iitan

MENU

長年にわたって“売り主”として仕事してきた
経験と実績をもとに、インベイックスの建てる
住宅の価値をさらに高めていきたい

インベイックス株式会社

岩﨑 博

インベイックス株式会社 岩﨑 博
  1. 高校卒業してからアメリカに語学留学
    帰国後に先輩の勧めで不動産の道へ進む
  2. 土地を買う以前の段階から、企画をする
    それがインベイックスのスタイル
  3. 住宅づくりにこだわる真摯な姿勢と
    働きやすい職場環境に魅かれるものがあった
  4. 相手の立場に立って物事を考えて
    win-winの関係を築き上げていく

これまでの経歴を教えてください

高校卒業してからアメリカに語学留学
帰国後に先輩の勧めで不動産の道へ進む

生まれも育ちも西東京市で、高校も都内の学校を卒業したのですが、英語が話せると将来、自分の幅が広がると思っていたこともあって、近所の英会話スクールに長く通っていました。そのときの縁で、高校卒業後の1年間、アメリカのノースカロライナ州に語学留学。ホームステイ先が文字通りのアメリカの田舎で、隣の家まで1kmもあるような場所だったのですが、異文化の中で過ごした1年間は自分の見識を広げる意味でも貴重な時間となりました。語学に関しても普通の英会話ならば問題なくできるようになっており、今も海外旅行に行くときなどには重宝しています。

帰国してしばらく経った後、アルバイトをしたのが後に某焼肉飲食チェーン店を作った敏腕社長が経営していた不動産会社でした。次第に不動産も面白そうだな、と考えるようになった頃、学生時代の先輩が「不動産は賃貸住宅もあれば、山林やリゾートなど幅広い仕事があっても面白いよ」とアドバイスしてくれたのがきっかけとなり、都内の仲介不動産会社で販売業務に携わることになりました。

今でこそインターネット等の発達で、お客さまも自分で情報を獲得できるようになりましたが、当時は不動産業に対する理解がなかなか得られず、毎回のように「仲介手数料とはなんぞや」というレベルから解説をしていくほかありませんでした。その中で心掛けていたのは、お客さまには決して嘘をつかないということ。一つひとつ丁寧に説明をしていくことで、お客さまに対して真摯に向き合うという今に至る基本姿勢がそこで培われました。

最初の会社では既に存在する物件を販売するのみでしたが、モノを作る立場、企画する立場はもっと楽しいのではないかと考え、2社目ではインベイックスと同じ“売り主”に就職しました。以降は一貫して売り主としてキャリアを積んできています。ちなみに語学を仕事に使う気はありませんでしたが、海外の建材会社の視察があった際には私が出張に出かけるなど、英語力が生かせる場面は不動産業界でも少なからず存在していました。

インベイックス株式会社 岩﨑 博

現在の仕事内容を教えてください

土地を買う以前の段階から、企画をする
それがインベイックスのスタイル

自社物件を建てる必要がある売り主の営業は、土地の仕入れからかかわっていきます。地域の不動産会社などから得た情報をもとに、土地を売りたいニーズのある地主と交渉をして、買い取りが成立したら物件を企画して、仲介業者ともに販売を行っていく。それが大まかな仕事の流れとなります。

インベイックスの場合、闇雲に土地だけを買うことはしません。代表の齊藤のこだわりで、土地を買う前に“企画”をきちんと立てることに力を注いでいます。そこにどんな建物を、どんな間取りで、何棟建てるのか――その土地に住む人に待ち受けている新しい暮らしを、土地を買う以前の段階から理詰めで決定しているからこそ、お客さまに興味を持っていただける価値ある住宅を作り上げることができているのです。自分で設計するわけではないですが、多少なりともCADが触れるレベルでないと企画を提案できないというのが、当社で働く難しさであり、面白みであると思っています。

売り主の仕事は、年々、難しくなってきているとの実感を得ています。デジタル化が進んだことで、物件の情報が多くの人に広がるようになったことで、仕入れをするにしても目の前の担当者との人間関係だけでは勝負できないところが出てきてしまっているのです。販売面でも同様で、お客さまがインターネットを介して情報を知っている分、物件を見る目も非常に厳しくなっています。昔は土地があれば売れていた時代もあったのですが、今は「建ててみないとわからない」と完成品を見てから購入するというケースが増えています。

だからこそ、当社では安全面でも、デザイン面でも質のいい建物を作ることで、信頼を集めようとしているのです。得てして、悪い評判は早く広がるものですが、良い評判はなかなか広がっていきません。時間をかけて、諦めず地道に自社物件のよさをアピールし続けるのが大切なのだと思っています。

インベイックス株式会社 岩﨑 博

インベイックスに入社をした理由は?

