iitan

MENU

お客さまの想いを真摯に受け止めること
「あと一歩」を後押しできる担当者でありたい

株式会社マルヨシ

尾城 学

株式会社マルヨシ 尾城 学
  1. アパレルで築いた実績が本物か
    違う世界で試してみたかった
  2. 今は売買を担当しています
    投資をお考えのお客さまにも適切なアドバイスができるよう物件を自分で購入しました
  3. まずはお客さまのお話を聴くことが大事
    数字にしにくい部分もなるべく反映させていくことを心がけています
  4. いざという時はお客さまが決断できるように
    後押ししてあげることです
  5. 多くのお客さまとお会いし
    さらなる売買部門の拡大を図りたい

なぜ前職のアパレルから不動産業界への転職を?

アパレルで築いた実績が本物か
違う世界で試してみたかった

以前はアパレルの店舗で販売員をしていて、社内で全国売り上げ1位を獲得することもできました。でも当時は、高卒だとどんなに成績を上げても大卒の人より給料が上がらないという学歴社会。少し先が見えたというか、もっと違う分野でも試したい気持ちが大きくなりまして。

次はどんな業界に進もうかと考えていたときに、お客さまに不動産業の方がいらっしゃって、お話を伺う機会がありました。私は、お客さまとじっくり話をして、気づけばお客さまとの距離が縮まっていることが多く、ありがたいことに、結果的に売り上げにもつながっていました。その方とお話しているうちに、それはアパレルでも不動産でも、車や保険でも一緒だということに気づいたんです。それぞれに伴う専門的知識は必要ですが、しっかりとコミュニケーションを取ることが大切。だとすると、これまで以上にお客さまに寄り添える不動産業界が、私には合っているのではないかと。

当然ながら、不動産は洋服と違ってずっと高価なものですし、シーズンごとに購入するものでもありません。納得してご購入いただくにはきちんとした不動産の知識も必要です。本質は同じでも、振り返ってみれば、当時の私にとっては1つも2つもハードルが上がったステップアップだったかなと思います。

このようなこともあり、日に日に不動産業界という新たな世界でチャレンジしてみたいという気持ちが強くなりました。不動産会社の求人に応募し、株式会社マルヨシに縁があって転職することに。ホームページに“「相手の立場にたって考える」そんな簡単な事ができそうでできない。”という言葉が書かれていて、素直に共感したことを今でも覚えています。

株式会社マルヨシ 尾城 学

どのような仕事をされていますか?

今は売買を担当しています
投資をお考えのお客さまにも適切なアドバイスができるよう物件を自分で購入しました

最初は賃貸を担当していましたが、もともと売買をやりたいと考えていました。4年ほど不動産業界のことを学んだ後、自ら希望して売買の部門へと移ることに。賃貸と違って、ローンや税金・相続などのさまざまな知識が必要です。大変ではありましたが、より深く不動産業界を知りたいと思うようになっていきましたね。

アパレルではブランドによってお客さまの層はある程度限られていますが、不動産のお客さまは実にさまざまです。ご事情もそれぞれ違いますし、目的も違います。あるお客さまは、ローンを残したままご主人がご病気になられて、ローンが払えずに売却することになったというケースも。お話を伺って、思わず目頭が熱くなりました。今までは出会えなかったような方たちの人生に深く関わるということに、仕事の奥深さと責任の重さを非常に感じています。

今後は投資をされたいお客さまにも対応できるようにしていきたいと考えています。実はオーナーさんの気持ちを理解するために、勉強のつもりでアパートを1棟購入しました。外壁の塗装などをやってみたり、確定申告をして節税対策を勉強したりと、とても良い経験になっています。

やはり、空室が発生してしまうと賃料収入が減ってしまうだけでなく、広告宣伝費やリフォーム代もかかります。投資物件を購入しようとされる方が空室のリスクをとても気になさるのは当然のことです。今までもそういうことを理解しているつもりだったのですが、実際に自分もその立場に立ってみると、より切実ですね。ご購入ただいて管理している物件で退去者が出たという話を耳にすると、何とかしなくてはという気持ちが前よりも強くなりました。

幸いなことに購入して1年ちょっと、これまではずっと満室の状態です。投資をお考えの方に対して自信を持って物件をお勧めできるのは、賃貸営業の頃の経験も活かされているのではないでしょうか。このような経験から、ローンやリフォームを始め、賃貸経営についてもより具体的にアドバイスできるようになってきました。

株式会社マルヨシ 尾城 学

売却のお客さまに心がけていることはありますか?

まずはお客さまのお話を聴くことが大事
数字にしにくい部分もなるべく反映させていくことを心がけています

売却を担当したお客さまから「尾城さんは信頼できる」というお言葉をいただけたとき、大変嬉しかったです。おかげさまで近頃はリピーターのお客さまも増えてきました。以前ご購入いただいたお客さまのライフスタイルが変わって売却するときや、他のお客さまをご紹介くださることもあります。

一般的に、不動産の査定で物件の周りの相場や事例を、一方的に先に話すことがありがちなようです。しかし私は、まずお客さまの「こうしたい」というご要望を引き出して、どう解決するかをお答えしていきます。

お客さまにとってはエリアの相場やほかの物件などと直接的な関係はありません。思い入れのある、お客さまの大切な資産をお預かりするわけですから、計り知れない物件に対するお客さまの想いやご事情がそれぞれにあるはず。それをどう反映させるかに心を砕いています。

株式会社マルヨシ 尾城 学

では、購入をお考えのお客さまへのモットーは?

