物を売るのではない。お客さまのその後の暮らしを一緒に考えるのが私の仕事。

         

株式会社東宝ハウス武蔵野【武蔵野市境】

中村 慎一

株式会社東宝ハウス武蔵野 中村 慎一
     イイタンアンケート

担当者へのありがとうの声を見る

中村さんから物件購入出来て正解です

2020/09/27

エリア
東京都狛江市
利用シーン
購入
年代
40代 女性
Q.担当者の第一印象は?
数ある不動産屋さんから、ここでいっか!と決め、連絡いただき、初めてお会いし、とても話しやすい印象でした
Q.どんなことを相談されましたか?
たくさんの物件を紹介してくださり、私たち夫婦の意向を整理しながら新たな物件を見る、というステップでした。ローンに関しても様々の助言をいただきました。 建物に関しても図面を一緒に見てくださりアドバイスもらっており、感謝しています。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
物件見学などで一緒にいた時間が長い分、説明しなくても中村さんは分かっているので、フォーカスしてくれるところに間違いがなかったと思います。 なので、夫婦で、中村さんから購入する、と決めていました。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
今回は長く時間がかかりましたが、最後までありがとうございました。ハウスメーカーとの打ち合わせにも顔出してくださり、頼りになります。新居に招待しますので、新築祝い持っていらしてください笑 末長くお付き合いいただれば、と希望します。

諦めず、ずっと丁寧な人でした。

2020/09/11

エリア
東京都調布市
利用シーン
購入
年代
30代 男性
Q.担当者の第一印象は?
ざっくばらんに話せて、結局のところ信頼のおける担当者さんは彼しかいませんでした。 友人のようでちゃんと会社の人で、くだらない話もマジメな話も、オフレコもどんな話でも出来る人だと思います。
Q.どんなことを相談されましたか?
かなり限定された地域で、建売から注文までなるべく理想に近い安い戸建てをお願いしたいと探しました。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
東京で一戸建てなんて夢の夢と思っていましたが、可能性があればと探り探りながら、土地と建物と両方をネットとアプリで探していました。 結局、妻がもっと熱心に探して、資料請求などするなかで出会ったのですが、電話対応や実際にお会いしての対応がちゃんとしていたのが彼でした。 メールの対応、何より電話対応など、適切な距離感と無理強いしない対応は他の担当者にはい力量でした。正直な話、まだ検討中だと話すと「そんなんだと来週にはもうその物件はないですね。もうこちらからは連絡しないので、何かあったらまた。」くらいの勢いで妻に連絡してきた輩がいました。そのくせ、数週間すると「その後如何ですか」と。その後の対応も、同様の対応の繰り返し。相談する気にもなれませんでした。 それでも、彼は、決めきれないことなどにももどかしさはあったかと思いますが、適度な距離感と適切な距離感で意見を下さいました。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
この度は、長らくのお付き合いをありがとうございました。 まだみぬ土地とまだみぬ物件ですが、良いものと出来る様に私たちも努力していきます。 ありがとうございました。

中村さんで良かった

2020/09/11

エリア
東京都調布市
利用シーン
購入
年代
30代 女性
Q.担当者の第一印象は?
人当たりがソフトな印象でした。
Q.どんなことを相談されましたか?
現在住んでいる家から離れない場所で戸建てを探しているということ。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
他者さんは電話応対がとても軽かったし、こちらの要望もあまり伝わっていなかった上にしつこく何度も連絡してきてとても事務的に感じられた。 その点中村さんはそのようなことがなかったので。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
厳しい条件だったにも関わらず長い間お付き合いいただきありがとうございました。 同じ子育て世代でいろいろお話してくださりとても参考になりました。
Pocket
LINEで送る

  1. 家を探すことを楽しんでいただきたい
  2. 何かに突出するのではなく、何を質問されてもすぐに答えられるバランスの取れた知識
  3. 正解がないところ、お客さまと一緒に答えを探していく

お客さまと接する上で心がけていることは?

