iitan

MENU

弊社の理念や考えを浸透させ
お客さまが相談しやすい
不動産エージェントを目指す

不動産売却サポート株式会社

平山 裕一朗

不動産売却サポート株式会社 平山 裕一朗
  1. 業界へ疑問を感じ続けた日々
    求人広告に書かれた「あるメッセージ」に
    胸を打たれた
  2. お客さまの大事な「資産」だからこそ
    やりとりの主導権は常に
    お客さまに持っていただけるよう心掛ける
  3. 不動産取引を3件、同時進行
    どんなに厳しい状況でも、諦めなければ
    必ずチャンスは巡ってくる
  4. 弊社の理念を業界に浸透させ
    不動産業界自体のあり方やイメージを変えたい

「不動産売却サポート」に入社したきっかけは?

業界へ疑問を感じ続けた日々
求人広告に書かれた「あるメッセージ」に
胸を打たれた

求人広告に書かれていた、あるメッセージに胸を打たれ、応募したことがきっかけでした。

私はこの会社への入社前も、大手不動産仲介会社や、注文住宅の販売会社に勤めていた経験があったので、不動産業界にはかれこれ10年ほど携わっています。それだけ長く業界に携わると、プロとして自信を持つことができる一方で、業界ならではのあり方や考え方などに、疑問を持つことも少なくはありません。それでも、私たちは会社組織に所属している身ですので、当然求められるのは会社への貢献、つまり「売り上げ」です。自分に与えられた仕事をこなしながらも、「お客さまの幸せに寄り添った仕事ができているだろうか」と、どこか後ろめたい気持ちを抱えていた時期もありましたね。だけど今更、他の業界で活躍できる自信はない。それでも、不甲斐ない気持ちを抱えたまま、仕事をしたくない。そう思いながら、ぼんやり求人サイトを眺めていました。

そこで、たまたま目に飛び込んできたのが、弊社の求人広告でした。そこに書かれていた、「売上至上主義で、もう汚い取引をしたくない!子供に胸を張って仕事のことを言える不動産会社」というメッセージに、胸を打たれましたね。この会社であれば、私がその時に抱えていたモヤモヤを、払拭してくれるのではないか。そう期待し、応募してみると、すぐに代表・山田よりメッセージをいただきまして、面接することが決定したのです。

実際に話をしてみると、代表・山田も私と同じく、業界への疑問を抱え、新しい仕組みを作るために起業したという話を聞き、さらに共感は強くなりました。弊社の利益は、他社の不動産仲介業に比べると、仲介手数料収入は売主様からのみになり買主様・売主様の両方から仲介手数料を頂く事をはじめから考えていません。しかし、そうして会社の利益を減らしたとしても、お客さまへの貢献を最優先したい。そんな代表・山田の姿勢に共感して、入社を決意しました。

不動産売却サポート株式会社 平山 裕一朗

お客さまから一番求められているものは、何だと思いますか?

お客さまの大事な「資産」だからこそ
やりとりの主導権は常に
お客さまに持っていただけるよう心掛ける

月並みかもしれませんが、「安心感」や「信頼感」ではないでしょうか。

不動産売却とは、その名の通り、お客さまが持つ不動産をお預かりし、売却することが主な業務です。そのため、お預かりした不動産が早く高く売れると安心して頂く事が、お客さまから求められていると思われがち。しかしそれは、飲食店がおいしい料理を提供することが当然なのと同じように、不動産会社ならば、提供して当然の価値だと思っています。

それよりも、お客さまが見ているのは、「誰が」「どんな販売方法で」「どんな思いや姿勢で」不動産の売却に携わってくれるのか、ではないでしょうか。

お客さまにとって、不動産とは、人生を共にした分、思い出がたくさん詰まった大切なもの。そしてその不動産を手放す裏側には、当然、それなりの理由や背景、そして、想いがあります。それとしっかり向き合い、理解し、寄り添いながら、お客さまと一緒に望むゴールを目指せるか。それが、不動産売却の担当者に求められているものだと思います。

