私の役割は、お客さまの決断を支えること

         

東京アセット・パートナーズ株式会社【中央区築地】

黒田 ゆう

東京アセット・パートナーズ株式会社 黒田 ゆう
     イイタンアンケート

担当者へのありがとうの声を見る

心強いパートナー

2020/07/09

エリア
東京都練馬区
利用シーン
購入
年代
40代 女性
Q.担当者の第一印象は?
強い、しなやか、前向き、ポジティブ…etc. 黒田さんの印象を表すには、エネルギッシュな言葉がたくさん並びます。 本当に納得できる土地が見つかるまで、時には私たちの前を歩き、時には背中を押すようにして、ずっと心強いサポートをし続けてくれました。
Q.どんなことを相談されましたか?
自宅を新築するための土地探しをお願いしました。 手続きが煩雑な土地を購入しましたが、一切の不安なく最後までお任せできたのは黒田さんの半端ない知識量があったからこそ。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
メリットもデメリットもきちんと説明してくれる姿勢が、とても信頼できました。「売ること」よりも、私たち家族が気持ちよく暮らせることの方を大事にしてくれる…自然にそう感じさせてくれる人です。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
万が一、2軒目、3軒目の家を建てることになったとしても(笑)、また黒田さんに担当してほしい! 本当に感謝しています。

信じて良かった❗

2020/07/09

エリア
東京都小金井市
利用シーン
売却
年代
60代 男性
Q.担当者の第一印象は?
最初にお目にかかった時に「アッ!この人だ」って何か直感しました。
Q.どんなことを相談されましたか?
借地権の譲渡もしくは地主への返却を相談しました。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
自分の直感を信じて決めました。大正解でした❗
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
面倒な仕事をスピーディーにこなし、本当にありがとうございました。なおかつ満足のいく結果を出していただき大変満足しています‼️

スピーディーに解決しました

2020/07/08

エリア
東京都新宿区
利用シーン
住み替え(売却&購入)
年代
60代 女性
Q.担当者の第一印象は?
なんでも気兼ねなく話せて相談できる雰囲気を持っていらっしゃるので ストレスなく住み替えを進めることができました。
Q.どんなことを相談されましたか?
夫の怪我がきっかけ、理由でしたので、短時間で住み替えができるようにと いうのが こちらの希望でした。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
直前に娘がお世話になっており、絶大な信頼をもって推薦して くれましたので決めました。期待以上の働きをしてくださいました!
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
これまでの不動産屋さんとはスケールの違う視野の広い、感性の豊かな 担当者さんに(今でもかなりそうですが^^)ますますなっていってください。 大いに期待しています。
Pocket
LINEで送る

  1. 人に支えられているから、自由に働くことができる
  2. 前向きに挑戦を重ね、 広範なスキルを身に付ける
  3. お客さまの選択を優しく後押ししていく

人に支えられているから、自由に働くことができる

東京アセット・パートナーズの一員でありながら、黒田さんは組織に縛られない自由なスタイルでお客さまと向き合っています。勤務場所は本社のある中央区築地ではなく、中央線沿線の親類の家に構えたサテライトオフィス。ここで東京西部や東京市部といったエリアの売買仲介を軸としながら、不動産をテーマにした多彩な切り口のビジネスに挑んでいます。実際、法人個人を問わず、全国各地の売買仲介にも乗り出していますし、投資案件や入札案件も得意分野の一つ。さらには設計事務所とタッグを組んで二百坪の土地の有効活用を提案したり、住まいに関する新商品づくりに励んだりと、変幻自在な仕事ぶりで信頼を集めています。

マルチなスキルを有するだけに、周囲からは「独立したら?」と言われることもあるとか。しかし、黒田さんは会社員であることにメリットがあると断言します。「そもそも不動産の仕事は、一人でできる物事は限られています。私一人で書類を整えることはできたとしても、それだけで仕事が完結するわけではありません。共に仕事をする仲間がいるからこそ、得られるものが大きいんです」

目の前の書類の上では見えなくとも、陰で社内処理する事務スタッフ、実際に家を建てる技術者など、多数の人の力を借りているからこそ、今の自分の仕事が成り立っている。関わる人たちへの感謝を胸に、黒田さんは日々の仕事に向き合っています。

独立性の高い立ち位置で働いていると聞くと、我が強いワンマンなビジネスパーソンを想像しがちですが、黒田さんを見ていると人に対して謙虚であり続けてきたからこそ、組織に縛られない働き方でも信頼が得られるのだというのがよくわかります。

東京アセット・パートナーズ株式会社 黒田 ゆう

前向きに挑戦を重ね、 広範なスキルを身に付ける

実は黒田さんは20歳を過ぎてから、大検を経て大学進学を選択。不動産業界に入る前はフード系企業の人事・採用担当者として働いていました。その会社では新卒を効果的に採用する仕組みを構築したほか、社員の個性を浮き彫りにする人事評価制度を導入。ここで培われた個性を見極め、かつ個性を尊重する姿勢は、全く異なる不動産業界に転身してからも大いに生かされているようです。

不動産業界に飛び込んだのは27歳のことで、大手不動産会社で社宅管理の代行、法人の遊休資産の売却、賃貸物件の事務などを手掛けました。この間、結婚を経て2人のお子さんを出産・子育てしながら宅地建物取引主任者(当時)資格に合格。そのバイタリティには感服させられるばかりです。

