家の選び方で、夫婦仲も変わるんです。

         

東京アセット・パートナーズ株式会社【中央区築地】

黒田 ゆう

東京アセット・パートナーズ株式会社 黒田 ゆう
     イイタンアンケート

担当者へのありがとうの声を見る

親しみ易い

2020/04/14

エリア
東京都渋谷区
利用シーン
年代
60代 女性
Q.担当者の第一印象は?
親しみ易く、話し易い。
Q.どんなことを相談されましたか?
住まいと仕事場を一緒にするのはどうか?
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
比較を考えませんでした。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
現在のところ無ありません。

女性は信用できる。

2020/04/14

エリア
東京都三鷹市
利用シーン
住み替え(売却&購入)
年代
60代 女性
Q.担当者の第一印象は?
推進力のある賢い女性。 お話しすると楽しくなります。
Q.どんなことを相談されましたか?
ただの住み替えではなく、複雑な状況でしたが 時系列に整理してくれ、良く理解できました。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
黒田さんの性格かな。 そして、女性であること。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
お世話になりました。 本当にありがとうございました。 これからもよろしくね。

安心して頼れる方です

2019/06/05

エリア
東京都三鷹市
利用シーン
売却
年代
40代 女性
Q.担当者の第一印象は?
黒田さんはとにかく話をしっかりと聞いてくれる方です。相手のニーズを汲み取ろうと真剣に耳を傾けてくれる。分からないことだらけ、そして金額も大きいので、これで本当に良いのかな?と不安になることも多い中、とても丁寧なやり取りで安心してお任せすることができました。
Q.どんなことを相談されましたか?
マンションが古くなったので売却
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
やはり何よりも誠実なところ。古いマンションだったので値段や売るタイミングなど適切な内容かどうか判断に迷うところ、こちらの利益とリスクなど、全てのケースや想定を考えた上で一緒にベストな道を探ってくれる、という信頼感が一番の理由です。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
売って良かった!と心から思えるのは黒田さんのおかげです。ただ売るのでなく、そのプロセスを丁寧に大事にしてくださったからこそ、そんな思いになりました!ありがとうございます。
Pocket
LINEで送る

  1. 物件探しは誰でもできる時代。
    「決めてよいか」の相談に乗ります。
  2. 地域に根ざし、相手の顔が見える仕事をしたかった。
  3. 近隣主体に不動産なら何でも。働く母親の視点で助言もします。
  4. もっと感謝されるビジネスに。

不動産業者の役割って?

物件探しは誰でもできる時代。
「決めてよいか」の相談に乗ります。

不動産業者といえば「物件情報を探してもらうところ」と思っている方がまだ多いと思いますが、ここ5年ほどでWEB上の不動産の情報が充実し、ちょっとした時間を使ってスマートフォンで十分物件探しができるようになりました。好みのイメージや条件が明確であれば、業者に紹介される中から選ばなくても、ご自身で気に入ったものを見つけられる時代になったと思います。

ただ、探すのが簡単になっても不動産が難しい買い物であることに変わりはありません。一つとして同じものはなく、確認すべき項目はいくつもあり、そこでできること・できないことは法律で細かく決められています。

なので私は、物件探しをできるだけお客さま自身でやっていただいた上で「ここに決めていいか」という相談にしっかりお答えするようにしています。

東京アセット・パートナーズ株式会社 黒田 ゆう

なぜ今の会社に?

地域に根ざし、相手の顔が見える仕事をしたかった。

27歳のとき中途入社した大手不動産会社では、法人営業としてマンションや事務所、工場などを扱っていました。当時多かったのは、外資系金融機関が買い取った不良債権の担保となっている不動産を売却して現金化するための業務。マンション1棟分の賃料をまとめて投資利回りを出し、売却が決まると、そこで住んでいる人たちに一度も会わないまま、賃料の新しい振込先を手紙で送るといった作業をしていました。すそ野の広い不動産業界の中でも、知的でレベルが高いとされる仕事でしたが、実際の物件や住んでいる人を離れて形のない権利だけをやりとりするところや、大きな企業が相手で決定権者と直接交渉できないことが、私の性には合いませんでした。

その後出産で一時職場を離れたり、リーマン・ショックで業務が激減したりといった紆余曲折を経て、3年前に設立間もない現在の会社に移りました。転職を決断した理由ですが、顔が見える相手と仕事をしたかった私にとって、注文住宅に強い建設会社の不動産部門という現職場が理想的に思えたのと、私自身住んでいる中央線沿線に根ざして仕事をしたいというのが大きかったですね。あと、通勤時間を減らしたかった。朝は上りの満員電車に1時間近く乗っていて本当につらかったのが、転職後は10分足らずになりました。しかもガラガラの下りです(笑)。

今の会社では自由にのびのび仕事ができ、前の職場で幅広く積ませてもらった業務経験が存分に生かせています。とても恵まれた環境を与えてもらっていることに感謝しています。

