お客さま以上に本気になる、幸せな人生づくりの基盤となる家探しに一切妥協はしません

         

株式会社東宝ハウス城東【足立区千住龍田町】

髙橋 遼

株式会社東宝ハウス城東 髙橋 遼
     イイタンアンケート

担当者へのありがとうの声を見る

精密かつ大胆な営業さん

2021/09/14

エリア
東京都墨田区
利用シーン
購入
年代
40代 男性
Q.担当者の第一印象は?
第一印象から爽やかでした。 同じ子育て世代ということもあり、話も盛り上がりましたし、何より不動産知識や住宅ローンの知識も豊富でした。
Q.どんなことを相談されましたか?
手狭になってきたので、部屋の広さイメージやローンについて相談しました。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
私たちの要望全てに寄り添ってくれたからです。 背中の押し方も絶妙でしっかりと考えた上で決断できました! 実は、他にも2社ほど相談をしていた会社さんもいたのですが、妻と話し合い髙橋さんにお願いしようと決めました。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
タイトルにも記載しましたが、資料の細かさや資金計画の丁寧さ、情報量がすごかったです! 本当に勉強になりました。 私も営業をしておりますが、スカウトしたいくらいです。笑 子育ても大変かもしれませんが、お身体に気をつけてください。 また、私たちのような満足度120点の方々を増やし続けてください! 有難うございました。

話しやすい方でした

2021/09/03

エリア
東京都足立区
利用シーン
売却
年代
40代 女性
Q.担当者の第一印象は?
仕事が早いと感じました。
Q.どんなことを相談されましたか?
主に売却額のこと。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
売却価格もこちらの希望額から始めていただけて、ありがたかったです。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
古い物件で売りづらかったかと思いますが、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

敗者復活戦からの逆転勝利

2021/08/21

エリア
東京都豊島区
利用シーン
住み替え(売却&購入)
年代
30代 男性
Q.担当者の第一印象は?
全体的に、さわやかなイメージです。 良い悪いが表情や態度に出る事が多いので、言葉以上に説得力がある場合がありました。
Q.どんなことを相談されましたか?
中古マンションの買い替え。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
一番住みたいと思っていた物件に巡り合った事がきっかけです。 複数担当者を作りたくなかったので、一番最初に担当してくれた方一本で行く考えでいました。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
一時は完全に諦めていた文京区内に住むという夢は、 結果論ではあっても、髙橋さんが担当であり、 適切な立ち回りが出来たから叶った夢だったと思っています。 ありがとうございました。
Pocket
LINEで送る

  1. 大学からの友人の一言がきっかけでこの会社に出会いました。
  2. 「運貯」と「人とのご縁」、この2つを何より意識しています
  3. お客さまの理想を目指し併走するパートナーが私たちプロの役割です

大学からの友人の一言がきっかけでこの会社に出会いました。

幼少期は、サッカーに打ち込むスポーツ少年でした。小学生の頃にはキャプテンを経験。その頃から仲間には良いことも悪いことも全部伝え、本音でぶつかることを大事にしていました。メンバーとの喧嘩はしょっちゅうでしたが、そのたびにお互いを理解し合い、チームとしての絆はかなり強かったですね。今でもお客さまのためになるなら、良いことも悪いこともプロとしてしっかりお伝えするようにしています。特に高額な住宅購入では、絶対に失敗してほしくありませんからね。

大学卒業後は大手食品会社に入社し、同僚の誰よりもいい成績を残すことができました。しかし、自分が求めるものと会社で得られるものにミスマッチを感じ、退職。そんな話を大学時代の友人にしたところ、父親が社長だから相談してみればと紹介してくれたのが、弊社ホールディングスの代表です。不動産の仕事はどういうものか、そしてお客さまにどんな喜びを提供でき、どんなやりがいを感じられるのか。そんな話を聞くうちに、この仕事をやってみたい、ここでもっと自分を成長させたいと感じるようになり、入社を決意しました。今では多くのお客さまから感謝の言葉をいただき、やりがいある仕事に毎日充実感を覚えています。

株式会社東宝ハウス城東 髙橋 遼

「運貯」と「人とのご縁」、この2つを何より意識しています

私が日頃から特に意識をしている二つのこと。それは「運を貯めること」と「人とのご縁を大事にすること」です。

運を貯めることを略して「運貯(うんちょ)」と言っています。たとえばゴミを拾うとか、困っている人を助けるとか、そんな日常のささいな一善を繰り返していく。そうすることで自分の中で運が貯まり、望んだ結果をもたらしてくれたり、自分を助けてくれたりすると考えています。幼いころから「いいことをすれば、いいことが返ってくるよ」と言われ続けてきたのですが、それは今でも私の人生の指針となっています。そして運は、お金のように使うと巡ってくるもの。だからこそ、誰かにどんどん貢献やサポートをして自分も幸せになる、そんないい循環を巡らせていきたいと思います。

