iitan

MENU

30代で家を購入し、子どもの代までお付き合いを。
徹底してライフプランを考えることで、そこまで寄り添い続けることができる。

株式会社スタイルシステム

徳本 友一郎

株式会社スタイルシステム 徳本 友一郎
  1. 一度ご縁を頂いたら一生のおつきあいをさせて頂く。
    これが我が社のスタイルです。
  2. 本当にこれで3%でいいんですか?と言われるのが嬉しいです。
  3. 物件ではなく、会社を選び、人を選んでもらいたいんです。
  4. 私たちは”営業”ではなく”コンサルタント”だからです。

社名にもある貴社の”スタイル”とは?

一度ご縁を頂いたら一生のおつきあいをさせて頂く。
これが我が社のスタイルです。

弊社では「徹底したお客様第一主義」を掲げています。具体的にどんなことをしているかというと、たとえば顧客の方には「スタイル通信」という会報誌を手作りしています。季節ごとにお送りしていて、12年前のお客様から返信をいただくこともあります。

不動産業界では、売買契約が成立すればそれで終わりというのが一般的ですが、弊社はそうではありません。「スタイル通信」も契約後何年経っていても ずっと送付しています。抽選企画もやっていて、東京ドームのエキサイトシートやハワイ旅行などをプレゼントしています。”おかげさまで親孝行ができまし た”とおっしゃるお客様もいます。

お客様にサプライズを届けるのが好きなんですよ。”自分だったらこうしてもらったら嬉しい”ということを、あれこれ考えるのが楽しいです。

会社を気に入り、社員を気に入って契約してくれた方とのご縁をいつまでも大事にしたいと考えています。たとえば、契約時に行ったライフプランの見直 しは、契約後何年経っても無料で再作成しています。不動産契約時に作ったライフプランは時間が経てば変わるもの。なので、状況が変わったらいつでも作り直 して差し上げています。

株式会社スタイルシステム 徳本 友一郎

お客様からどんな言葉をもらったときが一番嬉しいですか?

本当にこれで3%でいいんですか?と言われるのが嬉しいです。

創業当初は手数料を相場の3%から1%にするのが顧客サービスになると考えていました。でも、それは違うなと。3%が適正な金額に感じるような付加 価値をつけなければ、本当のサービスにはならないと気づいたんです。そこで、FP(ファイナンシャルプランナー)資格を取ろうと決めました。

不動産は高額な買い物なので、ローンの返済計画や保険の見直し、教育費などいろいろな資金の見直しが必要になります。でも、不動産現場は物件の売買 がメインで、そのようなサービスはしていません。想定外の高い買い物をしたお客様が、後で資金繰りに困ることもあります。住宅は一生の買い物だから、本当 のライフプラン、資金計画を立ててあげたい。そう思っていたら、たまたま友人からFPという資格があることを知り、これだ!と思いました。

FPの資格はなくても不動産仲介業は行えます。でも、本当にお客様のためになる提案をするにはFPの資格が必要だと。猛勉強してCFP(FPの最高 資格)を取得して、さらに2年間FPの仕事に専念して研鑽しました。ただ目先の不動産を売買するのではなく、40年先まで見据えたライフプランを作って、 資金計画をしっかり練ってから契約をします。よいサービスをして、お客様から「本当にこれで手数料3%でいいの?」と言われたときが、何よりも嬉しいで す。

株式会社スタイルシステム 徳本 友一郎

なぜここまで顧客サービスを徹底するのでしょうか?

物件ではなく、会社を選び、人を選んでもらいたいんです。

弊社は不動産会社ですが、物件から接客を始めません。お客様にはまず最初に、私たちの会社についてご説明を差し上げています。私たちが仲介させていただくなら、物件ではなく、会社と社員を選んで欲しいと思っているからです。

弊社では、まず担当者がライフプランをお客様と一緒に作ります。そのあと不動産調査を150項目以上にわたって行い、報告してはじめて契約交渉に入 ります。こうした私たちのやり方を契約前にご説明し、納得してくださった方だけに安心して物件購入をしてもらいたいと考えています。

お客様が途中で問題点に気づき、結局契約に至らなかったケースもあります。でも、いいと思っています。気がついてもらうことも私たちの大事な仕事で すから。また別の物件でお声がけいただければそれでいいいと考えています。目先のおつきあいではなく、長い目で見たおつきあいを大事にするというのが私たちのスタンスです。

株式会社スタイルシステム 徳本 友一郎

”レジデンシャルアドバイザー”というのはどうしてですか?

私たちは”営業”ではなく”コンサルタント”だからです。

私たちは単なる物件の営業マンではなく、お客様の望むライフプランを不動産を通じて実現するコンサルタントです。ですから、弊社では担当者のことを「レジデンシャルアドバイザー」と呼んでいます。

不動産を購入するとき、金額とか広さとか、表面化している問題点は実はほんの少ししかありません。実際には隠れた問題点がたくさんあるんですね。で も、ほとんどの方は気づいていらっしゃらない。だから、プロである私たちがヒアリングしながら、見えていない問題を見える化します。お金・不動産・建築の ことをよく知ってから購入してもらいたいと、毎日精一杯お手伝いさせて頂いています。

イイタン一問一答

出身は

千葉県です。

現在のお住まいは

杉並区です。

今、もっともホットなエリアは

吉祥寺です。学生時代からよく通っていて、今でも週一で行きますね。

好きな駅は

(オフィスのある)恵比寿駅です。 落ち着いた雰囲気があって、歩いている人のファッションセンスもいいですよ。

なぜ不動産業界に入ったか

大学卒業のとき、求人誌でたまたま開いたページが不動産会社でした。宅建の資格は取っていましたので、じゃあ不動産にいこうと。今思うと、運命だったかもしれません(笑)

不動産は何が楽しいか

やはり喜んでもらえるのが一番嬉しいです。

不動産人生に影響を受けた本/出来事はありますか

『ビジョナリー・カンパニー』は何度も読み通しました。 『年輪経営』塚越寛著(光文社)という本は、今の僕の経営スタンスに一番近いと思います。

イイタンについてどう思いますか

担当者を選べないのが一般的な不動産会社で、担当者の人柄を示せるサイトはいいですね。 これからどんな同業者の方が増えていくのか、楽しみです。

編集後記

真摯に語る徳本さんの言葉には、不動産業界のサービスをもっともっと良くしていきたいという熱い思いが感じられました。徳本さんは、年に50回一般 の方向けのオープンセミナーも開催しています。不動産業界に精通したFPが教える住まいづくりのコツには、「そう、これが知りたかった!」と納得できるも のがきっとあるに違いありません。不動産選びに不安や悩みがある方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

取材/撮影 樫永 真紀

株式会社スタイルシステム

徳本 友一郎

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-6 恵比寿ツインズ7階

03-5489-7220

tokumoto@style-system.net

http://style-system.net

1967年生まれ

大学時代に宅地建物取引主任者の資格を取得、卒業後、不動産仲介会社に勤務

2004年

ファイナンシャルプランナーの上級資格【CFP】を取得、スタイルシステム社を設立

Pick Up Item

【初回アイテム一式】初めての方に弊社のことを知ってもらうための資料です。

     

同じ会社(グループ会社)の担当者(エージェント)

ページトップへ