が、不動産業界に増えていけばいいな、と思いました。

取材/撮影 和田 文/瀬野 芙美香

スタートライングループ株式会社

岩 美江

東京都中央区八丁堀3-23-5八丁堀スクエアビル1F

03-5244-9962

m.iwa@start-line.co.jp

https://www.start-line.co.jp/

2015年3月

某プログラミング専門学校 卒業

2015年4月

スタートライングループ株式会社 入社

Pick Up Item

【メジャー】いつも7mのメジャーを持っています。家具の位置や、棚を置くときに天井高を気にされる方が結構いらっしゃるので、これがないと仕事になりません。

     

同じ会社(グループ会社)の担当者(エージェント)

ページトップへ