iitan

MENU

震災の経験から、不動産を一生の仕事に
人が生きていく上で大切な仕事だと思っています

株式会社アクロスコーポレイション

芝 政⾏

株式会社アクロスコーポレイション 芝 政⾏
  1. 阪神・淡路大震災を経験して
    一生不動産をやっていこうと決めた
  2. 賃貸、売買と担当し、店舗の所長に
    お客さまに安心してもらえる関係づくりを重視
  3. 部下に声を掛けられたら必ず手を止める
    普段から社員間で話しやすい空気をつくる
  4. お客さまに喜んでいただくために
    一日一日をしっかり積み上げる

今の会社に入ったきっかけは?

阪神・淡路大震災を経験して
一生不動産をやっていこうと決めた

大学卒業後、最初はシステムエンジニアをしていたんですが、「これが本当にやりたいことだろうか」と疑問に思い、3ヵ月で辞めました。そのあと2ヵ月考えた末、ある不動産会社に就職しました。実家が賃貸業を営んでいたこともあり、家が好きだという気持ちがあったのがその理由です。この不動産会社では賃貸営業として働きました。社会人の厳しさを学び、勉強になりましたよ。

その会社にいたとき、忘れられない出来事がありました。平成7年の阪神・淡路大震災です。当時、私は兵庫県夙川の営業所で勤務していました。営業所の周りも被災しましたが、3週間後になんとか、店を開けて営業を再開。あの時にいらしたお客さまのことは、よく覚えています。スリッパと靴を片方ずつに履いていたり、血がにじんだ包帯を巻いていたり。ご自宅が被災して、体育館に避難されている方が、避難生活のストレスに耐え切れず、「なんでもいいから空いている部屋に住みたい」という状態でした。

たくさんの方が来店されましたが、被災した建物が多かったことから、紹介できる物件は常に足りていませんでした。お店を開けて売り切れたら閉店、という日が続きました。知っている家主さんが亡くなったりもしましたから、物件が少ないのは無理もありません。お客さまもようやく見つけた狭いワンルームに家族全員で入られたり、賃料40万円の家に、知り合いの家族と折半で入居されたりしていました。

あの当時、半年ぐらいは寝る間も惜しんで働きました。忙しいのもありましたし、交通も復旧していなかったので住んでいた尼崎から西宮まで出るのに1時間かかっていました。帰宅が深夜の2時ぐらいになったことも。でも、その時に「不動産は人が生きていく上で、本当に大切な仕事だ」と実感し、この仕事を一生やっていこうと決めました。

そんなときに、ちょうど今の会社の会長から「独立して不動産の会社をやるから、一緒に来ないか」と声を掛けられたんです。ですから、会社が出来るのと同じタイミングで、アクロスグループに入社しました。

株式会社アクロスコーポレイション 芝 政⾏

現在どんなお仕事をしていますか?

賃貸、売買と担当し、店舗の所長に
お客さまに安心してもらえる関係づくりを重視

今の会社に入ってからも、最初は賃貸を担当していましたが、その後は売買に異動し、現在は西宮北口南店の所長を任されています。私自身、物件を紹介するときは、まずお客さまの話をしっかりと聞くように心掛けています。

来店される方は、はじめ少し緊張していることが多いです。「強引に買わされるんじゃないか」と不安に思う反面、「良い会社や担当者に出会いたい」「良い物件を選びたい」との期待も持たれています。そんな中でお客さまに信頼していただくために、いきなりお客さまの話を聞くのではなく、「私のことを少し話してもいいですか?」と前置きして、自分の話をしたりしています。といっても、他愛のない話です。趣味だったり、飼っている犬の話だったり、出身地についてだったり。もしお客さまと共通の話題があれば、そこを深く話して、私の人となりを知っていただき、安心してもらえるようにします。

営業担当者がどんな人間かを知っていただかないと、お客さまのライフプランを伺ったり、私からプロとしてのアドバイスをさせていただくということが、なかなかできないんです。「芝という人間だから任せたい」という信頼関係が必要なのです。単に家を売るのだけではなく、人として深く関わらせてもらった方が、良い物件を提案できるのは間違いありません。

お客さまの考えがまとまっていなかったり、夫婦で希望が合っていなかったりするときは、私の今までの経験からさまざまな選択肢を提案します。私という第三者を間に挟んで話してもらった方が、冷静に話し合いができるんですよね。

株式会社アクロスコーポレイション 芝 政⾏

仕事で心掛けていることはありますか?

