iitan

MENU

お客さまと一緒に
住まいとライフプランを考えるコンサルタント

株式会社NENGO

手塚 千陽

株式会社NENGO 手塚 千陽

483

  1. お客さまによってお勧めできる住まいは違う
    一人ひとりの暮らしを考える
  2. 対面しなければ始まらない
    約2時間に及ぶファーストミーティングが鍵
  3. NENGOの考え方
    理念に共感いただけるお客さまのパートナーとして
  4. 手塚千陽の名前で仕事ができるように
    0から1を作れる人間になりたい

どのような仕事をしているのでしょうか?

お客さまによってお勧めできる住まいは違う
一人ひとりの暮らしを考える

中古マンションの売買、そして購入されたお部屋のリノベーションをお受けしています。私が担当しているのは、“おんぼろ不動産マーケット”です。中古マンションの魅力をお伝えする物件取材記事を見てお問い合わせいただくお客さまが多いですね。お問い合わせを頂いて一番最初にお会いする役目ですので、自分が会社の顔であるという自覚を持って対応しています。

しかし、お問い合わせいただいた物件をただご案内して、ご購入していただくわけではありません。お客さまのライフスタイルや家族構成、将来設計に合わせてその方にとって一番大切なことは何か、お客さまと一緒にこれからの暮らしについて考えていくのが私の仕事です。自分らしく暮らしていくために、リノベーションを含めたお客さまのご希望を叶える方法を一緒に模索してアドバイスしたり、社内の他の部署や業者さんとの折衝・調整もいたします。

ですから、不動産屋さんというよりも、その方らしい暮らしを考えるコンサルタントという意識が強いんです。

株式会社NENGO 手塚 千陽

ホームページからのお問い合わせでは担当者の顔が見えづらくはないですか?

対面しなければ始まらない
約2時間に及ぶファーストミーティングが鍵

お客さまとの間に信頼関係を築くことが、何よりもまず大切だと考えています。大きな買い物をするわけですから、お客さまにとって信頼の置ける担当者か、私に任せていいのかといった不安がおありでしょう。お問い合わせいただいたお客さまには必ず直接お会いして、約2時間に及ぶファーストミーティングと呼んでいるお打ち合わせを実施いたします。今までのNENGOでのリノベーション施工例などをご紹介しながら、お客さまのご要望や好みだけでなくライフスタイルや、ご職業、将来に対する考え方や家族構成など詳しく引き出すことが目的です。そうしたやり取りの中でお互いの信頼関係を築き、漠然とした希望を現実に落とし込んでいきます。

誰でも物件を購入しようというときは色々と夢が広がりますよね。広さは〇〇㎡は欲しいとか、部屋数は○LDKはないと、とか。でも客観的にお話を伺うと、この方の暮らしに果たしてそこまでの広さは必要無いのでは、と思われるケースだってあります。ファーストミーティングはお客さまにとって本当に必要なものは何か、お客さまと一緒に今後の暮らしを見据えたライフデザインをしていく時間なのです。

一番に考えることは目の前にいるお客さまの幸せです。ですからご購入をご希望でも、時にはオススメしないこともあります。例えば、その方がまだ独身で、今後家族構成が変わるであろうと思われるとき。家やマンションを何度も買い換える方は少ないでしょう。であれば、賃貸のご紹介もしているので、賃貸物件という選択肢もご提案いたします。ゆったりとした時間で暮らしたいという方には、ライフスタイルに合う街が他にあればお問い合わせいただいた物件ではなく、そちらをご紹介することも。良いことばかりでなく、マイナス面もきちんとお伝えした上で判断いただきます。

その場限りの取り繕うような対応だけは絶対にしたくありません。仮にそのときにご成約には至らなくても、数年後状況が変わられたときにリピーターとなっていただくこともありますし、他のお客さまをご紹介いただくことはよくあるんです。

株式会社NENGO 手塚 千陽

なるほど。お客さまとの関わり方に信念とこだわりがありますね。

NENGOの考え方
理念に共感いただけるお客さまのパートナーとして

ファーストミーティングはお客さまのことを知ると同時に、私のこと、そしてNENGOを知ってタッグを組めるかどうか判断いただく機会でもあります。ファーストミーティングはお見合いのようなもの。NENGOは、その土地ならではの気候・風土・歴史・文化を読み込み後世にも残していくような街つくりを目指す会社です。

