iitan

MENU

家の購入を通じて、夫婦の絆が深まり
未来がもっと幸せになる時間を提供したい

株式会社アクロスコーポレイション

岡崎 忠之

株式会社アクロスコーポレイション 岡崎 忠之
  1. もっとお客さまに感動を与え
    感謝される仕事に携わりたかった
  2. 家を購入する中で
    お互いの人生について話し合う時間に一番価値がある
  3. 家族を守りたい
    その想いに応えるために、全力でした
  4. 優秀な店舗に贈られる「店舗センチュリオン」
    チームの絆を結果で証明したい

今のお仕事内容と、不動産業界に入られたきっかけを教えてください

もっとお客さまに感動を与え
感謝される仕事に携わりたかった

現在は売買担当者として、物件を探されているお客さまの接客やお問い合わせの対応、物件の紹介、契約書のチェックなどに携わっています。また、物件を持つ事業主さまの窓口として相談やお問い合わせ対応もしていますし、新築戸建てを建てる現場作りなども担当しています。甲子園口店の所長でもありますので、新入社員や部下の教育も私の重要な役割となっています。

当社にやってくる前は不動産業界とは縁もゆかりもない特殊刃物メーカーで、企業向けの営業として働いていました。その業界は競合他社がたくさんいたので、結局、選ばれるのは一番安い会社。取引先も「御社は価格が安いので選んだ」という姿勢だったので、先方からの感謝なども感じる場面も少なく、次第にその仕事にやりがいを感じなくなっていきました。いつしか「もっと大きな感動を与えて、感謝をされる仕事に携わりたいな」と思うようになり、不動産業界への転職を希望しました。

不動産業界では、家の購入という人生の中でももっとも大きい決断の一つに携わることができる点が何よりの魅力に感じました。もちろん簡単な仕事ではないでしょうが、お客さまに一生懸命貢献することで、きっと心からの感動や感謝をいただけるのではないかと考えました。また、私は尼崎市の武庫之荘という場所で生まれ育ったので、自分が培った地域の細かい知識や情報でお客さまの役に立ちたいとの思いもありました。武庫之荘が大好きなので常々、「いつかは地元に貢献したい!」と考えていたことも、不動産業界にチャレンジした理由の1つですね。

株式会社アクロスコーポレイション 岡崎 忠之

仕事に対するこだわりやモットーはありますか?

家を購入する中で
お互いの人生について話し合う時間に一番価値がある

お客さまは自分の思い描いている理想に近い家を探しにご来店されますが、私は家を購入する際の「夫婦がお互いの将来について真剣に話し合う時間」これこそが実はご家族にとって非常に重要で価値のあることだと思っていますので、ご家族で話し合える機会をなるべく多く提供することになによりもこだわっています。

私自身を振り返ると、妻とは10年間の恋愛を通じて結婚しましたが、期間と中身の濃さが比例していなかったように思うのです。10年も一緒にいれば慣れも出ますし、結婚を意識する頃には、未来について語り合うことに対して照れや恥ずかしさを感じてしまっていました。お互いそんな状態でしたので、お互いの人生について真剣に向き合って語り合ったり、考え合うことは少なかったと思います。私が担当するお客さまも、そうした夫婦は非常に多かったんです。だからこそ、家の購入を通して、お互いの未来について語らう時間を持っていただき家の購入をきっかけに家族の幸せをご夫婦で真剣に考えていただくきっかけになれば、と思っているのです。

どうやって会話を持ってもらうかというと、私の経験を悪い例として挙げて、できるだけ最初の段階で夫婦が話し合う時間を取ることの大切さをお伝えするようにしています。家を購入するほどの大きな決断は、人生の中でそう多くありません。それだけに「何のために家を買うのか」「家を買ってどんな人生を送りたいのか」というご家族の未来の話に充てる時間を少しでも多く取っていただこうと促しています。ただ単に「家を購入してハッピー」で終わるのではなく、家を買う経験によって、ご家族の未来にどれだけの付加価値をつけることができるのかをしっかりと話し合ってもらう。そうした話し合いを幾度も重ね、お互いの未来をすり合わせて購入した家は、どんな家であっても家族に幸せをもたらしてくれるはずです。

幸せをもたらす家を購入するためには、お客さまと担当者である私の情報共有がどれだけ濃くできているかも鍵となります。そのため、お客さまが私に対して安心して何でも話していただけるような場や関係性づくりも非常に大事にしています。私の担当するお客さまは子持ちのファミリー層が多いのですが、私自身が3人の子どもを育てる父親でもありますので、子育ての苦労話であったり、子持ちのファミリー層ならではの家選びのポイントなどもお伝えし、共感していただきながらも不安を解消できるように努めています。

いつもお客さまとお話ししていると、ひょんな話から具体的な悩みが出てきたりするものなんですよね。お客さまの中で言葉にならないぼんやりした不安を具体化させ、それがどういう結果になれば納得した家を購入できるのかというところまで、ざっくばらんにお伝えしています。

株式会社アクロスコーポレイション 岡崎 忠之

一番印象に残っているお客さまのエピソードを教えてください

家族を守りたい
その想いに応えるために、全力でした

私がこの会社に入って1年目の時に担当させていただいたお客さまを印象強く覚えています。その方は当時40代半ばで、トラックドライバーをされていたのですが、高額だからという理由で家は購入せず、賃貸で生活し続けることを考えられていました。しかし、ある日、バイクでの通勤途中に一時は生死をさまようほどの大きな事故に巻き込まれ、命は助かったものの体に麻痺が残ってしまったそうです。その経験から「このままでは家族を守れない」「子どもに責任ある父親の姿を見せなければならない」と考えるようになり、家の購入を決意されたとお聞きしました。

