iitan

MENU

おせっかいと言われても
お客さまに近い立場で
一緒に購入後の「幸せ」を考えていきたい

株式会社アクロスコーポレイション

石田 幸平

株式会社アクロスコーポレイション 石田 幸平
  1. なんでも話せる雰囲気に
    ご夫婦で秘密にしていることを話していただくことも
  2. 「安心」も手に入れていただきたいから
    家計のことも率直にお話しする
  3. 根っからの家好き
    購入したお家で幸せになったお客さまを見るのが一番のやりがい
  4. 苦労の末に一つひとつ積み上げた信頼
    今ではリピート・紹介も多くいただくように
  5. 細やかなリフォームのご要望に応えられる担当者になりたい

お客さまと接する上で大切にしていることは?

なんでも話せる雰囲気に
ご夫婦で秘密にしていることを話していただくことも

お家を購入するときは、どんなお客さまでも不安がつきものです。不安を言葉にして担当者に伝えられれば良いですが、全てのお客さまがそうとは限りません。お客さまによってはなかなか人に伝えられない不安や心配を持っている方も少なくないのです。

例えば数千万円という住宅ローンを組むにあたって、ご夫婦で秘密にしていることが気がかりになることがあります。ご主人さまが奥さまに内緒でキャッシングをしている、奥さまが旦那さまに内緒で、お子さまの英会話教材のローンを組んでいたなど、互いに秘密にしていることを話さないといけなくなることも。

ご夫婦で話し合えれば良いですが、近い距離だからこそ話せないこともあります。そんなとき、不動産会社の担当者のような第三者を交えて話せば、スムーズに事が運ぶ場合もあるのです。奥さまやご主人さまが席を立たれたタイミングにお声掛けしたり、帰宅されてから私の携帯にお電話いただいたりすることもあります。

そのため私は接客するとき、自分から声をお掛けして、不安要素はなんなのか、言いやすい環境をつくる努力をしています。具体的には今までの事例や他のお客さまのお話しをするなどして、「こんなことも話して良いんだ」と感じていただくようにすることです。

株式会社アクロスコーポレイション 石田 幸平

営業マンならではのサポートとは?

「安心」も手に入れていただきたいから
家計のことも率直にお話しする

住宅は購入がゴールではなく、幸せになるためのスタートだと考えています。購入をゴールととらえると、住宅ローンを無理して組んでしまうことが少なくありません。例えば次のような事例があります。

本来月額10万円までのローンを支払う力があるが、銀行が13万円融資してくれる場合、少々無理して13万円の支払いをしてしまうケースです。確かに月額3~4万円のローンを増やせば、良いお家は手に入ります。しかし本来は10万円までしか支払う余裕がないため、教育費などを削らざるを得なくなってしまいます。良い家を買うために、他の大切なことを犠牲にしては本末転倒だと思うのです。

幸せになるために家を購入するのに、かえって負担や犠牲が増えるようなケースを生まないよう、率直にお話しするようにしています。月々に支払える住宅ローンはご家族によって異なります。具体的に今後、暮らしていく上でどの程度の費用が必要で、住宅ローンに充てられるのはどの程度が妥当なのか、しっかりとイメージを持っていただく。近い立場でご相談にのれる担当者だからこそできるサポートだと考えています。

株式会社アクロスコーポレイション 石田 幸平

不動産業界に入ったきっかけは?

根っからの家好き
購入したお家で幸せになったお客さまを見るのが一番のやりがい

2004年に当社に入社する前、私はリフォームの仕事をしていました。もともと家が好きで、家に携わる仕事をしたいと思ったからです。父が建設業に携わっており、子どもの頃から現場についていって、いろいろなタイプの家を見てきたことが影響していると思います。子供の頃は住宅のチラシを見ることも好きでした。「こんな大きな家に住んだら、どんな気持ちだろう」と想像を巡らすことが楽しかったのです。今振り返ってみると、本当に根っから家が好きだったのだと思います。

リフォームの仕事では施工を担当していましたが、あまりお客さまに接する機会がありませんでした。そこでお客さまに直接お家を購入していただく営業の仕事がしたいと思い、当社に入社しました。

住宅の営業をしていて感じるやりがいは、ご購入いただいたお家に暮らし、幸せそうにされているお客さまの姿を見ることです。庭のガーデニングや、キッチンのこだわりなど、一つひとつ丁寧にご提案した内容を吟味し、お家作りに生かしていただく。このプロセスを経てできた大切なお家で、幸せになっていくお姿を拝見することは、なによりも私の喜びです。

株式会社アクロスコーポレイション 石田 幸平

営業マンとして苦労したことは?