部下に声を掛けられたら必ず手を止める
普段から社員間で話しやすい空気をつくる

一番は、自分に余裕を持つことです。スケジュールの調整や体調管理など、仕事に行くまでの準備が大切だと思っています。自分自身の生活サイクルがしっかり整っていれば、目の前のお客さまや部下の問題を、冷静に見られると思っています。

何か作業をしていても、部下から相談されたら絶対に手を止めて聞くようにもしているんですよ。部下は困っているから、わざわざ声を掛けてくるので。そこはちゃんと向き合って、話を聞かなければと思っています。

部下がお客さまと話しているときの温度感や、空気感も見ています。部下たちは全員が「目の前のお客さまを良くしたい」と思ってはいますが、一人の力では限界があるもの。だからこそ、どうすればより良くお客さまをサポートできるかを、ベテランの立場からアドバイスするのが大切だと思っています。

そのために、日頃から部下とは話しやすい人間関係をつくっています。同じ営業として、私の経験で役に立つことがあればシェアしたいですし、部下にはそういう風に上司を使ってほしい。これを義務で「何かあったら報告しなさい」と言ってしまうと、本当に正しい情報が来ないんですよ。なので、普段から些細なことでも話しやすい空気づくりをすることが、すごく大切だと思いますね。

株式会社アクロスコーポレイション 芝 政⾏

仕事のやりがいは?

お客さまに喜んでいただくために
一日一日をしっかり積み上げる

やはり、お客さまに「ありがとう」と言ってもらえることですね。家を買うのって、本当にお金がかかるんですよ。我々がいただく仲介手数料だけでも、100万~200万円と高額です。それなのに、感謝までしていただける。そのためにも、プロとして知識をしっかり持つことは当然ですし、「目の前のお客さまの幸せを考える」という会社の理念に沿って行動しています。

昔は、不動産屋のイメージって、あまり良くなかったと思うんです。でも、アクロスグループは「お客さま第一」の理念が社員にしっかり根付いています。だからこそ、「ありがとう」と言ってもらえる営業になれる。人から感謝していただける、良い仕事だというのを若い社員にしっかりと伝えていきたいです。今も、一日一日、その積み上げをしながら仕事をしています。

イイタン一問一答

出身地は

尼崎です。

現在の住まいは

伊丹です。

好きな駅は

塚口ですね。地元の駅で、昔から利用しています。今でもよく行くお店がありますし。駅前は下町っぽい雰囲気ですが、少し駅を離れると、住宅街があって生活しやすい場所だと思います。

不動産業界に入ったきっかけは

実家が賃貸業をしていて、家が好きだったからです。

不動産業界の楽しさとは

普段出会えないような方と、世代や職業問わず、深い話ができるところです。

尊敬している人

京セラ創業者の稲盛和夫さんです。一代で京セラを築かれた方で、その過程も好きですし、経営判断もすごいと思います。とくに、「人を大事にしている」部分に共感しています。

イイタンについてどのように思われますか

今までお客さまに自己プロフィールや会社の冊子で自分のことを紹介していたので、そのアイテムが増えて良いと思います。

編集後記

芝さんは、会社の創業メンバーという大ベテランでありながら、話しやすい、優しい雰囲気の方でした。「今でも忘れられない」という阪神・淡路大震災当時のお話しは、聞いているこちらも胸が熱くなりました。お客さまにとっても、自分の部下にとっても、話しやすい雰囲気づくりを心掛けている芝さん。動物好きで、お家ではミニチュアダックスフンドを飼われているとか。ペットのいるお客さまとは、よく話が盛り上がるそうですよ。「家の大切さ」を誰よりも知っている芝さんになら、大事な人生のプランも、安心して相談できると思いました。

取材/撮影 ヒトミ・クバーナ/並木 郁磨

株式会社アクロスコーポレイション

芝 政⾏

兵庫県西宮市高松町11-8

0798-66-5555

c21gardenz@gmail.com

https://www.century-21net.co.jp

1992年

株式会社タケツーエステート 入社

1994年

株式会社アクロスコーポレイション ⼊社

Pick Up Item

【手帳】スケジュールや、毎週の勉強会で会長が話した言葉をメモしています。他にも、テレビのCMで耳に残ったキャッチフレーズを書き留めて、お客さまとの会話の中で使ったりもしています。

ページトップへ