信頼関係が成果を左右するからこそ嘘偽りのない「私が好きな私」で向き合いたい

         

リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ【渋谷区広尾】

中山 陽帆

リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ 中山 陽帆
Pocket
LINEで送る

  1. 保育課を卒業後、アメリカ留学を経てリストグループへ入社しました
  2. 悔しい過去を経験。だからこそお客さまとは「私が好きな私」で関わりたい
  3. どんな時代になっても、頼られ続ける営業担当であるために

保育課を卒業後、アメリカ留学を経てリストグループへ入社しました

今では明るさや笑顔が自慢の私ですが、昔は極度の人見知りでした。高校生で始めた接客のアルバイトで克服し、人と関わることが大好きになりました。

高校卒業後は、保育課に進学。免許も取得しましたが、ふと「保育士は、保育士にしかなれない」と考えまして。卒業後のキャリアに悩んでいた時に、アメリカの大学を卒業した先生から「中山にはアメリカが合いそうだね」と言われ、留学に興味を持ちました。どうせ行くなら、どんな仕事をしても、役に立つ知識を学びたい。それならマーケティングが最適と考え、留学先はアメリカのマーケティングが進んでいるシアトルに決定。アルバイトをしながら資金を貯め、アメリカへ渡りました。

就職は日本でもアメリカでも良かったのですが「営業をしたい」という想いはありました。当時のアルバイト先でお世話になっていた奥様が不動産仲介の仕事をしていたのですが、そのライフスタイルが自分の理想そのもので。自分も不動産仲介の職に就けば、実現できると思ったのです。

そんなことを考え参加した留学生専門のジョブワークイベントで出会ったのが弊社でした。他にも不動産会社はありましたが、会社のスタンスが一番魅力的だったので、入社を決めたという経緯です。

リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ 中山 陽帆

悔しい過去を経験。だからこそお客さまとは「私が好きな私」で関わりたい

入社1年で優秀賞、2年で四半期営業成績トップ、3年目で主任昇格と順調に見えますが、酷く辛い経験もたくさんしました。

その中でも特に忘れられない一件があります。過去に弊社にお問合せいただいたお客さまに状況確認を兼ねた営業をしていたところ、一件有名高層タワーの売却案件をいただくことができました。先輩社員にサポートしてもらいながら、精一杯頑張りましたが、私の度重なるミスにより他社で依頼すると言われるほど信頼を失いました。その後、私は担当を降りることになったものの無事にご契約となったので結果は良かったのですが。その時、色んなプレッシャーや責任感に耐えられず胃腸炎に。あの時の悔しさは、今でも忘れられません。

それからは、何より「お客さまの前で繕わないこと」を大事にしています。弊社のお客さまは、経営者や大企業勤務の方などハイクラス層がほとんど。私もそれに見合うよう、言葉遣いや立ち居振る舞いを意識していましたが、知識も経験もないので、すぐに見抜かれていたと思います。それなら、最初から知識も経験もないことを隠さなければいい。わからないことは、わからないので教えてくださいと言えばいい。

素直で、笑顔で、楽しみながら真剣に仕事に取り組む。商品ではなく営業の質で選ばれる仕事だからこそ、そんな「私が好きな私」でお客さまと関わることにしたのです。それからはお客さまの反応も変わり、一気に営業成績トップになることができました。これから出会う方にも何一つ繕わない私で関わりたいです。

リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ 中山 陽帆

どんな時代になっても、頼られ続ける営業担当であるために

これからの目標は、20年後も30年後もずっと、大好きなこの営業の仕事を続けていくことです。最近は不動産ポータルサイトの機能もかなり発展しています。このままいくと、ネットで全て手続きが完結する時代も近いでしょう。不動産仲介の営業担当という仕事自体はゼロにはならないでしょうが、営業という存在の必要性や、その役割は格段に低下するかもしれません。

その時、お客さまから必要とされ、業界全体で生き残れる営業担当は、現状の上位20%程度だと思います。この仕事をずっと続けたいからこそ、その20%には入り続けられるような、実力を持ち、お客さまに信頼される営業担当でありたいですね。