苦労の末に一つひとつ積み上げた信頼
今ではリピート・紹介も多くいただくように

入社した当初の苦労を挙げれば、きりがありません。私は不動産会社に入社するまでは、どんな家が欲しいか、借りたいかについて、お客さまご自身がイメージを固めて来てくださると思っていました。しかし実際は水道やガスの開栓、電気の開通などの基本的なことからお話しするケースも多く、今まで抱いていたイメージとのギャップに驚いた経験があります。

この経験から、私はお客さまお一人おひとりに対し、家賃の金額と収入、必要な生活費から自由に使えるお金を算出するなど、基本的なことも親身になってお伝えするようになりました。購入した物件に入居されるまでだけでなく、入居以降のことも一緒に考えるようになったのです。

入居以降の生活を考えた家計を考えていただくことで、ご主人さまが自発的に趣味の釣りや車を我慢してくださるなど、お客さまの行動が変わることもあります。購入がゴールではなく、これから一生のお付き合いができることは、私にとっても励みです。また私はお客さまとLINEのやりとりもしていますので、お困りのことがあれば、24時間相談していただくことができます。2004年に入社してから10年以上が経過しているので、数年前のお客さまからも、気づいたことがあったときは、ご相談していただく機会も増えました。

さまざまな苦労をしてきた結果、おかげさまで今では同じお客さまのお家探しを7回もサポートさせていただいたり、お知り合いをご紹介いただいたりすることが増えています。同じお客さまでも、転勤・お子さまの独立・結婚・新居の購入などライフイベントはたくさんあります。その度に私を思い出してくださることはとても嬉しいですね。

現在、さまざまな不動産会社がありますが、当社で購入していただくことがお客さまにとってベストなことだと自信を持っています。その自信は住宅の購入だけでなく、お客さまへの細やかなサービス、購入後の生活を考えた親身なご相談などに裏打ちされたものと言えるでしょう。これからも多くのお客さまに出会い、「幸せになる」ご提案をしていきたいと思います。

今後取り組んでいきたいことは?

細やかなリフォームのご要望に応えられる担当者になりたい

今後は日本の人口も減り、少子化が進んでいく中で、住宅の購入だけでなくリフォームのご要望が増えていくと考えています。新しい住宅を購入するのではなく、すでに購入した家を直し、きれいにして住みたいというお客さまが増えると予測するからです。

リフォームするお客さまは、現在住んでいるお家をリフォームしたい、という方もいらっしゃいますが、ほとんどは中古物件をご購入後、目に見えるところをきれいにし、住みやすくしたいという方です。施行をしてきた経験を生かしてアドバイスしていますので、リフォームのご要望も気軽にご相談いただければと思います。

イイタン一問一答

出身地は

京都府の出身です。

現在の住まいは

兵庫県宝塚市です。

好きな駅は

阪急神戸線の武庫之荘駅です。入社してからずっと武庫之荘の駅の近くで勤務しているため、毎日見ている愛着のある駅です。

不動産業界の楽しさとは

お家は基本的に、それぞれのお客さまに必要なものです。しかし人生の中で購入する機会は多くありません。その大きなライフイベントに関わることができることが、不動産業界で働く喜びだと考えています。

尊敬している人は

特定の人はいませんが、なにか選択をするとき、歴史上の偉人ならどんな選択をするだろうと考えることがあります。例えば将来を思い描くとき、坂本竜馬だったら、松下幸之助だったら、本田宗一郎ならどのようなことを考えるかなどを参考にしています。

イイタンについてどう思いますか

不動産は人生の中で大きな買い物なので、信頼している人からだからこそ、購入したいと思ってくださると考えています。イイタンは少しの待ち時間でも私という人間を知っていただく機会になると思いますし、人となりを知る上でとても良いメディアだと思います。

編集後記

「どこよりも当社で購入していただくことが、お客さまの幸せに貢献できる」と胸を張っておっしゃる石田さん。日頃からお客さまの生活を一番に考えたご提案、購入後の細やかなアフターフォローをしている担当者でないと、口にできない言葉でしょう。不動産の購入には不安や気がかりがつきものです。しかし飾らない穏やかな雰囲気を持ち、真摯にお客さまの幸せを追求する石田さんにだからこそ、不安なこともお話ししやすいと感じました。不動産の購入について、もやもやとした不安、気になること、夫婦間でも知らないことなど、石田さんと話しているうちに、これらのことが明確になっていくのではないでしょうか。不動産の購入やリフォームを検討されている方は、優しく基本的なことでも相談にのってくださる石田さんを訪ねてみてはいかがでしょうか。

取材/撮影 赤枝 加菜子/並木 郁磨

株式会社アクロスコーポレイション

石田 幸平

兵庫県尼崎市武庫之荘2-3-1 1F

06-6433-4343

c21.mukonosou@gmail.com

https://www.century-21net.co.jp

2004年

株式会社エイワーク 入社

2006年

株式会社アクロスコーポレイション 入社

Pick Up Item

いつも使っている【携帯電話・Wi-Fi】です。携帯電話にはお家の画像や資料などのデータが入っているので、外出時にもお客さまにすぐそれらを見ていただくことができるため、仕事には欠かせません。小さなパソコンとして、相棒のように使っています。

ページトップへ