そうしてお客さまに寄り添った接客をするために、私からお客さまの決断を促すようなことはしないようにしています。

アメリカでの不動産業エージェントとは物件を提供する事では無くアドバイザーが主な業務になります。

私たち不動産売却の担当者は、業務上、たくさんの不動産を見ています。それゆえに、お客さまから預かる不動産も、たくさんある不動産のうちの1つと捉えてしまいがちですが、お客さまからするとそれは、もともと何百万円、何千万円とかけて購入した、大きな資産。それだけ大きな資産を手放すことになるので、お客さまの納得した価格、そしてタイミングで売却できなければ、意味がありません。だからこそ、売却の主導権は私たちではなく、常にお客さまに持っていただく。それが、お客さまに安心と信頼を寄せていただくための条件だと思っています。

不動産売却サポート株式会社 平山 裕一朗

一番印象に残っているお客さまとのエピソードを教えてください

不動産取引を3件、同時進行
どんなに厳しい状況でも、諦めなければ
必ずチャンスは巡ってくる

一気に3つの不動産取引に携わった、あるご夫婦とのエピソードが、一番心に残っています。そのご夫婦は、とある地区にある、駅徒歩1分ほどの立地がいいマンションにお住まいでした。しかし、子育てが終わり、夫婦二人で暮らすとなったときに、もう少しゆったり時間を過ごせる戸建に引っ越したいと考えられ、お住まいのマンションを売却するため、問い合わせをいただいたのです。

ただ、そのマンションはまだローンの支払いが終わっておらず、相場よりもかなり値段を上げて販売しなければ、ご夫婦がまとまったお金を手に入れられない状況でした。また、ご希望の戸建てを購入するには、マンションの売却金だけでは資金が足りないという問題も発生したので、旦那様の実家だった古い空き家も同時に売却することにしたのです。どちらも売却できて、ようやく希望の戸建の購入資金に到達する、ギリギリのライン。どちらかが売れ残ると、戸建の購入は難しいという、非常に厳しい状況にありました。

売却をスタートさせると、マンションは駅から近くだったということもあり、すぐに購入者が決まりましたが、空き家の方は少し苦戦しましたね。もともとかなり年季の入った物件でしたし、駅から近いとも言えない立地、そして事情があって、取り壊しやリノベーションも難しい状況でしたので、スムーズな売却には至りませんでした。

しかし、目の前のお客さまの幸せのために、全力で貢献したい。そんな会社の理念を思い出し、新聞広告を利用するなど、必要以上に費用がかかることであっても、私たちにできることは全て実行しました。すると、何名かの問い合わせが入り、その中にいた1組の夫婦が、「ちょうど古民家のような家に住みたかった」という理由で、空き家の購入をしてくださったのです。

こうして、2つの不動産の売却、そして購入という、3つの不動産取引を無事成功させることができました。

ご夫婦からはとても感謝をいただけましたし、私自身、会社の理念通りの対応ができたことを、非常に誇らしく感じられた瞬間でしたね。条件は厳しいとしても、諦めずに取り組むことで、必ずチャンスは巡ってくる。そんなことを、改めて教えていただけた取引でした。

不動産売却サポート株式会社 平山 裕一朗

今後の目標をお聞かせください

弊社の理念を業界に浸透させ
不動産業界自体のあり方やイメージを変えたい

弊社の考えや理念を、不動産業界に浸透させることで、不動産業界全体のあり方やイメージを変えていくことが目標ですね。

不動産業界は、まだまだお客さまからの疑いや、不安の声が少なくない業界。私はこの仕事にやりがいや誇りを持っているので、そうしたイメージを持たれることが、悔しくてなりません。だからこそ、そのイメージ払拭させたいと思い、同じ志を持ったこの会社に入社をしました。この目標は非常に大きいですし、達成するまでの道のりは遠いですが、そこに向かってできることを、一つずつ着実にこなしていきたいですね。