家を探すことを楽しんでいただきたい

心がけているのは、楽しい空間作りです。私たちはまず、お問い合わせをいただいたお客さまに気に入っていただいて、選んでいただかなくてはなりません。家を探すということは楽しいイベントですから、お客さまは、何でも相談できる、楽しい人と家を探したいとお考えになるのではないでしょうか。

不動産知識があることはもちろんですが、聞きたくないこと延々と話されるのは苦痛でしかないものです。こちらからの押し売りではなく、お客さまのお問い合わせいただいたことに対して、的確で素早いレスポンスと誠実さを心がけています。

お会いする前であれば、なおさらのこと、お互いに顔もわかりませんし、私がどのような人物か不安もおありでしょう。人柄や誠実さが伝わるような文章や言葉遣いも大事です。

ご提案では、お客さまとの会話の中から、ご自身でも気づかれていないご要望を具現化した物件を、ご提示していきたいと考えております。例えば「絶対に駅から近い家がいい」とおっしゃっていた方も、実は窓から見える緑の多い景色が決め手だったというケースもあるんです。少しでも可能性があるのであれば、見過ごさずに、まずはご提案してみるという姿勢を持ち続けたいと思います。

株式会社東宝ハウス武蔵野 中村 慎一

ここが他とは違う、という強みは何ですか?

何かに突出するのではなく、何を質問されてもすぐに答えられるバランスの取れた知識

私の強みは何かと問われたら……、強みがないことが強みです。チャートグラフでいうと、きれいな丸が描けるイメージです。

何かに突出している人は、その分野で輝くことができます。他の不足している部分を補うくらいの才能や技術があるということは確かに強みです。しかし私は、特に秀でたものはありません。私の理想は、全て合格点のパフォーマンスをすることです。どのようなご相談にも満足していただける答えを早いレスポンスで、ストレスフリーのアンサーを出せるように心がけています。どんなお客さまにも良いと思っていただけるように、営業マンとしての幅をこれからも広げていきたいですね。

30代までは、ある程度勢いでいくところもありました。お客さまの背中を押すことを大事にしていたんです。しかし40代になってからは、背中を押すだけではなく、その先に何があるのかを考えるようになりました。感動は自分が予期しないところから生まれてくるものです。だからこそ、時にはちょっと立ち止まって、もう一度考えてみる、見直してみる、ということも重要だと思うのです。

株式会社東宝ハウス武蔵野 中村 慎一

どのようなところに不動産営業の面白さを感じますか?

正解がないところ、お客さまと一緒に答えを探していく

答えがないことです。こうすれば完璧というものなど存在しないのです。もっとこうすればよかったのではないか、ということの連続で、それが私にとっては刺激的でもあります。同じ“良い家”をお伝えするのにも、表現の仕方は様々。あの時の一言が果たして正解だったのか、違う言い方をしていれば、もっと気持ちよくご決断いただけたのではないかなど、今でも考えることがあります。

前職では、あらかじめ決められたプラットフォームの中で、マニュアル通りにミスなくやるのが良い営業とされていました。一方、不動産営業は、どんな場所に住むか、どのような暮らしをしていくかということを、お客さまと一緒に考えられるところに面白さを感じています。

私の仕事は、物を売るのではありません。いい家というのは人によっても違います。あなたにとって良いこととは、他の人にはダメなことかもしれませんよね。だからこそ、お話をしっかりと伺って一緒に見つけていくのです。例えば、ローンをどうやって返済していくのか、一緒に確認して安心を得ていくということは、売ったら終わりの物売りにはない発想です。お客さまが求めていらっしゃる生活や暮らし方は何か、それを読み取って、具現化するのが私の仕事だと考えています。

編集後記

とても落ち着いていて、お話の一つひとつがとてもわかりやすく、説得力がありました。家探しをするときも、このように説明していただけたら、きっと不安も解消されるでしょう。中村さんが担当する案件は、比較的長いスパンで納得いくまで物件を探されるお客さまが多いそうです。じっくりと自分にぴったりの家を安心して探したいという方には是非お勧めしたい担当者さんでした。

取材/撮影 和田 文/並木 郁磨

Pocket
LINEで送る

株式会社東宝ハウス武蔵野

中村 慎一

東京都武蔵野市境1-15-6 1F

0422-35-7000

nakamura@tohohouse.jp

https://tohohouse.jp

1999年

日用雑貨・化粧品卸商社 入社

2010年

株式会社東宝ハウス武蔵野 入社

不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
ページトップへ