オタクのような偏愛を。不動産業界はヒト軸でしか差別化出来なくなる時代がくる。

ヒトワークス株式会社

越川 直之

ヒトワークス株式会社 越川 直之
Pocket
LINEで送る

  1. アイドルから学んだ「感情価値」と「多様性」
  2. 我が道をゆく「オタク」と「変なおじさん」から感じられる人間性
  3. アイドル、読書、サッカー、犬が好きです。
  4. テクノロジーの先にあるものは人間の感情
    担当者を選ぶことから始まる不動産業

ヒトワークスの事業で大切にしていることを教えてください。

アイドルから学んだ「感情価値」と「多様性」

僕オタクなんですよ。小学4年生ぐらいから「2ちゃんねる」とか見ていましたし、当時10歳ぐらいでしたが、インターネットを通じて顔も名前も知らない方とチャットで会話していました。

今のSNSとは違って誹謗中傷も少なく、マイノリティの人達が唯一認められる空間がネットにはありました。顔も名前も知らないからこそ「素直」な感情を表現することができて子供ながらにハマってました。
元々学校特有の「皆んな一緒」の考え方が苦手で、同級生と話していても心から楽しい時がなかったんですよ。学校行事に対してもヤル気がなく女子に怒られてました。笑

高校生の時にAKB48を知り、そこからアイドルにハマっていきます。指原莉乃さんという存在を知り、沢山の事を学びました。

昭和の時代のアイドルと平成の時代のアイドルって全く異なるんですよね。
昭和のアイドルといえば松田聖子さんや小泉今日子さんがいますが、お二人とも所謂「国民的アイドル」です。しかし平成のアイドルで「国民的アイドル」を名乗れる人はいません。
何故ならインターネットによって情報量が爆発的に増え、テレビ以外からも情報を得るようになり、価値が多様化したからです。

「最近のアイドルって美人でもないし、歌も下手だし、ダンスもうまくないし、演技もうまくない。何が魅力なの?」と疑問に思う方は多いですが、現代のアイドルの本質的な価値はドキュメンタリー性と物語性です。

表面的な「機能的価値」よりも「感情的価値」に比重を置いているんです。
ネットで誹謗中傷されることは100も承知で、顔が美人じゃなくても、歌が下手でも、自分の夢であるアイドルを全うする姿勢に感情を揺さぶられるんですよね。「アイドル」とは生き方そのものなんです。
そして何に感情が揺れるかは人それぞれ全く異なります。だからこそ多様なアイドルが存在し、多様なファンが存在するんです。

こうした感情的な価値というものが、今後あらゆるサービスの中心になっていくと思います。
テクノロジーの発展は急速なペースで進んでおり、生活はどんどん便利になっています。サービスの質は向上し、そして均一化されていくはずです。

だからこそ、一人一人が持つ感情というものがあらゆるサービスの付加価値となるんです。
ヒトワークスではそれぞれ独自の感情にフォーカスして大切にしていきたいですね。

ヒトワークス株式会社 越川 直之

どのような人に魅力を感じますか?

我が道をゆく「オタク」と「変なおじさん」から感じられる人間性

僕は、基本的にモノに対する欲求が殆どないんですよ。物欲も無いですし、美味しい料理を食べたいといった欲もありません。ヒトが持つ「感情」や「価値観」といった内在的なことにしか興味がないと言ってもいいかもしれません。自宅もスカスカですし、毎日コンビニで同じものを食べてます。

両親の影響が大きいですね。僕の家は、金銭的にゆとりのある家庭ではありませんでした。
両親は、子どもを育てるために身を削り、自分自身に贅沢は一切せずに、愛情を持って育ててくれました。そのような環境で両親の背中を見て育ったので、幼い頃から漠然とですが「物事の本質的な価値とはなんなのか」とずっと考えていたんです。

小学校の時、従兄弟から貰ったピアニカを使っていたので僕だけ同級生の皆んなと色が違かったんです。こういう事が何度かありました。最初は自分だけ皆んなと違う事に凄く違和感を感じて恥ずかしかったんですが、徐々に慣れていき、最終的には「皆んな一緒」はつまらないと感じるようになりました。

