iitan

MENU

物を売るのではない。お客さまのその後の暮らしを一緒に考えるのが私の仕事。

株式会社東宝ハウス武蔵野

中村 慎一

株式会社東宝ハウス武蔵野 中村 慎一

担当者へのありがとうの声を見る

安心感

2019/09/22

エリア
東京都東村山市
利用シーン
購入
年代
30代 女性
Q.担当者の第一印象は?
とってもいい匂いのする人。キチッとしたキレイ好きな人。そして、笑顔が優しい人。
Q.どんなことを相談されましたか?
子供が生まれ、今後の子育てのことを考えて、家を買いたいと相談しました。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
職場の同僚に、親身になって家を買うのを手助けしてくれる方だと紹介してもらいました。中村さんじゃなかったら、旦那も買う気持ちにならなかったと。実際、私たちが買うときにも、分からないことは詳しく教えてくれ、一つ一つ丁寧に対応してくださいました。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
今回、希望通りの家を購入することができました。本当にありがとうございました。休みの日には、親戚や友達が集まり、みんなでワイワイする日が多くあります。息子ものびのびと家の中を走り回っています。家を買うのを諦めなくて、よかったと思います。いつも優しく丁寧に対応してくださり、ありがとうございました。

感謝でいっぱいです!

2019/09/05

エリア
東京都小金井市
利用シーン
購入
年代
30代 女性
Q.担当者の第一印象は?
責任感を凄く感じました。「私たちにお任せ下さい」とハッキリ言ってくださったのも有難かったです。 あと、会話が楽しい。不動産の話もたわいない話も(笑)
Q.どんなことを相談されましたか?
子どもが2人になり現状のマンションでは手狭、 長女の小学校入学までに物件を決められたら… あと、金銭面も含め 現状私たち家族が無理の無い支払いを続けるには どんな地域、物件が合ってるのか… 等々
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
某物権情報サイトにて情報を請求、何社かの不動産、担当になるであろう方とメールやお話をさせていただきました。 その中でいちばん対応の内容がナチュラル、といいますか…人対人としてお話を進めてくれたのが中村さんでした。 右も左も分からない状態、ホッと安心したのを覚えています。 変な話、他社では無理無理に話を進めようとする方もいらっしゃったので…
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
中村さん、ありがとうございました。 夫婦ともに中村さんにはほんとうに感謝しています。 いざ、お会いすると物件探しや手続きの中、なかなか感謝の気持ちを上手く伝えるタイミングも掴めず…ここで少しでも伝えられたらと(笑) 主人は正直、自分が家を買う事になるなんて思ってもいなかった。と、今でも言います(笑) そんな私たちに丁寧に、無理のない範囲で提案、話を進めていただき、まさかの!住宅購入が現実になりました。 今年の夏は不動産1色の夏でしたが、忘れられない夏になりましたよ。 勇気を出してお店にお伺いして良かったです。 娘達にも優しくして下さって感謝です。

何から何までお世話していただきました。

2019/08/10

エリア
東京都練馬区
利用シーン
購入
年代
30代 女性
Q.担当者の第一印象は?
物腰柔らかなのに、頼りになりそうで、安心できました。
Q.どんなことを相談されましたか?
住宅購入を考えているが、お互いの実家の関係もあり、どこで探すかなども頓挫している状態だったところからの相談で、購入までお世話になりました。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
案内を送ってくるだけでなく、具体的に動きやすいように、内覧などを進めてくれ、住宅購入の段取りがわかりやすかったです。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
この度はありがとうございました。 まったく先の見えない住宅相談から購入まで進んだのは、中村さんのおかげです。 夫婦のそれぞれ意向をうまく取りまとめてくれ(というか私の意向にやんわりこっそり沿ってくれ)夫婦だけでは話し合いがまとまらなかったところを舵を切ってもらって助かりました。 おかげさまで快適に過ごしています。本当にありがとうございました。
  1. 家を探すことを楽しんでいただきたい
  2. 何かに突出するのではなく、何を質問されてもすぐに答えられるバランスの取れた知識
  3. 正解がないところ、お客さまと一緒に答えを探していく

お客さまと接する上で心がけていることは?