住宅づくりにこだわる真摯な姿勢と
働きやすい職場環境に魅かれるものがあった

前の会社の後輩が齊藤代表と知り合いだったのが入社したきっかけとなりました。先程から話しているように、私は売り主としての仕事に従事してきましたが、インベイックスでは制震・耐震・免震にこだわった住宅づくりを通して、他社との差別化を図っています。その点には、この業界で長く働いている身としては、心魅かれるものがありました。

会社の雰囲気の良さにも共感するものがありました。齊藤代表自身、お客さまや関係会社はもちろん、従業員にとって働きやすい環境づくりに取り組んでおり、業務上の評価にしても、ワークライフバランスにしても、これまで所属したどの会社よりも整っていると感じています。実際、業務時間は9時半から18時半までときっちり決まっており、残業はありません。

業務時間が効率化できているのは、IT化が推進されているからでしょう。全員にノートPCと業務用スマートフォンが支給されており、必要なデータはクラウドに収められています。ちょっとした手続きをするためだけに出先から帰社しなくてはならないといった事態は、ありません。レスポンス良く業務に対応することを心掛け、通常であれば、会社に行ってから現場を見に行かなければいけない業務なども、時間の有効活用を考慮して直行したりもしています。

インベイックス株式会社 岩﨑 博

仕事の中で心掛けていることは?

相手の立場に立って物事を考えて
win-winの関係を築き上げていく

私どもの場合、販売するといっても、直接、個人のお客さまと向き合うわけではなく、間に入る仲介業者に力を借りるということになります。モノの良さは大きなセールスポイントではありますが、販売の最前線に立つ人にとっては、他の要素なども気にしていきたいというのは十分に理解できますので、まずは相手の立場に立ってモノを見るという姿勢が、円滑な仕事を実現するには欠かせない要素だと実感しています。自社の利益のみならず、相手先の利益も考えて、どうすればお互いにwin-winでいられるか。その着地点を見つけるのが私の使命なのです。

今後、当社でさらに営業として活躍していくには、そうしたコミュニケーション面を磨き上げていかなくてはなりません。また、プランの企画力に力を注いでいる会社ですから、設計に関する知識も高めたいと考えています。今さら公的資格を取るつもりはありませんが、外部の学校に通えば知見が広がると思いますので、これから勉強する時間を作っていこうと計画しています。幸いにも当社の場合、自分の時間が取りやすい勤務体系ですから、学び続けるには絶好の環境が整っているのが嬉しいところです。

イイタン一問一答

出身は

東京都西東京市。昔の保谷市です。

現在のお住まいは

同じく西東京市ですが、昔でいえば田無市になります。

好きな駅は

吉祥寺です。西東京市からは自転車でもバスでもアクセスできるもっとも身近な街で、買い物も遊びもいつも吉祥寺を使っていました。

不動産業界に入ったきっかけは

不動産業で働いていた先輩から、面白い業界であることを聞いて興味を抱いたのがきっかけとなりました。

不動産業界の楽しさとは

自分で仕入れた土地に、企画した住宅が建って、実際に販売されていく。売り主ならではの楽しみなりますが、その一連の流れにかかわることができる点に尽きます。

尊敬している人は

両親です。自分をここまで育ててくれた両親には、感謝の言葉しかありません。

イイタンについてどう思いますか

10年前ですと考えられなかった媒体です。時代が変わった証拠なのでしょう。“会社から人へ”ではなく、“人から会社へ”という新しい動きが、これからどんどん生まれていくことになるのでしょうね。

編集後記

インベイックスでの社歴は浅いながら、岩﨑さんは不動産業界の中でも、売り主として長きにわたるキャリアを積み上げてきた大ベテランです。土地の収集から、企画、施工、販売に至るまでのすべてのプロセスをトータルにコーディネートする総合力を駆使して、そこに住まうご家族にとって最適の住環境の実現に奔走しています。経験豊富な岩﨑さんなら困ったときに頼りになるアドバイスを送ってくれるでしょう。
そんな岩﨑さんの楽しみは、二人の小さなお子さんとの触れ合いの時間。休日になると秋川渓谷まで出かけてバーベキューを楽しんだり、近所の映画館で一緒に子ども映画を見たりして、楽しい時間を過ごしているそうです。取材でも子育て話では一番の笑顔を見せてくれました。まさに子煩悩なパパさんです。

取材/撮影 佐藤 明生/並木 郁磨

インベイックス株式会社

岩﨑 博

東京都杉並区和泉三丁目13番地17号

03-5329-5077

hiroshi.iwasaki@inbax-inc.com

http://www.inbax.co.jp

1993年

流通系不動産会社 入社

1995年

売り主である不動産会社に入社

2001年

分譲住宅の企画・設計・施工会社 入社

2018年

インベイックス株式会社 入社

Pick Up Item

【手帳・名刺入れ・スマートフォン】仕事をするためにいつも持ち歩いている三種の神器です。中でも重要なのが会社支給のスマートフォン。ちょっとした資料が必要な場合、クラウドにアクセスすればスマホからでも情報閲覧できます。社員の予定などもGoogleカレンダーで管理していますので、仕事上、欠かせないアイテムとなっています。

ページトップへ