テレビが情報の中心で、見てるものが一緒なので、皆んな同じような事にしか興味がないし、話さないんですよね。結果、皆んなと違うと浮くんですよ。これが一番ダメですね。僕に子供ができたら学校には行かなくても良いと伝えますね。

だからこそオタクが面白いんですよ。
他人の目なんて気にせずに勝手に熱中して、思いが強すぎるあまり早口になっているところが。世間の常識ではなく、自分の中の常識で生きているんです。
とは言っても人間なので、人の目は多少気にするんですよ。オタクってネガティブなイメージがあるし、危ない人って思う人も少なくないじゃないですか。世間とのギャップに悩み、劣等感を抱えながらも、自分が面白いものに熱中するって素敵な事だと思います。

僕が基本的に会社で仲良くなる人って皆んなに煙たがられている変わった人なんですよね。
空気を読まずに意見を発したり、頑固で自分の意見を曲げられない人です。そういえば70歳ぐらいの独り身のおじさんと一緒に年越しした年もありました。

自分の感情を押し殺し、他人に合わせている人より、全ての行動に素直な感情が伴った人間らしい人が好きなんです。
ワガママに生きているんで、ウソがないんですよ。「皆んな考え方は違う」という前提で生きているので、意見が違くてもケンカになったりしないんですよ。共感を求めてないですし、違う方が学ぶ事もあって楽しいです。

100人中1人が好きって言ってくれたら、日本だけでも100万人近く好きだと思ってくれる人がいるんですよ。
狭いコミュニティの中の常識に縛られず、素直に生きている人の方が幸せだと思いますね。

ヒトワークス株式会社 越川 直之

趣味はなんですか?

アイドル、読書、サッカー、犬が好きです。

アイドルは乃木坂46さんや、BiSHさん、でんぱ組さんが好きです。可愛いとか曲が良いとかは、後付けなんですよね。
ネットがこれだけ普及して沢山の方にリーチできるようになりましたが、同時に誹謗中傷の量も多く、本人に直接、届くようになってしまいました。 テレビに出るまでは収入も少なく、激務で過呼吸になっている方もいました。労働環境は最悪でも辞めずに自分の夢に向かって努力している姿勢に感情を動かされます。アイドルという職業を僕は尊敬しています。

読書に関しては、子供の頃から少年ジャンプが好きで漫画を読んでたんです。
24歳頃にホリエモンの本を読んでから色んなジャンルの本を読むようになりました。ビジネス書や小説、伝記など。戦後の日本を描いたものが好きです。
読書によって非現実的な理想を描けるんですよね。想像の世界ですし、何をどう解釈しようが自由です。考える力や、言葉にする力、色んなことを学べますね。

唯一今でも読んでる漫画があって「ワンピース」は毎週欠かさず読んでます。ワンピースって深く読み解くと、日本の歴史や海外の歴史と紐づいているんですよ。伏線も沢山あって、正確にストーリーを理解するのは難しいと思います。これだけ毎週考えさせらる漫画は無いですね。

ずっとオタクっぽい話をしてきましたけど、僕小学2年生から高校生までサッカーをやってたんですよ。
今でも海外サッカーは見てますし、ずっと好きですね。なんで好きかは自分でもわからないですけど、好きなんです。理屈じゃ伝えられないことって大事ですよね。

犬も好きです。別れが寂しくなるのがわかっているので飼ったりはしません。完全に見る専門ですね。おとなしい犬が好きです。

ヒトワークス株式会社 越川 直之

ヒトワークスが思い描くビジョンを教えてください

テクノロジーの先にあるものは人間の感情
担当者を選ぶことから始まる不動産業

ヒトワークスは、不動産業界で働く担当者への取材、撮影等を通して、担当者個人を表現するサポートをしています。

不動産業界は独自のシステムを使い、業界全体で同じ物件情報を共有しています。
そんな「物件情報」というモノを価値としてポータルサイトに掲載し集客しているんです。全不動産会社が提供できるんで、同じ物件情報が色んな会社から掲載されています。部屋の写真を明るく編集して、綺麗に見せても、結局提供されるものは、どこの不動産会社から問い合わせをしようが同じです。

