段取り8割の精神で先回りのサービスを提供

大成有楽不動産販売株式会社 新宿センター

江川 翔

大成有楽不動産販売株式会社 新宿センター 江川 翔
Pocket
LINEで送る

  1. 2級建築士として働くことへの戸惑いと不動産業との出会い
  2. 建築で学んだ段取り8割のサービス精神と建物に関する知識
  3. 無事に取引が終わった時の感謝の言葉を胸に成長を

2級建築士として働くことへの戸惑いと不動産業との出会い

大学卒業後は建築会社に就職しました。2級建築士の資格を取得し、それを活かした仕事がやりたいと。ところが私の仕事は現場監督でした。住宅建築の現場を管理する仕事です。職人さんの管理や工事の進捗管理、施工管理が主な業務。物づくりが好きな私にとっては、非常に向いている仕事かと思いましたが、私が求めている建築の仕事ではありませんでした。元々設計がやりたいと考えていたのですが、現場監督は設計ではなく設計通りに建築されているかどうかを確かめる仕事でした。私が考えていた、物づくりへの関わり方とは違ったんです。その違和感を抱えたまま働くことが苦しくなり、転職を考えました。そこで出会ったのが不動産業です。

実は私の祖父が不動産業を営んでいました。地域密着型で大きな規模ではありませんでしたが数十年もの間経営していたので私にとっては、とても親しみのある業界です。

それに、物づくりが好きな私にとっては、「家を売る」という仕事は、家を作るとは別の形で物づくりに関われるものでもあるなと思いました。それから、ちょっと不純な動機なんですが、「おしゃれなスーツを着て働きたい」というのもありました。現場監督は基本的には、作業着で移動するんです。当時若かった私は、スーツでのお仕事に憧れていました(笑)

大成有楽不動産販売株式会社 新宿センター 江川 翔

建築で学んだ段取り8割のサービス精神と建物に関する知識

不動産販売の仕事は、お客さまあってのものです。不動産を売りたいお客さまと買いたいお客さまを繫げるのが私たちの仕事。誠心誠意対応するのは当たり前です。でもそれだけでは、お客さまのプラスにならないなと感じました。そこで、考えたのが建築の現場で学んだ「段取り8割の精神」です。

建築の現場では、とにかく段取りが命。その日にやる作業のための職人さんの手配や現場の準備、など、すべては事前の段取りによって効率が変わります。不動産の販売においても同じだなと感じたのです。そこで私はお客さまに会うときは、お客さまに質問されるかもしれないことについては、あらかじめ資料を用意しておくことにしました。

不動産の販売であれば、火災保険や登記の費用の見積もり、リフォームの見積もりなどです。もちろん、当日に用意していなくても後日回答することもできますが、その場でご自身の費用がはっきりわかった方がスッキリすると思うんですよね。

それから、私が多くの方に感謝されるのが、大学の建築学科や住宅の建築現場で学んだ知識です。中古住宅やマンションの販売では、リフォームを検討される方が多いんです。その時に具体的なリフォームプランの提案や構造のお話ができます。できることやできないこともお話できるので、これからの「暮らし」を考えながらお話すると、皆さん喜んでいただけます。

大成有楽不動産販売株式会社 新宿センター 江川 翔

無事に取引が終わった時の感謝の言葉を胸に成長を

私たち不動産営業担当が一番喜びを感じる時って、取引が無事に終わってお客さまに感謝していただける時だと思うんです。「任せてよかった」、「おかげでずっと売れなかった家が売れた」などと、お褒めの言葉をいただけた時が至福の瞬間です。たくさんのお客さまとのコミュニケーションも、私にとっては非常に楽しく、充実した時間です。

これからももっと多くのお客さまに選んでいただき、ご満足いただきたいと考えています。そのために、常に本を読むなどして、インプットは怠らないようにしていますね。そして、段取り8割の精神をもっと多くのシーンで発揮できるようになればと考えています。お客さまが必要としている対応、情報はなんなのか、と先読みして、そのために最適な対応が一人でできるようになれば理想的です。

不動産取引は、同じ取引は1つもないほど常にイレギュラーが発生します。トラブルが1つもない教科書のような不動産取引は存在しません。これまでも、何度も窮地に陥ったことがありました。印象的なのは、売主さん、買主さん、司法書士などが一堂に会する決済の日に売主さんが権利書を忘れてしまった時。「私が前日にしっかり確認しておけばよかった」と深く後悔したものです。これ以外にも、相続のトラブルや境界のトラブルなど、数え切れないトラブルに直面しました。でもその都度、切り抜けて日々成長を続けています。

大成有楽不動産販売株式会社 新宿センター 江川 翔

イイタン一問一答

出身は?

千葉県松戸市です。

好きな駅は?

有楽町です。再開発と下町情緒が入り混ざっている街並みが好きです。

幸せを感じる時はどんなときですか?

仕事がうまくいっているときですかね。あとはゴルフをしているときもかなり幸せです。

特技は?

ダーツです。ダーツがあるお店に飲みに行くのがお気に入りです。

周りからどんな人って言われますか?

ネクタイのセンスがいいって言われています!

しいて言うなら何オタク?

バイクオタクでしょうか。大学の頃にバイクにはまって、250ccや400ccのオンロードバイクに乗っていました。当時の愛車はrz250です。

前世は何だったと思いますか?

猿だと思います。昔からスポーツが人より得意でした。

もしも魔法が一度だけ使えるなら?

空を飛んでみたいですね。えっ?お金でもいいんですか?それなら万馬券を当ててみたいですね。笑

好きな音楽は?

小室ファミリーや浜崎あゆみです。90年台のJ pop全盛期の音楽が大好きです。気分によっては洋楽も聴きます。

好きなスポーツは?

ラグビーです。

怖いものはなんですか?

お金です。身の回りでお金を借りたら人間関係が変わってしまった人たちが何人かいて、お金は本当に怖いなと思っています。

編集後記

江川さんは、とにかスマート!ご自身が見た目にはこだわっているとおっしゃっている通り、清潔感あふれるスーツに、おしゃれなネクタイが印象的。そして、大学の建築学科や建築会社で得た建物への知識の深さは非常に興味深いものでした。中古の物件を購入してリノベーションするときは、ぜひ江川さんに相談したい!と個人的にお願いしたいと思ったほどです。先回りの心地よさと経験に裏付けされた未来の暮らしの提案を体感したい方は、ぜひ江川さんにご連絡を!

“大成有楽不動産販売株式会社 新宿センター 江川 翔”

取材/撮影 平林 亮子/並木 いくま

Pocket
LINEで送る

大成有楽不動産販売株式会社 新宿センター

江川 翔

東京都新宿区西新宿1-3-17 新宿第一アオイビル7F

03-6866-3211

shinjuku@yuraku.taisei.co.jp

https://www.ietan.jp/office/6073

2010年

建築関係企業入社

2013年

大成有楽不動産販売株式会社 入社 柏センター配属

2015年

船橋センター配属

2019年

新宿センター配属

 
不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
ページトップへ