しかし、事故の被害が大きかったことから長期入院・高額医療の対応などで、予想以上にお金がかかったがゆえに借金をしてしまった関係で、住宅ローンの審査がなかなか通らず、お客さまも私も苦戦していました。ただ、それでもお客さまの「家族を守りたい」という強い想いが伝わってきたので、どうにか要望通り家を購入していただきたいと、できる対策は全て実行しました。その努力が功を奏して、通常より何倍も審査期間が長引いたものの、結果的に無事、ローンを通して家を購入していただくことができました。

ローン結果をご報告をさせていただいた時も喜んでいただけたのですが、最後の引渡しの際に「岡崎さんにお願いしたから、家を買うことができた。本当にありがとう」と両手で握手をしていただきました。お客さまの目には涙が浮かんでいらっしゃって、その姿に私も思わずうるっときました。お客さま自身、購入できるかどうかわからない不安な時間を長く過ごされてきた分、涙が出るほどの大きな喜びと感謝を感じていただけたのだと思います。私自身、最初の案件で不動産業界に入った理由のひとつである「お客さまに大きな感動を与え、感謝される仕事がしたい」という思いを叶えることができ、改めてこの仕事ができてよかったな、と感じた瞬間でもありました。

株式会社アクロスコーポレイション 岡崎 忠之

今後の目標についてお聞かせください

優秀な店舗に贈られる「店舗センチュリオン」
チームの絆を結果で証明したい

弊社のブランドでもある「センチュリー21」には、優秀な人材や店舗に贈られる「センチュリオン」という称号があるのですが、それを店舗の全員で取りにいきたいと思っています。この称号は個人・店舗の売り上げによって与えられるもの。数ある不動産会社の中からお客さまに選んでいただいて、貢献できた証拠にもなりますし、なんといっても店舗として箔もつきますよね。以前は部下にお客さまを優先的に振り分けていましたが、現在は私自身が率先してお客さまとの関わりを増やしていった結果、個人センチュリオンをいただくことができました。そして今度はこれを「店舗」というチームで狙いたいと思っています。

そのためには、私自身も現場担当者として、誰よりもお客さまに貢献して率先して結果を出し続けることで部下に背中を見せていこうと考えています。同時に、もっと部下と親密なコミュニケーションを交わし、深い関係性を作ることが必要だとも感じています。普段から会議の場を増やしたりしていますし、プライベートも含めてみんなで遊びに出かけるなど、他の店舗よりスタッフ同士の関係性や絆は深いと自負しています。「店舗センチュリオン」という1つの成果を手にすることで、この甲子園口店のメンバーが公私ともに心から信頼し合える最高のチームだということを証明したいですね。

イイタン一問一答

出身は

兵庫県尼崎市です。

現在のお住まいは

出身地と同じく、兵庫県尼崎市です。

好きな駅は

甲子園口駅です。大阪にも神戸にも近く、閑静な住宅街で利便性にも優れていますし、また人気の学校区ということもあり転勤族の方も多くおられるので、不動産担当者としていろいろな人の人生に触れられるところが魅力的ですね。

不動産業界に入ったきっかけは

もともとは特殊刃物メーカーに勤務していましたが、お客さまの喜ばれる顔を見ながら仕事がしたいと思い、不動産業界にチャレンジしました。

不動産業界の楽しさとは

この仕事はたくさんの人と出会え、たくさんの人の笑顔と感謝を得ることができそして人の人生に深く携われる仕事なんです。そして自分自身の可能性と未来を広げてくれるこの仕事は私の天職だと思っています。

尊敬している人は

弊社の社長です。もう入社して17年になりますが、未だに私のことを気にかけてくださり、いろいろな気づきを頂いたり伸ばそうとしてくださります。そうした姿勢に、愛を感じながら仕事をさせていただいています。

イイタンについてどう思いますか

お客さまと関わりがある中で、必ずと言っていいほど自分の話をする場面がありますが、その時のツールとして非常に使えそうだと期待しています。特に想いの部分などは、なかなかお話しする機会がありませんからね。お客さまに、私自身が日々どのようなことを考えながらお客さまと接しているのかを、私がいないところでも伝えてくれる、素敵な媒体だと思っています。

編集後記

穏やかなお人柄と優しい笑顔が特徴的な岡崎さん。「家を購入する際の話し合いの場は、夫婦がお互いと向き合える数少ない幸せな時間だ」とおっしゃった際の表情は、まさに幸せの最中にいるお客さまを思い浮かべ、ご自身も幸せを感じられているような優しい印象でした。長らく尼崎という地に住んでいるからこそ熟知している知識を駆使し、住む人の幸せを叶える家を日々提案している岡崎さんに担当いただければ、きっと素敵なマイホームを購入できること、間違いありませんよ。まずは一度、お気軽にご相談してみてくださいね。

取材/撮影 近藤 裕也/並木 郁磨

株式会社アクロスコーポレイション

岡崎 忠之

兵庫県西宮市甲子園口3丁目15-12

0798-65-9977

c21.koushien@gmail.com

https://www.century-21net.co.jp

2001年

武庫之荘店にて賃貸不動産を担当

2002年

同店にて不動産売買を担当

2006年

甲子園口店にて所長に就任

Pick Up Item

【生涯ライフプランシート】お客さまが今おいくつで、お子様が何人いて、収入はどれくらいあって、この先どれくらいのお金がかかるのか、お客さまの“現在地”と“将来”を把握するために使用するシートです。お金のことや人生のことはアバウトに想像で考えることもできますが、具体的に数値化し、可視化しなければ腹落ちできないことがたくさんあります。私たちが口八丁手八丁に説明するのではなく、お客さまが実際に自分の現状に気づくためには、こうした具体的な数値を見ていただくことは必要ですね。

ページトップへ