約10年間大手企業に勤めた後、黒田さんは注文住宅の提案が主体の建築系不動産会社に転職しました。「住む人の顔が見える場で働きたい」との思いが新たな道に進む背景にあったそうです。

「できたばかりの会社だったこともあって、自由に挑戦させてもらいました。住宅ローンや保険の提案、賃貸物件の管理なども手掛けましたし、法人の事業計画の作成、自治体の入札案件にも関わるなど、いろいろな経験を積むことができました」

中央線沿線の会社だったこともあり、得意エリアである東京西部から東京都下エリアの肌感覚もここで醸成されていきます。不動産業界歴は20年未満。並み居るベテランに比べればまだまだ短い方ですが、個人・法人を問わず幅広く対応してきたこと、自身が主体となって果敢に挑んできたことで、誰にも負けないノウハウが蓄積されました。

東京アセット・パートナーズ株式会社 黒田 ゆう

お客さまの選択を優しく後押ししていく

黒田さんのポリシーは「主語をお客さまにし、納得感ある家選びをサポートすることで、お客さま満足度を高める」。強引に自分流に引き込むようなことは決してしません。

「料理がおいしいかどうかは本人しか分からないのと同様、住まいの良し悪しは本人にしか判断できません。あくまでも私の仕事は、選択をするための情報や材料を提供するのみ。お客さま自身で大切な選択ができるように最大限のサポートをしているつもりです」

適切な選択肢を提示するためには、時にお客さまの心やプライベートに踏み込んだ質問をする瞬間もあります。黒田さんのお客さまには、過去に、別の不動産会社の担当者から配慮のない質問を受けて傷ついてしまった方も少なくないといいます。だからこそ、黒田さんは個々人の事情に合わせて、気持ちに寄り添いながら丁寧に言葉を交わすように心掛けているといいます。しっかりと私を見てくれている――不動産業界や飲食業界で多くの経験を重ねてきた黒田さんならではの優しい視点は、多くのお客さまにそんな安心感を提供しているようです。もちろんプロとして、鋭いアドバイスをするのも黒田さんの身上です。

「例えば、小さいお子さんがいるご家庭は、子ども部屋ありきで家選びをしがちですが、お子さんが独立した後にリフォームすることを考えると、間取りに柔軟性を持たせられる注文住宅の方が全体のコストは抑えられます。30年先も満足できるような家選びをサポートするのが私の役目だと思っています」

黒田さんならば、自分らしい家選びをする上での大切なパートナーになってくれそうです。

イイタン一問一答

出身は

本籍は東京都千代田区ですが、育ちは三重県です。大学時代から東京に戻ってきました。

好きな駅は

新宿駅です。伊勢丹が非常に好きで、よく買い物に行きます。若い頃はゴールデン街で飲み歩いていた時期もありました。

幸せを感じるのはどんなとき

毎日のふとした瞬間に幸せを感じます。明るい時間に帰宅したとき、マジックアワーのような綺麗な景色を見られたときなど、何気ない日常に幸せが潜んでいるのだと思っています。

趣味は

10年ほど前から夫に誘われて乗馬を始めました。夫が「一緒に運動を楽しみたい」と話していたのですが、残念ながら私はスポーツが大の苦手。球技などはもっての外で、色々と選択肢を消去していった中で、最終的に乗馬が残りました。最初は不安でしたが、初めてスポーツで褒められたのが楽しくなって、今まで長く続けることができています。

特技は

料理です。なんでも作りますが、得意料理はカレーです。鶏ガラからだしを取り、玉ねぎを半日かけて炒め、3日ほどかけて完成させます。水の代わりに、トマトジュースを使うのがポイントなんです。

集めているモノは

料理好きなので、つい調理器具を調べては買ってしまいます。家にはフライパンが5個あり、用途によって使い分けています。包丁研ぎなども自分で行っています。

好きな本は

ジャンルを問わずに乱読していますが、歴史小説や経済小説、ファンタジー系などをよく読んでいます。一度読んだ本の内容はだいたい覚えているので、ぱっと開いた本の数行を見れば、だいたいタイトルが分かります。

編集後記

黒田さんが今のスタイルで仕事を始めたのは2020年4月のことでした。サテライトオフィス内の椅子や机、パソコンなどは、長年にわたるお付き合いのあるお客さまからプレゼントしていただいたそうです。会社が変わっても新しい門出を祝福してくれるお客さまがいるのは、黒田さんが不動産担当者として信頼を集めてきた証。ちなみにデスクの横にはハンモックが吊るされており、仕事が空いていれば平日昼間でも寝そべってのんびりとした時間を過ごすそうです。自由人でもあり、組織人でもある。二面性を持つ黒田さんならば、多角的なアドバイスを送ってくれること請け合いです。

取材/撮影 佐藤 明生/並木いくま

Pocket
LINEで送る

東京アセット・パートナーズ株式会社

黒田 ゆう

〒104-0045 東京都中央区築地1-3-4 築地ニイクラビル7階

03-6264-7280

kuroda@tokyo-asset.com

https://www.tokyo-asset.com/

2002年

学習院大学卒業

2003年

不動産会社 入社

2013年

不動産会社 入社

2020年

東京アセット・パートナーズ株式会社 入社

不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
     

同じ会社の担当者

ページトップへ