人生に関わる住まいだからこそ、お客さまの本音に寄り添う担当者でありたい

株式会社アクロス

栗原 里枝

株式会社アクロス 栗原 里枝
Pocket
LINEで送る

  1. 長期的なお客さまとの関係性を築く事、私という人柄を知ってもらうこと
  2. 売上ではなく、契約に至るまでの流れを大切にしたい
  3. 親孝行をしたい。今まで支えてくれた家族を大切にしたい
  4. 自分が大切にしている事は曲げずに向き合いたい。ブレずに責任感を持って日々を歩む

仕事をする上で、大切にしていることは何ですか

長期的なお客さまとの関係性を築く事、私という人柄を知ってもらうこと

専門学校卒業後、私はエステの仕事をしていました。1年半経験した後、腰を痛めてしまい退職する事にしたのですが、エステという職業を通して学んだ事は今の営業という仕事の中でも凄く活かされています。

エステという職業は直接、お客さまの身体を触って施術するので、繊細な気遣いが凄く大切になります。既に10年以上通われているお客さまも多く、新人として接客する上で凄く責任感も伴う環境で、「どうしたらまた来てくれるのか」という事を考えながら仕事に取り組んでいました。

仕事に取り組む姿勢という部分で、エステでの経験は不動産の営業に凄く活かされており、長期的なお客さまとの関係性を築く事を意識し、気さくに話しかけてもらえる担当者になりたいと思っています。気さくに話しかけて貰えるという事は、信頼してもらっているということなので、お客さまが自然と話しかけてくださるように、繊細な気遣いや、私という人柄を知って頂き、ヒト対ヒトの関係性の中で頼って頂ける存在になりたいと思っています。

住居は生活に携わる大切な部分なので、一つミスすると信頼を失ってしまう恐れがあるので、慎重に業務を進め、地道にお客さまのために努力し、姿勢や人柄を気に入って頂けると嬉しいです。

何より不動産業の経験も少なく、知識も疎い中で、私という人柄を気にいって貰うことが多かったので、人柄という部分を見てくれている人を大切にしていきたいと思っています。本当にありがたい存在です。

株式会社アクロス 栗原 里枝

印象に残っているお客さまはいますか

売上ではなく、契約に至るまでの流れを大切にしたい

私が営業という仕事を始めるにあたり、まず任された業務は、過去に問い合わせのあったお客様への再アプローチです。

数ヶ月前に問い合わせのあったお客さまで、ずっと返信がなかったお客さまに、メールを送ったり、電話をしたり、新しい物件情報を随時ご連絡したりと地道な作業を継続して行っておりました。遠方に住まれているお客さまだったので、返信があっても本当に来店、契約まで至るのか不安な部分はありましたが、まずは地道に連絡を送る事を心掛けていました。

そういった地道な作業が身を結び、やっと連絡が繋がり、その後も、どこでやりとりが途絶えてしまうかわからない不安と向き合い、どう繫ぎ止めるか。このお客さまにとって有益な情報は何なのか。考え、マメに連絡をしていました。徐々にお客さまも心を開いてくださるようになり、実際に遠方から来店して頂けることになり、その後もスムーズに話は進み、契約に至った時は本当に嬉しかったです。

やっと繋がった大事なお客さま。

苦労した分、楽しさや充実感は大きかったです。売上という面で見ると少なかったですが、契約に至るまでの内容が凄く充実していました。もちろん目先の利益も大切です。「売上をあげてから理想を語れよ」という部分もあり、葛藤もありますが、私が大切にしている核だけは持ち続けたいですし、ブレちゃいけないと思っています。

ユーザーファースト。私が大事にしている事をちゃんとやり遂げた時に、私はこの仕事をやってて良かったなと思います。売上は大事だけど、人間関係を疎かにしたくない。これがないと続けられないですね。

株式会社アクロス 栗原 里枝

忙しい日常の中でも、頑張れる理由は何ですか

親孝行をしたい。今まで支えてくれた家族を大切にしたい

事務員として働いてきた期間が長かった為、営業職は体力的にきついと思うことが多々あります。外に出ることが多く、現場に旗を揚げたり、写真を撮りに行ったり、掃除をしたり、草刈りをしたり、役所に行って調査をしたりと日々、動き回っています。

