iitan

MENU

AI化が進んでも、人と人とのコミュニケーションを大切にしたい
「役に立ちたい」という想いが突き動かす間取り図の営業とは

グッドモーニング・コミュニケーション株式会社

筒井 裕

グッドモーニング・コミュニケーション株式会社 筒井 裕
  1. 潜在ニーズを緻密に考え、お客さまにとってベストなご提案を
  2. サービスのクオリティが原動力。必ず良いものをご提供できる自信があります
  3. あえて、ダイレクトなコミュニケーションを大切にしています
  4. やはり、ご提案したデザインが採用され、気に入っていただけたとき

仕事をする上で大切にしていることは何ですか。

潜在ニーズを緻密に考え、お客さまにとってベストなご提案を

一言で表すと、「お客さまのお役に立ちたい」ということに尽きます。間取り図は不動産仲介会社さんの事務の方や営業担当者の方が作成していることも多く、私たちの目線で見ると手作り感が否めない間取り図が出来上がっていることが多々あります。実際に営業担当者の方が間取り図を作成している場合は、本来の営業活動に時間を割きたいでしょうし、間取り図を作るためだけに残業されているケースも少なくありません。その時に私たちを気軽に活用していただきたいと考えています。そのためにまずは営業に伺う会社様の下調べを綿密に行い、潜在するニーズをイメージした上で営業するようにしています。そして営業先の会社様の担当者の方の貴重なお時間をいただいているため、弊社の強み・弱みを簡潔にお伝えし、興味を持っていただけるか、お役に立てるかを真摯に考え、ベストな方法をご提案するようにしています。

筒井さんの営業担当者としての強みは何ですか?

サービスのクオリティが原動力。必ず良いものをご提供できる自信があります

実は私は、あまり自信があるタイプではありません。そして嘘をつくのも苦手です。しかし弊社の間取り図作成サービスには自信があり、納期も早く、精度が高いことを自負しているので、自信を持って営業ができていると思います。お客さまが現在利用されているものよりも、必ず良いものをご提供できる、という自信があるからこそ、飛び込み営業もためらうことなくできるのだと思います。そして実際に飛び込み営業で受注し、お客さまから「今までよりも格段に納期が早い」「精度が高くて見た目も綺麗」という生の声をいただくと、より自社のサービスへの自信が生まれます。感謝していただける仕事ができていることは、率直に嬉しいですね。

接客する上で大切にしていることはありますか?

あえて、ダイレクトなコミュニケーションを大切にしています

同業他社様の中には、「ご要望や要件があれば、電話でなくメールしてください」ということも多いと聞いています。しかし私はいくらAI化が進んでも、やはり人間と人間のコミュニケーションが第一だと考えています。現在はHP上のチャット機能などで質問できる時代ですが、実際には聞きたい答えが返ってこなかったり、うまくコミュニケーションが取れなかったりなど、まだまだ不便さを感じることがあると思います。そのためアナログな方法かもしれませんが、直接会ってご説明したり、お会いできない場合はすぐに電話をしたりなどして、ダイレクトなコミュニケーションを取ることを大切にしています。その結果同業他社様との差別化ができ、お客さまから他の会社様をご紹介してくださることもあります。ご満足いただけていないと、紹介にまで至らないと思いますので、今後もお客さまとのコミュニケーションを大切にしていこうと考えています。そして今後ますます進む、AI化では実現し得ないサービスを提供していこうと思います。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

やはり、ご提案したデザインが採用され、気に入っていただけたとき

初めてお付き合いする会社様にデザインを任され、気に入っていただけた時にやりがいを感じます。デザインを任されるということは、ある意味「試されている」のだと思います。現状のデザインは気に入っておらず、より良いものにしたいと考えている会社様からチャンスをもらえるということは、良いサービス、良いデザインであれば、採用してもらえる可能性が高いということです。その中で私が提案したデザインが採用されて、受注に至ったときに、大きな喜びを感じます。

イイタン一問一答

出身地を教えてください

大阪府大阪市です。

現在のお住まいを教えてください。

出身地と同じ、大阪府大阪市です。

好きな駅を教えてください。

南海なんば駅です。幼い頃からなんばに行けば何でもあり、遊ぶところも豊富で、現在も息抜きする場所の中心です。10年以上慣れ親しんでいる駅です。

この業界に入ったきっかけを教えてください。

求職活動をしていた時に出会ったのが、グッドモーニング・コミュニケーションです。中でも惹かれたのが、「社長が一から立ち上げた会社なので、手取り足取り教えます」という求人に記載されていた言葉。私は当時営業経験がほとんどない状態だったので、この会社なら実力を身に着けられるかもしれない、という期待を抱きました。

仕事をする上での楽しさを教えてください。

間取り図の作成は細かい仕事で、場合によっては時間もかかる仕事です。そのため今まで作成のために苦労したり、時間がかかったりしているお客さまから、弊社を「利用してよかった」という声を聞くのが一番嬉しく、楽しさを感じる時です。

尊敬する人はいますか?

人を大切にしていたと言われる戦国武将、武田信玄です。武田信玄が本拠としていたお城は、民家に近い、見栄えもそれほどよくないお城でした。しかしそれは、自分の家臣の団結力があれば、城も、町も守れるという考えからこそ。何よりも部下を大切にするから、家臣からも大切にされた武将です。

イイタンについてどう思いますか?

自分自身を分かっていただきやすいツールだと思います。もしも私に興味を持っていただけて、より深く知りたいと思っていただいたときに、手に取りやすく、理解していただけるツールだと思います。

編集後記

営業先の会社様だけでなく、実際に物件を選ぶエンドユーザーのことまでを見据えたサービスを常に考えている筒井さん。同僚からも「尊敬する人」と言われる筒井さんは、誠実に人を思いやり、提供するサービスに自信があるからこそ信念を持って営業ができる営業担当者様です。人と人との関係性や信頼関係を大切にしているからこそ、コミュニケーションの中で様々な要望をくみ取れる方と感じました。今までデザインや納期に満足いかなかった会社様に、ぜひ筒井さんと一度お会いして欲しいと思います。

取材/撮影 赤枝 加菜子/瓦 英子

グッドモーニング・コミュニケーション株式会社

筒井 裕

大阪府大阪市中央区南本町3-2-11日幸ビル6F

06-6121-8599

tsutsui@russ.jp

https://www.monotaro.jp

2001年

飲食店経営会社 入社

2007年

人材紹介会社 入社

2009年

遊技場経営会社 入社

2016年

当社 入社

Pick Up Item

【営業ツール】いつも仕事をする時に使っている営業ツールです。間取り図はインターネット上でも見ることができますが、実際に物件を購入するお客さまは紙媒体で見ることが多いです。そのためいつも私は出力し、営業の際も紙媒体のものを仲介会社様に見ていただきたいと考えています。お部屋を選ぶ際、色々な要素がありますが、優先順位として間取りは非常に大切です。どういう間取りかを重視する方が多いからこそ、綺麗に見せたいという想いがあります。私が営業している仲介会社だけでなく、その先にお部屋を選ぶ方のことも考えたサービス提供を、今後も大切にしていこうと思います。

ページトップへ