家を探すことを楽しんでいただきたい

心がけているのは、楽しい空間作りです。私たちはまず、お問い合わせをいただいたお客さまに気に入っていただいて、選んでいただかなくてはなりません。家を探すということは楽しいイベントですから、お客さまは、何でも相談できる、楽しい人と家を探したいとお考えになるのではないでしょうか。

不動産知識があることはもちろんですが、聞きたくないこと延々と話されるのは苦痛でしかないものです。こちらからの押し売りではなく、お客さまのお問い合わせいただいたことに対して、的確で素早いレスポンスと誠実さを心がけています。

お会いする前であれば、なおさらのこと、お互いに顔もわかりませんし、私がどのような人物か不安もおありでしょう。人柄や誠実さが伝わるような文章や言葉遣いも大事です。

ご提案では、お客さまとの会話の中から、ご自身でも気づかれていないご要望を具現化した物件を、ご提示していきたいと考えております。例えば「絶対に駅から近い家がいい」とおっしゃっていた方も、実は窓から見える緑の多い景色が決め手だったというケースもあるんです。少しでも可能性があるのであれば、見過ごさずに、まずはご提案してみるという姿勢を持ち続けたいと思います。

株式会社東宝ハウス武蔵野 中村 慎一

ここが他とは違う、という強みは何ですか?

何かに突出するのではなく、何を質問されてもすぐに答えられるバランスの取れた知識

私の強みは何かと問われたら……、強みがないことが強みです。チャートグラフでいうと、きれいな丸が描けるイメージです。

何かに突出している人は、その分野で輝くことができます。他の不足している部分を補うくらいの才能や技術があるということは確かに強みです。しかし私は、特に秀でたものはありません。私の理想は、全て合格点のパフォーマンスをすることです。どのようなご相談にも満足していただける答えを早いレスポンスで、ストレスフリーのアンサーを出せるように心がけています。どんなお客さまにも良いと思っていただけるように、営業マンとしての幅をこれからも広げていきたいですね。

30代までは、ある程度勢いでいくところもありました。お客さまの背中を押すことを大事にしていたんです。しかし40代になってからは、背中を押すだけではなく、その先に何があるのかを考えるようになりました。感動は自分が予期しないところから生まれてくるものです。だからこそ、時にはちょっと立ち止まって、もう一度考えてみる、見直してみる、ということも重要だと思うのです。

株式会社東宝ハウス武蔵野 中村 慎一

どのようなところに不動産営業の面白さを感じますか?

正解がないところ、お客さまと一緒に答えを探していく

答えがないことです。こうすれば完璧というものなど存在しないのです。もっとこうすればよかったのではないか、ということの連続で、それが私にとっては刺激的でもあります。同じ“良い家”をお伝えするのにも、表現の仕方は様々。あの時の一言が果たして正解だったのか、違う言い方をしていれば、もっと気持ちよくご決断いただけたのではないかなど、今でも考えることがあります。

前職では、あらかじめ決められたプラットフォームの中で、マニュアル通りにミスなくやるのが良い営業とされていました。一方、不動産営業は、どんな場所に住むか、どのような暮らしをしていくかということを、お客さまと一緒に考えられるところに面白さを感じています。

私の仕事は、物を売るのではありません。いい家というのは人によっても違います。あなたにとって良いこととは、他の人にはダメなことかもしれませんよね。だからこそ、お話をしっかりと伺って一緒に見つけていくのです。例えば、ローンをどうやって返済していくのか、一緒に確認して安心を得ていくということは、売ったら終わりの物売りにはない発想です。お客さまが求めていらっしゃる生活や暮らし方は何か、それを読み取って、具現化するのが私の仕事だと考えています。

編集後記

とても落ち着いていて、お話の一つひとつがとてもわかりやすく、説得力がありました。家探しをするときも、このように説明していただけたら、きっと不安も解消されるでしょう。中村さんが担当する案件は、比較的長いスパンで納得いくまで物件を探されるお客さまが多いそうです。じっくりと自分にぴったりの家を安心して探したいという方には是非お勧めしたい担当者さんでした。

取材/撮影 和田 文/並木 郁磨

株式会社東宝ハウス武蔵野

中村 慎一

東京都武蔵野市境1-15-6 1F

0422-35-7000

nakamura@tohohouse.jp

https://tohohouse.jp

1999年

日用雑貨・化粧品卸商社 入社

2010年

株式会社東宝ハウス武蔵野 入社

           
ページトップへ