仕事が終わると自宅に帰り、バタンキューですね。

そんな日常を過ごす中で、私が頑張れる理由は家族です。親孝行をちゃんとしたいです。

今は大したこともできず、むしろ与えてもらうことが多いですが、必ずちゃんと恩返しをしたいという思いを持って日々の人生を歩んでいます。いつどうなるかわからないので、できることからコツコツと還元していきたいと思っています。

私は未経験で不動産業界に足を踏み入れたので、他の人より知識が疎く、他の人よりも努力しないとついていけないのが現状です。今は大変ですし、辛くなることもありますが、家族がいるから頑張れます。踏ん張らないといけない。色んな人が応援してくれているから裏切りたくない。父親が義理堅い人間だったので、私も真面目に仕事に取り組み、今まで支えてきてくれた人にちゃんと恩返しができる人間になりたいと思っています。

株式会社アクロス 栗原 里枝

自分をどんな人間だと思いますか

自分が大切にしている事は曲げずに向き合いたい。ブレずに責任感を持って日々を歩む

私を一言で表すと頑固で、真面目な人間です。

住居という、お客さまの人生の中で数回しか携わる機会がない仕事に対しての責任感も強いです。正直営業のセンスは無いと思いますが、お客さまと真正面から向き合い、真面目に仕事に取り組むという事に関して、私はブレずにやり続けていると自負しています。

大事にしている事は子供の頃から同じです。ただ、今よりもきつい性格をしていたと思います。(笑)皆んなをまとめるのは私。所謂学級委員になるようなタイプでした。凄く傲慢だったと思います。「しっかりしているね」と言われる事が多かったので、自分は出来る子だと思っていました。

しかし社会に出て、営業という仕事を経験し、私はまだ知らない事が多いし、お客さまの力になれていない事を強く実感し「私ってこんなにできないんだ。」と気付きました。自分に対するギャップを感じ、沢山の方から色んな事を学ぶことが必要だと感じました。受け入れる間口は以前より広くなったと思います。様々な事を学び自分と向き合い、今よりも知識をつけて、お客さまを思い、お客さまに感謝される人間になりたいですね。

イイタン一問一答

出身地は

淡路島です。観光ランキングでは上位です!

現在のお住まいは

西宮市内です。

好きな駅は

今津駅です。利便性が優れていますし、何でも揃っているので居心地の良いところです。

不動産業界に入ったきっかけは

事務をやりたいというざっくりとした目的があり、母親からのアドバイスで事務をやるなら「宅建」持ってたら有利という話を聞いて不動産に決めました。当時、「宅建」が何かもわかりませんでした。笑

不動産業界の楽しさとは

継続した人間関係を築ける事ですね。お客さまの紹介や、お子様の引っ越しなど、沢山の機会に繋がっているので、長くお客さまと関わる機会が持てるのは仕事をしていて楽しいです。

尊敬している人は

中島社長です。人柄に惹かれています。安心感があり、話しやすいです。

イイタンについてどう思いますか

人で集客できる仕組みができたら、担当者のモチベーションにもなるし、素敵なサービスだと思います。綺麗に纏めてくれて凄いなと感心しています。

編集後記

とても責任感が強く、意思の強い方だなと感じました。家族を大切にする姿勢、お客さまを大切にする姿勢、日々大変だと思いますが、沢山の方と向き合い吸収し、自分を成長させている姿は、凄くカッコいいです。 インタビュー中に何度も出てくる「家族」「お客さま」という言葉が栗原さんの本気度を表しているのだと強く感じました。 真剣にお客さまと向き合い、誠実に対応してくれる素敵な担当者さんです。

取材/撮影 越川直之/瓦英子

Pocket
LINEで送る

株式会社アクロス

栗原 里枝

兵庫県西宮市甲風園1-6-8

0798-69-1187

c21.nishikita@gmail.com

https://www.century-21net.co.jp/

2014年

専門学校卒業後、エステティシャンとして就職

2015年

アクロスグループ 株式会社アクロス入社。 事務を経験した後、現在は営業担当者として活動

Pick Up Item

【手帳】日々のスケジュールを記入しています。何をするのかという細かい部分まで記入しているので、仕事の全てが、この手帳に詰まっていますね。

 
不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
ページトップへ