ただ、そのために何か特別なことが必要だとは考えていません。なぜなら、特別なことをしなくても結果はついてくるからです。私は入社して8ヶ月連続で売上ゼロでした。そこから1年で優秀賞を受賞し、2年で四半期営業トップになり主任となりましたが、入社後から今まで、仕事に取り組む姿勢は何ら変わっていません。

私がしているのは自分を頼ってくれたお客さまを全力で大切にサポートすること。それだけでお客さまが希望される不動産お取引きの実現に貢献することができ、結果もついてきました。今後も目の前の仕事一つひとつに全力で取り組み、どんな時代になっても私を信頼して頼ってくださるお客さまの期待に応えられるよう、自分らしくチャレンジしていきたいですね。

リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ 中山 陽帆

イイタン一問一答

出身は?

高知県・四万十市です。

好きな駅は?

東横線沿いで、中目黒や祐天寺、自由が丘の辺りが好きです。街並みが穏やかで綺麗で、街に余裕感があるところがお気に入りですね。

幸せを感じるのはどんな時?

大好きな愛犬と一緒に過ごしている時ですね。アメリカ時代から一緒にいる子で、今はペット禁止の家に暮らしているので実家にいますが、早く引っ越して一緒に暮らしたいです。

趣味は?

Netflixでドラマやアニメを見てゆったり過ごすことが好きです。大学生時代から、ダイエット目的でしているマグマヨガも趣味の1つですね。

特技は?

誰とでもすぐに打ち解けることでしょうか。高校時代まで人見知りだったことを、いつも疑われてしまうくらい、人と仲良くなるのが早いです。

周りからどんな人と言われる?

「はっきりしてるね」と言われます。言いたいことはオブラートに包まず、ストレートに言いますね。その方が相手に伝わるので、お客さまにも遠慮なくお伝えするようにしています。

強いていうなら、何オタク?

俄然「犬オタク」ですね。大体の犬種と、その値段まで把握しています(笑)。

魔法が一回使えます。何をしますか?

自分を魔法使いにして、何回も魔法を使えるようにしますね。そしたらまず、どこでもドアみたいに、好きな時に好きな場所へ行けるようになりたいです。

好きな音楽は?

実はあまり音楽は聴かない方でして。Spotifyで、ランダムに曲を再生して、BGM程度に流しておくのが好きですね。

好きなスポーツは?

やっぱり、趣味でもお伝えしたヨガです。もう何年もやっているので、習慣になっています。していなかったら、リフレッシュできず気持ち悪くなるくらいですね。

世の中で一番怖いものは?

獅子舞とかピエロとか、仮面がとても苦手です。昔からのトラウマじゃないですけど、不気味じゃないですか?夢に出てきそうなので、なるべく見ないようにしています(笑)。

編集後記

飛びっきりの笑顔で取材に応じてくださった中山さん。取材中は笑いが溢れ、でもお仕事の話になると、お客さまやお仕事への熱い想いを語る姿を見せてくださるなど、中山さんという人の奥深さ、そして人を惹きつける魅力をたくさん感じられました。「高額な不動産をお預かりする立場だからこそ、一番私が好きな私で関わりたい」。そんな想いでお客さまと向き合う中山さんこそ、あなたの不動産売却のパートナーとして、相応しいはずです。

取材/撮影 近藤 裕也/並木 いくま

Pocket
LINEで送る

リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ

中山 陽帆

〒150-0012東京都渋谷区広尾5丁目6−6 広尾プラザ2階

03-3449-3355

a-nakayama@list.co.jp

https://listsothebysrealty.co.jp/sales/

2017年

Bellevue College IBIT Marketing Management 卒業

2017年

リストインターナショナル リアルティ 入社 銀座支店 配属

2018年

優秀賞 受賞

2019年

広尾支店へ異動

2019年

第4四半期 売り上げ1位

2020年

主任へ昇格

不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
ページトップへ