私たちの持つ考え方に共感していただける方とお付き合いをしていきたいと思っています。ですから、考え方が合わない場合に、無理に物件を押し付けるようなことはありません。ただ、サイトを見てお問い合わせいただくことが多いので、ファーストミーティングから先に繋がる方は70%以上になります。

ご購入いただいた中古マンションをご自身の好きなテイストやライフスタイルに合わせてリノベーションするなど、お客さまと一緒に創り上げていくことを大事にしています。ご購入いただいたあと、大分時間が経っても、家の設備の不具合が生じたときはお問い合わせもいただいたり、お住み替えのときにまたご相談いただいたり。ご購入後、幸せに暮らしていらっしゃるかも気になりますから、何かあったときにご連絡いただけるのは嬉しく思います。

株式会社NENGO 手塚 千陽

将来のビジョンを聞かせてください

手塚千陽の名前で仕事ができるように
0から1を作れる人間になりたい

将来的にはおんぼろ不動産マーケットやNENGOの名前がなくても私にお仕事を任せたいと思っていただけるようになることを目標にしています。そのために、工程管理・予算管理・クリエイティブディレクションのスキルをアップは必須ですね。いつも心がけていることは、はっきりとしないあやふやな受け答えはしないということ。

私が担当させていただくお客さまも私1人ではなく、チームで、そして会社でバックアップします。経験豊富なノウハウもあるので、少しでも疑問を感じるところは会社に持ち帰って、きちんと確認をしてからお伝えするようにしています。

イイタン一問一答

出身は

長野県松本市生まれ、千葉県千葉市育ちです。

現在のお住まいは

会社の地元である、川崎市高津区に住んでいます。

好きな駅は

世田谷線の松陰神社駅です。仕事で世田谷区役所を訪ねるときに利用したのですが、東京にもこんなところがあるんだと思いました。ちょっと懐かしい雰囲気があって、古いものと新しいものが違和感なくはまっているところが好きです。

不動産業界に入ったきっかけ

不動産業界に入ったという意識はありません。街をつくっていくということに興味を持ち、この会社の理念に共感して働き始めました。

不動産業界の楽しさ

お客さまのこれからの生活を見据えて、寄り添うことができるところですね。他の職業や会社では得られない、深い関係が築けるような予感がします。

尊敬している人

尊敬というよりは憧れに近いのですが、NENGOのお客さまで40代の女性です。仕事もバリバリこなしながらプライベートも充実されていて感性を磨いていらっしゃるところ。そんな女性になりたいと思っています。

イイタンについてどう思いますか

あ、こういうサービスがあったんだ!と思いましたね(笑)。物件ありきではなくて、不動産購入という人生の大事な決断を誰とするかは重要だと思うんです。その“誰と”を一番に見ることができるメディアなので、ユーザーさんにとって安心できる情報源となるのではないでしょうか。

編集後記

NENGOのお客さまには、お問い合わせいただいてからご成約まで1年以上かけて様々な物件を見て決める方も多いそうです。自分のライフスタイルにこだわりを持つ人がそれだけたくさんいるということでしょう。自分の理想の居を手にいれる、ということは一大イベント。しっかりと寄り添って、長期にわたる視野で的確なアドバイスをしてくれる、コンサルタントと出会える不動産屋さんだと感じました。これからもずっと仕事の第一線にいたいという手塚さん。今後も多くの暮らしをプロデュースしていかれることでしょう。

取材/撮影 和田 文/瀬野 芙美香

株式会社NENGO

手塚 千陽

〒213-0033 神奈川県川崎市高津区下作延7丁目1番地3号

044-829-3324

info@nengo.jp

http://www.nengo.jp

2013年

大学で空間デザインを学ぶ

2017年

株式会社NENGO 入社

Pick Up Item

【メジャーとローン電卓】メジャーは、現地をご案内したときに広さや寸法の感覚を数字で明確に残せるので、必ず持ち歩いています。また家を購入する時に資金計画は外せません。ローン電卓は必須ですね。

     

同じ会社(グループ会社)の担当者(エージェント)

ページトップへ