「人とのご縁」については、この会社に出会ったのも「ご縁」によるものでしたので、より大事にするようになりました。仕事で言うと、お客さまとは不動産をきっかけに出会いますが、それ以外に関わりが広がることもあります。例えば、以前引っ越し先で子どもの家庭教師を探しているお客さまに、その地区で家庭教師をしている友人を紹介したことがありました。私自身、学生時代の友人をはじめ多方面で多くの知り合いがおりますので、何か困っていることや解決したいことがあればぜひ頼ってもらいたいですね。

株式会社東宝ハウス城東 髙橋 遼

お客さまの理想を目指し併走するパートナーが私たちプロの役割です

仕事をする上で大事にしているモットーは「お客さまよりも本気になる」ことです。不動産は人生で一番大きな買い物といわれ、お客さまがこれから歩む「人生の基盤」となるもの。そんなに大事なものでも、中には「もうここで大丈夫です」と半ば諦めて決めようとする方もいらっしゃいます。

しかしここで妥協するということは、これからの人生を妥協することになってしまいます。せっかくご縁をいただいたお客さまに対し、それを了承する営業担当を私はプロだと認めません。お客さまの描く未来を誰よりも理解し応援する、道がズレたら元に戻してさしあげる。そして一緒にゴールを目指し、併走する。そんなパートナーこそが、私の思う「不動産のプロ」なのです。高い仲介手数料をいただく以上、それに見合った、いや、それ以上の貢献と成果でお返ししたいですね。

そのために徹底しているのは、お客さまの言動や感情の理由を言語化し、共有すること。「なぜ今のエリアやお住まいを選んだのか」「なぜ次はこのエリアを希望しているのか」「物件を気に入った理由は何なのか」。これらを言語化することで、お客さまも改めて、ご自身の大事な価値観に気づくことができます。これはお客さまだけでも、私たち営業担当だけでもできることではなく、二人三脚で叶えられることなのです。だからこそ「お客さまの理想を一緒に叶えるパートナー」として、関われるよう尽力し続けます。

イイタン一問一答

出身は?

埼玉県の比企郡川島町です。

好きな駅は?

浅草駅ですね。妻の地元が台東区で、私自身も過去に住んでいたこともあり、今でも行くことがあります。スーパーも充実していて、家賃相場も一般的なので、住みやすいですよ。

幸せを感じるのはどんな時?

生まれたばかりの子どもと一緒に過ごしている時です。大きくなったら一緒にお酒を飲みたいですね。

趣味は?

幼少期からサッカーをしています。ポジションはフォワードでした。社会人になった今でも、月に一度社会人サッカーに参加しています。

特技は?

これまたサッカーですね。ずっとやっているので、趣味でもあり特技でもあります。

周りからどんな人と言われる?

はっきりしているよね、と言われることが多いです。思ったことはいいことも悪いこともしっかり言うようにしています。

強いていうなら、何オタク?

音楽が好きでよく聴くのですが、実はそれ以外にオタクレベルで好きなものってあまりないんです。だから何かに熱中できる人はすごいと思いますし、尊敬しています。

魔法が一回使えます。何をしますか?

お金をたくさんもらって、家族に好きなものを買ってあげたいですね。私自身はあまり物欲がないんです。なので、自分の大切な人を喜ばせることに使いたいですね。

好きな音楽は?

洋楽をよく聴いていて、特にマルーン5が好きです。ライブにも行ったことがあります。

好きなスポーツは?

やはりサッカーですね。でも体を動かすことであれば何でも好きです!!

世の中で一番怖いものは?

家族や、大好きな人がいなくなってしまうことです。自分がどうにかなることよりも、親しい人の一大事を考えた時の方が、何倍も辛く、苦しくなります。

編集後記

髙橋さんは、東宝ハウス城東で1年目に売り上げ2位、その悔しさをバネに2年目にはNo.1に輝いた実力者。その証拠にホームページには、髙橋さんへの感謝の声が溢れ返っています。「売り上げ1位というのは『営業所内で一番お客さまを幸せにした』という何よりの証。この先もずっとNo.1を目指します」そう話す髙橋さんなら、あなたの物件選びをあなた以上に「本気」になりながらサポートしてくれるはずですよ。ぜひ一度相談してみては。

取材/撮影 近藤 裕也/並木 いくま

株式会社東宝ハウス城東 髙橋 遼
Pocket
LINEで送る

株式会社東宝ハウス城東

髙橋 遼

〒120-0042 東京都足立区千住龍田町3-15

03-6633-8294

takahashi@toho-house.jp

https://www.toho-house.jp/

2014年3月

成蹊大学 経済学部 経済経営学科 卒業

2014年4月

大手食品会社 入社

2017年12月

大手食品会社 退社

2018年1月

株式会社東宝ハウス城東 入社

不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
ページトップへ