いざという時はお客さまが決断できるように
後押ししてあげることです

不動産は取引の金額も大きいので、お客さまにとっては当然不安や躊躇することがたくさんありますよね。決断にはとっても勇気がいると思うんです。だからこそ寄り添う私の役割として「この方には絶対今だ!」というタイミングは逃さないように、道を照らすというか……。私が導いていくことも時には必要だと思っています。

決断を戸惑うのは、何か不安や納得できないところがあるからです。決して無理強いするのではなく、その不安やお悩みを1つずつ取り除いた上で後押しすることが私の役目だと考えています。

多くの営業担当者が同じ悩みを持っていると思うのですが、なかなか自信がないと強く押すということは難しいものです。そのために常に最新の情報を求めてインプットするよう心がけています。もともと読書が好きなので、月に10冊以上本を読むことも。株式会社マルヨシでは管理もやらせていただいていて、相続のお問い合わせをいただくことも多く、今も保険の資格の勉強をしています。知識量については自信があります。少しでも疑問を感じることがあれば、遠慮なく聞いていただきたいです。

今後のビジョンをお聞かせください

多くのお客さまとお会いし
さらなる売買部門の拡大を図りたい

近く店舗を増床する予定で、売買部門は新しい店舗に移り、さらに売買部門を強化していく予定です。私たち株式会社マルヨシは賃貸部門が強く、おかげさまで全国第1位(2018年1月現在)の取引高なのですが、売買部門は、現在3名体制。新店舗では10倍の30名ほどに拡大しようという構想です。

「現在、売却に関してお問い合わせいただく件数は、月に40件ほど。これから売買の担当者も増やしていきながら、対応できるお問い合わせの数を増やしていきたいです。もちろん、お客さまへのフォローの質は落とさないよう、着実にご成約の件数を増やしていきたいと考えています。」そして、そのやり方を確立して課員全員が共有できるようにしていきたい。例えば、お客さまへお伺いする際は、営業2名でお伺いするチームプレーを会社に提案しています。多くの場合、一人ひとりが個人で動くことがこの業界は多いのですが、2名で担当することでよりきめ細かく、お客さまのお悩みの解決に役立てるのではないかと。

不動産(物件)は、不動産屋さんに行けばある程度どの会社、どの担当者でもご紹介が可能ですし、売却についてもお願いすることはできます。でも、金額が大きくなるだけに、不安や迷いが必ず生じます。だからこそ、担当者の役割が非常に大切。その思いをこれから拡大していく売買チームに根付かせていきたいと思っています。

イイタン一問一答

出身は

草加市です。2歳から草加で育ちました。

現在のお住まいは

東京都足立区に住んでいます。ここ北越谷へは電車1本で来られるので便利ですよ。

好きな駅は

地元、北越谷ですね。道も広いですし、スーパーなどの店舗も多い。街がきれいで生活環境が整っています。夜も治安が比較的よくて、暮らしやすい街ではないでしょうか。

不動産業界の楽しさとは

実力を評価してくれる新しい分野でチャレンジしてみたかったからです。

尊敬している人

社長です。すごく熱くて芯があるけれど、ユーモラスな人で。周りを惹きつける不思議な魅力があります。あと勉強熱心なところも見習いたいです。

イイタンについてどう思いますか

担当者で不動産会社を選ぶことが多くなってきているのではないでしょうか。担当者サイドとしては自己紹介ツールとして、とてもいいと思います。なかなか担当者について知ってもらう機会が少ないので、このようにしっかりと紹介していただけるのは嬉しいですね。

編集後記

不動産の営業として、お客さまからも厚い信頼を得ている尾城さん。全く違う業界からの転職でしたが、その知識と、きめ細かい接客には定評があります。ご要望やお悩みを1つずつ解決していくその姿勢が評価に繋がっているのでしょう。しかし尾城さんを表すにはそれだけでは足りません。ある意味貪欲、そして研究熱心。お客さまの話を聴くだけでなく、これが1番いいと思ったときには引っ張っていってくれる、頼り甲斐のある担当者さんです。わからないことや不安なことは何でも聞けて、そして迷った時は率直な意見をくれる、強さのある担当者さんはなかなかいないかもしれません。投資のことや不動産売買について相談したいなと思ったら、ぜひ尾城さんを訪ねてみてください。

取材/撮影 和田 文/瀬野 芙美香

株式会社マルヨシ

尾城 学

〒343-0025 埼玉県越谷市大沢3-19-11

048-970-0021

baibai@0021.to

http://www.century21saitama.com

2005年

株式会社ファイブフォックス入社

2009年

株式会社マルヨシ入社 賃貸物件を担当

2013年

売買担当に配置転換

2016年

投資の勉強のため、自身で物件を購入

2018年

店舗増床に向けて、さらなる拡大に力を入れつつ現在に至る

Pick Up Item

【NOTE BOOK】会社から支給されているものです。これがあるおかげで、24時間365日どこにいても仕事ができます(笑)。もちろんすぐに見ることができないこともありますが、お問い合わせいただいたら必ず返信します。お客さまを長くお待たせせずにコンタクトを取ることができる、ありがたいアイテムです。いつでもご連絡をお待ちしております。

     

同じ会社(グループ会社)の担当者(エージェント)

ページトップへ