東京アセット・パートナーズ株式会社 黒田 ゆう

得意分野

近隣主体に不動産なら何でも。働く母親の視点で助言もします。

幸か不幸か、不動産業界に入ってすぐ単身出張を命じられ、右も左も分からない山形県に書類を抱えていったのが私の初契約。以来、なぜかあちこち駆け回る仕事に縁があり、自社周辺から離れた遠方の物件を今もいくつか扱っていますが、やはり土地勘があり予備知識も多い23区西部から都下エリアでのご依頼には強いと思います。住宅ローン、保険代理店、賃貸物件の管理から再開発事業まで、不動産とかかわるさまざまな仕事に取り組んでいます。

「子どもがいるように見えない」とよく言われる私ですが、小学生2人を抱えるワーキングマザーです。育児と両立する中で、仕事の進め方は効率的になったと思いますし、最近多い「保育園が遠い」という悩みはとてもよく分かります。日々直面する問題なので、冷静になって考えることが難しいんですね。数年前、マイホームを検討中のママ友から「保育園から近いところで早く買いたい」と聞いたときは、迷わず「いったん賃貸に引っ越して」とアドバイスしました。いくら今がつらいといっても、一時期の都合で一生の買い物を決めれば、いずれ旦那さんともめるのが目に見えていましたから。結局彼女は賃貸の転居先を自分で見つけ、その後じっくり探したマイホームの購入を、まもなく私が仲介する予定です。

当社は建設会社の関連企業なので、土地探しからの注文住宅も得意としていて、新築戸建てに関しては建売ではなく注文住宅をおすすめすることが多いです。窓の位置など、後から変えられない部分が最適に設計できる上、ご家庭の事情に合わせて不要なものは削れるので、同じ敷地面積でもより快適な家が作れます。価格差を考えに入れても、満足の方が大きいと思いますよ。

東京アセット・パートナーズ株式会社 黒田 ゆう

現在の不動産業界、ここを変えたい

もっと感謝されるビジネスに。

先日、小学校からキャリア教育の講師として招かれました。そこでお話ししたのが「誰かの役に立って『ありがとう』と言われ、さらに適正な対価をもらうのが仕事。どちらかだけではダメ」ということです。

ボランティアは素晴らしいことですが、無償でビジネスは成り立ちません。決められた条件で一定の手数料をいただく仕組みになっている不動産業も、それに見合う価値が提供できているか・ありがとうと言われているかを本当はもっと考えなくてはならない。それなのに、不動産を売り買いするお客さまの多くが不慣れな“いちげんさん”であることを利用して、業者の都合を優先した不誠実なやり方が今も根強く残っています。他社の仲介業務が目に余る場合、思い切って当社に切り替えていただく提案をすることもありますが、業界としてあるべき姿とはいえないでしょう。

あるご家庭の新居購入をお手伝いしたとき、竣工式に呼んでいただいて「家を買うために話し合う機会をたくさん持ったら夫婦仲がよくなりました」と感謝されたことがあります。私も本当にうれしかった。多くの方にとって、家を買うことは人生の節目となるイベント。一緒に将来と向き合う中で、お客さまにどれだけ価値を感じていただけるかが、これからの不動産業者にとっていちばん大切なことだと思っています。

イイタン一問一答

出身は

東京都千代田区

現在のお住まいは

西荻窪

好きな駅は

新宿。どこへ行くにもアクセスがよく、若いころからよく遊んでいたので(笑)

不動産業の楽しさ

毎回違う仕事をすること。元来飽きっぽい性格ですが、この仕事は飽きません。

尊敬している人

祖母。90歳ですが健在で、一人暮らししているカッコイイおばあさんです。 ある小説のモデルになったという、なかなか大した人。かなり影響を受けたと思います。

イイタンについてどう思いますか

大勢いる不動産営業の中からお客さまが自分で相談相手を探せる、とてもよい企画ではないでしょうか。

編集後記

黒田さんの印象は「まっすぐな人」。仕事のエピソードをお話しいただく中では旺盛なチャレンジ精神と正義感がうかがえ、屈託ない笑顔の持ち主であることも分かりました。ときに人生の大きな選択となる不動産取引。こんな担当者が味方になってくれたら、話しづらいことでも思いきって相談できそうです。

取材/撮影 相馬大輔

Pocket
LINEで送る

東京アセット・パートナーズ株式会社

黒田 ゆう

〒104-0045 東京都中央区築地1-3-4 築地ニイクラビル7階

03-6264-7280

kuroda@tokyo-asset.com

https://www.tokyo-asset.com/

2003年

別業界から大手不動産会社に転職。 法人営業、賃貸契約事務などを担当

2013年

ESライフプランに転職。 不動産売買・賃貸の仲介、賃貸物件管理などに従事

Pick Up Item

【バッグ】ロンシャンのナイロントート(デザイン違いを3個所有。書類を持ち歩くので軽さを重視)
【ノート】ロルバーンのLサイズ(2015年の正月からメモの書き散らかしをやめ、現在6冊目)

不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
     

同じ会社の担当者

ページトップへ