コカ・コーラが飲みたいとします。
セブンイレブンでもローソンでもファミリーマートでもスーパーに行っても、どこに行ってもコーラの味は変わらないですよね?ポータルサイトに掲載されている物件情報なんて、殆ど価値はありません。どこに行っても一緒です。どこにでも置いてあるコカ・コーラがあるよー!と広告費用を払って宣伝してるようなものです。

では現在、不動産会社が差別化できる価値は何かと言うと「契約」の部分です。
お問い合わせ〜契約後までが価値です。不動産とコーラの違う点は、別の人がコーラを購入したとしても、数が沢山あるので、自分も購入できますが、不動産に関しては同じ物件というものはこの世に存在しないんです。別の人が契約したら無くなります。
だからこそ契約に至るまでの流れが如何にスムーズであるか、類似物件を正しく把握し、適切な情報を伝えられかという部分が差別化できる部分です。

この部分に関しては会社というより「担当者」によって様々です。
経験年数も違いますし、感情的な部分で「お客様のために頑張りたい」という熱い思いを持った方も居れば、逆も然りで、売上のために平気でウソをつくような方も存在します。なので、お問い合わせの段階からある程度見分けられるような仕組みを設計すべく、ヒトワークスは担当者の差別化という部分に取り組んでいます。

良い営業担当者って「紹介」が多いんですよね。
「紹介」が一番成約率も高いし、広告費用もかからないし、どこの不動産会社も紹介は増やしたいと考えていると思います。良い営業担当者が提供しているものは「感情的価値」です。 良い奴だから。頑張っているから。面白いから。その人独自が持つ、個性に感情を動かされると紹介したくなるものなんですよね。

今後はテクノロジーがより発展し、契約は電子契約化が進み、シンプルになりますし、類似物件や相場などはAIが正しく、適切な情報を瞬時に提供できるようになります。サービスが均一化されるので、もはや人間の感情でしか差別化できません。
お客様の為を思って仕事をすれば、必ず感謝されるはずです。お客様からのありがとうが一番の仕事のモチベーションとなります。「お客様からのありがとう」を大切にできる担当者が報われる業界にしたいですね。

イイタン一問一答

ご出身は

茨城県です。「き」でも「ぎ」でもどっちでも良いです

現在のお住まいは

東京都中央区。移動が多いので東京駅に近いと便利なんですよ

不動産業界に入ったきっかけは

新宿にいた怪しい占い師に不動産業界で成功する。と言われたのがキッカケです。当時やりたいことなんてわからなかったし、何でも良かったんです笑

好きな料理は

唐揚げ、ハンバーグ、つけ麺、ざる蕎麦、寿司

尊敬する人は

株式会社幻冬舎 代表取締役社長 見城徹さん

イイタンをどのようなモノにしていきたいですか

沢山の方の素直な感情が我儘に表現されたものを作りたいですね

編集後記

とても物静かで落ち着いた印象ですが、お話を伺うと、実は芯のある、強い意志を持っている人なんだな、と感じました。プログラミングやデータ解析も得意で、これまでとはまた違った視点からイイタンを盛り上げてくれる、心強い人材です。越川さんが加わったイイタンの、さらに新しい展開が今から楽しみです。実はアイドルが好きで、乃木坂46のファンという越川さん。とっても人間くさい人なのかもしれませんね。

取材/撮影 並木 郁磨

Pocket
LINEで送る

ヒトワークス株式会社

越川 直之

東京都千代田区九段北1-2-11 エイム東京九段ビル3F

03-6261-2300

naoyuki.k@hitoworks.co.jp

https://hitoworks.co.jp/

2015年6月

東京都の不動産会社に入社。仲介、管理業務を行う

2018年7月

フリーランスとして活動

2018年11月

東京都の不動産会社に入社。経営企画・広告業務を行う

2019年7月

ヒトワークス株式会社に入社

Pick Up Item

【iPhone】 何をするにしてもiPhoneが必須です。無かったら仕事が成り立ちませんね。

 
不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
     

同じ会社(グループ会社)の担当者(エージェント)

ページトップへ