iitan

MENU

女性ならではの感性と視点を強みにお客さまに寄り添い、
後悔しない売却を私にお任せください

不動産売却サポート株式会社

千原 由江

不動産売却サポート株式会社 千原 由江

881

  1. 自己住まい購入を機にお客さま目線へ
    現場経験より広がった知識と人脈を武器に
  2. お客さまに寄り添い、徹底的に話を聞く
    そこから信頼関係が生まれます
  3. ご存知でしたか?
    売主さまの責任や告知義務が重視されつつある現状を
  4. 売却専門の当社だからできること
    中部エリアに根付かせたい

どのようにキャリアを積んできましたか?

自己住まい購入を機にお客さま目線へ
現場経験より広がった知識と人脈を武器に

私が大学生の頃は景気が良く、就職活動をする学生は引く手あまた。大手輸入車自動車ディーラーにショールームレディ(女性営業担当)として就職しました。当時の自動車業界での女性営業職は珍しく、また高級車を取り扱うということもあり徹底的な立ち振る舞いやマナー、接客応対、メカニックなどの技術的な勉強の日々より今があります。

ある日、自分が暮らすマンションを探すために、賃貸マンションを取り扱うショップに行きました。物件を見せてもらったりしている間に、そのとき担当の女性営業担当と意気投合。その後も親しく付き合うようになったこともあり、不動産業界に興味を持つように。そしてなんとそのショップに就職することになったのです。

その後、賃貸仲介営業職の取引経験を重ね、売買仲介営業職へステップアップ。自己住まいの購入をきっかけに、よりお客さまの立場にたったご不安ごとや建築知識の不足さを痛感しました。これを機に建築基礎からしっかり学ぼうと建築会社へ転職。

そして次の会社では、今話題の中古物件のフルリノベーションや耐震、瑕疵保険等の分野で経験を積みました。新築、中古、土地、戸建、マンションそしてリノベーションと現場経験を重ねてきたことは今の私の大きな武器に。また、士業、金融機関、保険、設計士、施工など不動産取引の各専門家たちとの人脈を得たことも貴重な財産になっています。このような経験に加えて、地元の街角・道路情報・土地勘をもって、より多くのお客さまのご不安を少しでも取り除くお役に立てれば嬉しく思います。

不動産売却サポート株式会社 千原 由江

大切にしていることは?

お客さまに寄り添い、徹底的に話を聞く
そこから信頼関係が生まれます

私が大切にしているのは慣例にとらわれないこと。お客さまが何を希望され、何にご不安をお持ちなのか。まずは当社や私を知っていただくことから始め、そしてお客さまのお話をたくさんお伺い致します。女性同士ですと特にそうですが、本題を忘れお話が違う方向へ脱線、弾んでしまう事も多々ありますが・・・(笑)。たわいもない会話の中で、私の人間性を知ってもらい、コミュニケーションを育むことを心がけています。

大切な資産のご売却の際、知らない会社、知らない人を安易にご自宅に招き、ご事情を打ち明けるのは容易ではありません。いきなり本題に入ってしまっては、お客さまの心の準備もできず、お話をスムーズには進められません。だからこそ当社や私を知っていただくことを大切にすることが、礼儀であると思っています。お客さまからのご相談事や最新スポットの情報交換、時には相続争いの仲裁に入るまで幅広く賜ることもあります。お客さまの人生に寄り添うこと、それはお客さまからの信頼を得てご納得いただけるご売却のお手伝いをさせていただくことにつながるから。

不動産取引においては高額なお取引になります。いろいろな物件の状況、多くの不動産業者やご購入検討者さまのご案内。最後にみんなが安心安全な取引完了を迎え、「良いお相手、良いお取引でよかった」というお言葉をいただける瞬間、本当に良かったなと売主さまと共に胸をなでおろし、私のやりがいにもつながっています。

不動産売却サポート株式会社 千原 由江

強みになっていることは?

ご存知でしたか?
売主さまの責任や告知義務が重視されつつある現状を

ご売却理由は皆さまさまざまです。「早く売りたい」「高く売りたい」「時間がかかっても納得のいく方にお譲りしたい」など。ご存知でしたか、年々、不動産取引においての売主さまの責任や告知義務が重視されつつある現状を。だからこそ私ども不動産業者がご理解いただけるようしっかりと事前説明を行い、ご誘導する役割を果たしてくれる会社か営業担当かを見極めることが「安心安全な取引」「トラブル回避」を行うこととなり、まず最初のご売却活動スタートとなります。

また、ご売却物件をご購入検討者さまに、より印象良く、より魅力的に見せるための工夫を当社では力を入れているんですよ。販売活動の要となる「物件資料づくり」、お金をかけなくても魅力的に演出する「ホームステージング手法」、ご案内時の「売主さま専用!心得マニュアル」、安心な取引において「悪徳不動産業者排除」など当社ならではの経験豊かかつエリアに精通したスタッフがご査定依頼をいただきました時より、既に手取り足取り余すことなく完全ナビゲートをさせていただきます。それが「売主さま専門の不動産会社」の当社の強みです。

