収益物件・競売物件を全力サポート。
スピードと誠実さでは負けません。

太田知博

  • 2016年 少年サッカークラブのコーチなどを経て株式会社アレアに入社。
    賃貸マンションの仲介を経て、現在は主に収益物件・競売物件の仲介を担当。

営業のポイントは?

近づきすぎない“いい距離感”
非公開物件の引き出しも増えてきました

大学卒業後、少年サッカーのコーチやアミューズメント業界での接客などを経験してきたのですが、今の仕事も対面のサービスという点では同じ。自分の得意分野が生かせていて、毎日充実しています。

入社後しばらく賃貸物件の仲介を経験した後、アパート・マンション1棟といった収益物件のご購入をサポートする業務がメインになりました。大きい金額が動くので、1件ごとにかなり時間がかかるのですが、それでもすでに成約間近のご依頼が複数あります。お客さまの多くは当社がポータルサイトに掲載した物件をご覧になった方で、お電話やメールへの対応から、ご購入の目的や予算感などを少しずつうかがうようにしています。

当社は飯田橋駅のすぐそばにありますが、特に強い千代田区・新宿区・文京区の近隣3区に加え、お客さまのご希望のエリアであれば一都三県どこでも柔軟に対応し、フットワークを軽くしております。たまに遠隔地にお住まいで東京近郊の地理にあまり詳しくない方からもお問い合わせをいただきますが、とにかくレスポンスを早くして、不安を解消していただくようにしています。お客さまに実際ご来店いただいてからは、あらゆる情報を率直にお話しするのが当社の方針。私もそれにならい、誠実にお手伝いさせていただいています。

誠実にということでは、嘘や隠し事をなくすのはもちろんですが、個人的に心がけているのは“いい距離感”です。いきなり近づきすぎたり、説明しすぎたりして心理的に負担を感じさせることがないようにしています。現在ご依頼いただいているお客さまにも「あなたがいい人そうだから任せたい」と言っていただけたのが自信になっています。

公開している物件情報は全体の一部なので、ご来店後に分かったお客さまのニーズをもとに、別の物件をご提案することもあります。ここで差が出るのは、不動産業界共通のデータベースに載っていない「未公開物件」を、どれだけ持っているか。私は「元付」と呼ばれる、売主側の情報に詳しい不動産会社とのネットワークを積極的に増やしていて、当社だからご紹介できるという未公開物件もかなり豊富になってきました。

収益物件を探しているのは?

お勤めの方が過半数
不動産投資の初心者も多いです

不動産投資というと、まだまだ「難しい」「怖い」といったイメージを持つ方も多いかもしれませんが、当社の場合、お問い合わせの半分以上は会社員・公務員といったお勤めの方からで、まったく初めてという方も珍しくありません。こうしたケースでは、やはり空室発生で収入が減少するリスクにもっとも不安をお持ちなので、空室分の家賃を100%補填する保証の付いた物件をご案内することもあります。

収益物件を探している目的別では、家賃収入を主体に事業をなさっているケースのほか「家賃収入を老後の年金代わりに」というライフプランの一環でお探しの場合や、法人設立のタイミングで信用力を上げるために自社物件を購入するといったニーズもあります。

ベテランの専業大家の方からお問い合わせをいただくこともあります。百戦錬磨、もう何でもご存じなはずの方が、なぜわざわざ来店なさるのか気になっていたのですが、「少しでも多くの情報を取りたい」からのようです。探究心や貪欲さに刺激を受けるだけでなく、情報交換の中で勉強させてもらうことも多いですね。

収益物件仲介の面白さって?

将来設計のお手伝いができることです

賃貸物件の仲介、つまり「お部屋探しのお手伝い」は不動産業の基本で、新居での暮らしを一緒に考えるという面白さがあるのですが、収益物件の仲介にはまた違う面白さがあるように思います。アパート・マンションまるごと1棟のご購入では、数十年先まで見通して収支の計画を立てるので、ひとことで言うと「将来設計のお手伝い」という部分があるんです。

ご購入なさる物件を将来売却するときまでに、価格や家賃相場はどう変化するか。周辺エリアの人口動態や設備の陳腐化、今後の景気動向など、さまざまな要素が関係します。不動産投資ビギナーの方には、学生街の単身者向けアパートなど、まずは直近数年間で安定が見込めるものをおすすめしていますが、私自身ももっと知識を増やして、客観的なデータから自分なりの見通しをお話しできるようになりたいと思っています。

勉強という意味では、競売物件にも力を入れているところです。競売の物件へ入札したい方に代わって、裁判所での書類閲覧などのお手伝いを始めていますが、1点ものをいくらで入札するかという興味深さの半面、権利関係の確認やスムーズに引き渡しを受けるための工夫など、特殊なノウハウも多い分野です。弁護士と提携した専門業者が手がけている例もありますが、私自身もなるべく早く、まるごと全部をお任せいただけるようになりたいですね。

これから目指すこと

一国一城の主になりたいです

業務については、これからもスピードと誠意を武器にお任せいただくスタンスで、収益物件・競売物件の仲介を中心に経験を積んでいきたいと考えています。不動産投資ファンドの組成にも挑戦したいですね。

この業界に入ったときから、「どうせやるからには一国一城の主になろう」と考えていました。基本としての賃貸仲介と、長期的な視点で取り組む収益物件を両方手がけるような店を出すのが夢です。

仕事の必須アイテム

メジャーと筆記用具

この仕事を始めたばかりのころ、案内先で寸法を測れるものがなく、とっさにA4ノートを使った苦い思い出があります。建築業界で定番の「TAJIMA」ブランドのメジャーを愛用。

イイタン一問一答

Q.出身は

東京都目黒区です。

Q.現在のお住まいは

東京都大田区です。

Q.好きな駅は

昔からよく知っている目黒駅周辺が好きです。

Q.なぜ不動産業界に入ったか

父が建築業を営んでいて、兄は設計士。私も住まいに関わる仕事をしたいという思いがあり、不動産の道を選びました。

Q.尊敬している人

父です。私が幼いころに独立開業し、5店舗を構えるようになるまでの話を、つい最近初めて聞かされました。身近にいる偉大な先輩です。

編集後記

爽やかな笑顔が印象的な太田さん。話し上手で聞き上手、自由自在な切り替えの早さからは、やはりご本人が言うとおりスポーツ的なセンスを感じさせます。
巨額が動く1棟ものの収益物件仲介にも、持ち前の爽やかさを変えることなく臨む姿勢は、初めての不動産投資で「とにかく信用できる相手」を探しているオーナー予備軍に絶大な安心感を与えそうです。若さと誠実さを求める方に、ぜひ会ってもらいたい担当者です。
取材/相馬 大輔  撮影/瀬野 芙美香

担当者プロフィール

お名前
太田 知博(Tomohiro Ota)

会社名
株式会社アレア

メールアドレス
iidabashi.oota@area-no1.jp

電話番号
03-3234-4011

0

いいね

人気の担当者