そのためには、これまで通り目の前のお客さまに全力で貢献し、弊社の成長・発展を叶えていくことで、業界でもっと目立った存在になる必要があると思っています。

弊社は、数ある不動産会社の中の一社にすぎません。まずは成長の過程で、もっとたくさんのお客さまや同業者から、認知される存在になりたいですね。それによって、弊社の理念やスタンスが同業者やお客さまに知れ渡れば、遠くない未来、不動産業界自体が大きく変わることにつながり、多くの方が持つ不動産業界のイメージが変わる。そう信じて、私は今日も、目の前のお客さまに全力で貢献していきますよ。

イイタン一問一答

出身地は

大阪府守口市です。

現在のお住まいは

大阪市都島区です。

好きな駅は

京阪守口市駅です。私の生まれ故郷ということもありますが、京都や大阪市内といった都会アクセスが良く、公園なども多く、環境・利便性が融合したちょうどいい街です。京阪百貨店等が駅前にあり、買い物も非常に便利というのも、おすすめポイントの1つですね。

不動産業界に入ったきっかけは

前職で店舗開発に携わる仕事をしていた中で、店舗よりも住宅の方がニーズが絶えず、一生続けていけるのでは、と感じたことが、不動産業界にチャレンジしたきっかけです。

不動産業界の楽しさとは

マンションも戸建も、1つの「不動産」と一括りにできますが、同じマンションでも、部屋が変われば仕様も変わり、住む人が変われば、そこにかかる思いや、人間模様も全然違う。同じ不動産は無く、世界でひとつの不動産になります。それに触れられることは、不動産業界ならではの楽しさですね。

尊敬している人は

松岡修造さんです。いつも元気で熱く、それが周りにいる人たちを元気にしてくれる。そうしたコンディションを、常に高いレベルで保てるところに、プロフェッショナルも感じられますね。

イイタンについて思うことは

とてもいいツールだと思います。数ある不動産会社の中から、お客さまから選んでいただくためには、信頼が大きなキーワードになります。そしてその信頼は、担当者の人柄や対応からしか生まれません。こうして、担当者をピックアップしていただけることで、お客さまにより大きな安心感を与えられるはず。そしてそれが、会社への安心感につながると思いますので、ぜひ活用していきたいですね。

編集後記

インタビューには慣れていないと、シャイな笑顔ではにかみながら、お話しをしてくださった平山さん。「この会社の理念を浸透させ、不動産業界そのものを変えていきたい」と話されているときの平山さんの目からは、お客さまへのさらなる貢献にコミットしたいという、力強い思いを感じることができました。担当者が思う最善ではなく、お客さまが望む最善を考慮して、成果にコミットしたい。そんな風に考えられている平山さんに、あなたの不動産の売却を担当いただければ、きっと理想に一番近い売却を実現できるはず。ぜひ一度、ご相談してみてくださいね。

取材/撮影 近藤 裕也/瓦 英子

不動産売却サポート株式会社

平山 裕一朗

大阪府大阪市中央区瓦町3-3-16 OWL瓦町ビル3階

06-6484-7000

hirayama@e-baikyaku.jp

http://e-baikyaku.jp

2002年

大手アミューズメント会社

2008年

大手小売流通会社

2008年

大手不動産仲介会社

2014年

請負住宅販売会社

2018年

不動産売却サポート 入社

Pick Up Item

【モバイルPC】数ある同業者の中から、お客さまに自分を選んでいただくためには、お客さまとのコミュニケーションが大切です。そのため、外出先でもお客さまへの対応ができるよう、モバイルPCは持ち歩いていますね。これがあれば、資料も作れますし、社内にしかないデータも取り寄せることができ、かつお客さまへメッセージの返信もお送りすることができます。もちろんスマートフォンでも、同じように連絡のやりとりはできますが、やはりこれくらい画面が大きい方が、使いやすくて便利ですね。

ページトップへ