これまで培ってきた経験や知識も業法も大切ですが、まずはお客さまのご要望をしっかりと伺います。2人3脚で販売戦略を練り、力を合わせ販売活動を全力でバックアップ、そしてご納得いただけるまで寄り添い、最後に一緒に「満面の笑顔」を迎えられるその時を目指し頑張りましょう。

不動産売却サポート株式会社 千原 由江

今後の目標を教えてください

売却専門の当社だからできること
中部エリアに根付かせたい

不動産業界で働く中、物件の売買システムにはいつも憤りを感じていました。病気なら、整形外科、皮膚科、歯科医など専門医が担当しますし、刑事事件なら弁護士、検察官がいます。どうして不動産は、売主さまと買主さまを1人の担当者が受け持つのか。それでは自分の利益を優先しどちらに対しても真摯な対応はできず、中立的な立場を優先してしまいます。取引は、「交渉」です。結果互いの歩み寄りによる解決方法は必要ですが、交渉ごとなくして、不動産会社の立場でのまとめやすさを重視した解決策はあってはならないと当社では考えます。残念ながら未だ多くの不動産会社はその手法を平然ととっているのが実情です。

私はこの状況に違和感を持ち続けていました。そのような中、「不動産業のあるべき姿」が描かれていた当社代表と出逢い、理念を聞き、「お客さまに満足していただく事が一番。誠実に仕事をし実績を重ね、評判が人の輪を広げ、後から利益はついてくる」と。当社にはこの本来の姿が息づいていたので、迷わず働きたいと思い入社を決意。すでに実績とその成果を年々重ねている東京と大阪のノウハウを軸に、中部エリアで初となる「売却に特化した売却専門の不動産会社、売却のスペシャリスト」として地域に根付いた経験豊富なスタッフが当社の魅力を中部エリアにお届けし、売却専門があたり前となる業界の風潮を根付かせ、業界の壁を壊せられます様、精進して参ります。 まずは、お話を聞いてみませんか?

イイタン一問一答

出身は

愛知県名古屋市南区です。

現在のお住まいは

愛知県愛知郡東郷町です。

好きな駅は

名古屋は車社会。駐車場を制する者が繁盛する土地柄です。でもしいて言うなら地下鉄「覚王山」駅です。古き良き時代と今が混在している街並み、老若男女が集い活気ある点が好きです。

不動産業界に入ったきっかけ

自分の部屋探しがきっかけです。その時に対応していただいた女性営業担当の方の仕事ぶりを見て「こういう働き方もあるのだな」と興味を持ちました。

仕事の楽しさは

お客さまが売ったり、買ったりするとき、戸惑われます。そのような時、これまで培った経験や知識、さまざまな手法を使いナビゲートするところに楽しさを感じます。

尊敬している人

前職の上司。不動産業界で女性ながらも勇ましく清らかな思考、仕事の厳しさや責任を身に付けるための指導をいただきました。

イイタンについてどう思いますか

売り主さまからのみの情報の提供ではなく、私のプロフィールを紹介させていただける機会になる良いツールだと思います。これからパートナーとなるスタッフとしてお選びいただく際にお役に立てるのではと思います。

編集後記

女性の営業担当が少ない不動産業界。千原さんは、女性の感性を活かして取り組んでおられます。お客さまが興味を持たれる情報を収集に積極的で、まず何気ない会話を楽しみ、心を通わせてから売却のお話をするというきめ細やかなスタイルはまさに女性ならでは!もちろん男性顔負けの包容力の大きさも相当なもので、お客さまは千原さんのもとなら安心して売却ができるとお客さまもご満悦です。

取材/撮影 小林 希実子/荒川 絢

不動産売却サポート株式会社

千原 由江

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-2-24 フージャース名古屋錦ビル4階

052-218-4471

chihara@e-baikyaku.jp

http://e-baikyaku.jp

2003年より

大手FC賃貸仲介不動産会社へ入社。 賃貸仲介営業・マンション管理・資産運用提案に携わる。

2007年以降

最大手FC売買不動産仲介会社、地元分譲住宅メーカー、老舗リフォーム会社を経て 売買仲介営業、買取再販、リフォームやリノベーションの提案など新築・中古問わず マンション・戸建・土地と幅広く地元での現場経験と取引実績を積む。

2017年

不動産売却サポート㈱へ入社。 中部支社立ち上げメンバーとして参加、現在に至る。

Pick Up Item

お客さまのニーズに合わせて収集した情報をわかりやすく誌面で表現する。こうした資料はお客さまに私が伝えたいことを深く理解していただくためには不可欠です。資料こそ言葉では伝わらないことを解決するコミュニケーションツールです。

ページトップへ