お客さまの親しい友人や親戚のような気持ちで一緒にお家探しを

株式会社東宝ハウス武蔵野

馬場 雅宏

株式会社東宝ハウス武蔵野 馬場 雅宏
Pocket
LINEで送る

  1. 人と接することが楽しい。アパレルの経営から不動産業界へ
  2. マイホーム購入は大きな買い物。責任の重さとやりがいを感じます
  3. お客さまの親戚のような気持ちで接すること。これまで培ってきたノウハウをフィードバックしていきたい

これまでの経歴を教えてください

人と接することが楽しい。アパレルの経営から不動産業界へ

不動産業界には10年以上携わっていますが、その前は洋服が好きで、アパレル会社を経営していました。アパレルバブルともいえる時代です。好きが高じてアメリカで古着を買い付けてきては、フリーマーケットで売るという形で商売を始め、高円寺や中目黒、今でいう奥シブと呼ばれる辺りにもお店を出していました。

しかし、アパレル業界は流行り廃りが早い業界です。ブランドは次々に淘汰されていきます。ファストファッションの時代がやってきて、私が手がけていたストリートブランドは苦戦を強いられ、店を閉めることになりました。その後、色々な道を模索しましたが、私は人と接するのが好きでした。営業畑が一番自分に合っていると感じますし、楽しいんですね。

一方で、人が人生で得るもので一番高いものといえば、家か保険だと思っていました。洋服と比べても、単価が全然違います。購入する際は、誰もが慎重になり、真剣に選ぶでしょう。私は、お客さまと向き合い、一緒に住む家を探す仕事に惹かれました。

株式会社東宝ハウス武蔵野 馬場 雅宏

不動産業界に対する思いを聞かせてください

マイホーム購入は大きな買い物。責任の重さとやりがいを感じます

不動産業界は3ヶ月売上があげられなければ、たとえ10年勤めていたとしてもクビになるという厳しい世界です。最初に入った不動産会社は東宝ハウスとは真逆でした。新人研修などはなく、一切誰も教えてくれない。知識やスキルは、自分から聞いて教えてもらうか、盗むか、生き残る術を自分で考えなくてはなりませんでした。同期が辞めていく中で生き残れたということは、自信になりましたね。1年目でその会社でトップの成績を上げることができ、結果を出したからこそ、次の新しいステージに行こうと思えたのです。

家を購入するということは、一生に1度か2度の大きな買い物です。お客さまには、変なものを買っていただきたくありません。そのために私たち不動産屋は、常に新しく正確な知識が必要です。中途半端な知識では失礼になってしまいます。責任を感じると同時に、ご購入いただいた後も売って終わりではなく、お家の近くを通れば挨拶に伺うことができるような良い関係を築いていけるところは、不動産業を続けていきたいと思える魅力です。

不動産業界と一口に言っても、賃貸・投資・委任など、いろいろな仕事があります。その中でも当社では、新築の家を購入するお客さまが中心です。期待に胸を膨らましているご家族と一緒に「私がその環境だったら……」「私が暮らすのであれば……」と考えて解決していくことにやりがいを感じます。

株式会社東宝ハウス武蔵野 馬場 雅宏

お客さまに対して常に心がけていることは?そして、これからやりたいことは?

お客さまの親戚のような気持ちで接すること。これまで培ってきたノウハウをフィードバックしていきたい

基本的に、楽しく仕事させていただくことを心がけていますが、お客さまにとって、家探しは楽しくてワクワクすることだけではありません。物件を見て回るには丸1日、もしくはそれ以上、かかります。貴重な休日が丸々つぶれてしまうのです。しかし、実際にご覧になってみて、希望通り100%叶う家は、まずないでしょう。頭で思い描いているマイホームは、普通、考えている予算を超えているはず。そのような現実もしっかり見ていただいて、理解し、納得していただいて、契約に至るのが不動産取引です。

現実を分かっていただくために、酷なことを言わなくてはならないこともあります。それを事務的に言われては、冷たい、不親切、とお感じになるに違いありません。しかし、親戚や、親しい友人からアドバイスされるのではどうでしょう?何が違うかというと、友人や親戚は自分のことを思って言ってくれますよね。

私は常に努めているのは、赤の他人として一緒に家を探すのではなく、親戚と探しているような感覚でいることです。何をお伝えするのもドライに事務的ではなく、お客さまの立場で行っているということを感じていただけたらいいと考えています。そして、この歴史ある東宝グループで、さらなる上を見ています。私がこれまで培ってきたノウハウを、お客さまに対してはもちろん、社内でもフィードバックして役立てていきたいです。

編集後記

「人と接することが好き」。その言葉通り、とてもお話が上手で、初めて会った人も、すぐに打ち解けられるのではないかと思います。とても接しやすく、その場の雰囲気が明るく和みますね。さらに、馬場さんは経験も知識も豊富。いろいろなエリアでの経験があるので、西東京だけでなく、23区や横浜などの土地にも詳しいという、頼もしい営業さんです。きっとお家探しも、楽しいものとなることでしょう。

取材/撮影 和田 文/並木 いくま

Pocket
LINEで送る

株式会社東宝ハウス武蔵野

馬場 雅宏

東京都武蔵野市境1-15-6 1F

0422-35-7000

baba@tohohouse.jp

https://tohohouse.jp

1995年

アパレル会社を設立、経営

2009年

某不動産仲介会社 入社

2019年

株式会社東宝ハウス武蔵野 入社

 
不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
ページトップへ