お客さまと担当者でありながら
友達のような気兼ねない関係で信頼される担当者になりたい

株式会社東宝ハウス武蔵野

鬼塚 奨

株式会社東宝ハウス武蔵野 鬼塚 奨

担当者へのありがとうの声を見る

大変お世話になりました

2019/11/15

エリア
東京都小平市
利用シーン
購入
年代
20代 男性
Q.担当者の第一印象は?
親身で話しやすく誠実な対応、知識が豊富で、質問や相談にスピーディーに返答いただき非常に助かりました。
Q.どんなことを相談されましたか?
住宅の間取りや住宅ローン、必要書類等
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
明るく印象が良かった為
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
今回大変お世話になりました。会社までの送り迎えも含め、本当にありがとうございました。

満足のいく物件を買えました!

2019/11/15

エリア
東京都小平市
利用シーン
購入
年代
20代 女性
Q.担当者の第一印象は?
爽やかな明るい方で、どんなに小さなことでも親身になって相談乗っていただき、話しやすかったです。
Q.どんなことを相談されましたか?
日当たりや立地、周りの住宅環境などを相談しました。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
とにかく親身になって相談に乗っていただいたのと、段取りの早さが決め手でした。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
この度は本当にありがとうございました。人生で1番大きな買い物でしたが、後悔なく満足いく物件を購入できて本当に良かったです。私達のわがままをいつも聞き入れてくださり感謝しております。本当にありがとうございました。

親身に考えてくれる担当者さんでした。

2019/10/31

エリア
東京都東村山市
利用シーン
購入
年代
20代 男性
Q.担当者の第一印象は?
第一印象は明るく出来る営業マンの印象です。
Q.どんなことを相談されましたか?
賃貸の家賃を払っていくのが勿体なく思い戸建ての購入を相談した。また資金計画や保険の見直しなどライフプランの相談。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
情報量が多く、物件を決めるときもここが良い、ここにしようなど押し売りのようなこともなく私達と同じ目線で考えてくれるところに好感がもて決めました。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
この度はありがとうございます。お陰で楽しい生活が送れそうです。また、忙しい時でも息子の面倒まで見ていただき本当に感謝しています。これからもそのままのスタンスで頑張ってください。
Pocket
LINEで送る

  1. 専門用語だらけの説明に感じたストレス。自分の可能性を試したくて、不動産業界に入りました
  2. 理想は、友達のような関係性。まずはお互いを信頼し合える基盤を作る
  3. どんな物件をいつ購入するのか。それは不動産担当者ではなく、“お客さまの感性”が決めるもの

これまでの経歴について、お聞かせください

専門用語だらけの説明に感じたストレス。自分の可能性を試したくて、不動産業界に入りました

卒業後は、接客のアルバイトで培ったコミュニケーション能力を活かしたいと思い、輸入車販売会社の営業職に従事していました。お客さまとは、車両購入後も車検等で長期的に関わり、信頼関係を作ることができるので、生涯付き合えるお客さまと出会えることが、何よりの喜びでしたね。

仕事を続ける中で、私も結婚し子どもが生まれ、持ち家を買おうと考えたことが転職を志したきっかけでした。家探しの際、担当者の方から専門用語まみれの説明を受ける中で、強いストレスを感じまして。「こう説明すれば、もっとお客さまも理解してくれ、喜んでもらえるのでは?」と考え、同時に「それを試すとどうなるのだろう」と興味を持ったのです。何人かの担当者の方と会う中で、次第にその気持ちが大きくなり、ついにチャレンジしたいという好奇心が抑えられなくなり、不動産業界の門を叩きました。

数ある不動産会社の中でも、弊社を選んだのは、面接の時に「うちはアフターフォローに一番力を入れている」という言葉を聞けたから。輸入車販売時代にも、お客さまと末長く良好な関係を築くことが嬉しかったので、そこが自分の中で、会社選びの大事な価値観になっていたようです。その時の言葉通り、今も縁をいただいたお客さま一人ひとりを大事にしながら、業務に就くことができています。

株式会社東宝ハウス武蔵野 鬼塚 奨

お客さまと関わる際に、大事していることは?

理想は、友達のような関係性。まずはお互いを信頼し合える基盤を作る

お客さまから、できるだけ友達のように、気兼ねなく何でも相談できる担当者と思っていただけるようにすることです。私自身、何を買うにしても、その距離感で接してくれる人から買いたい気持ちが強くあります。何でもそうですが、物はどこでも同じものを手に入れられる。だからこそ、それを売る担当者との関係性が選ばれる理由になると考えています。そのため、関係は担当者とお客さまでありながら、関わり方は友達のように気軽に接していただけるよう、意識しています。

具体的にしていることといえば、私の方から必要以上に物件のお話しはしないということですね。特に最初の面談では、いくら物件をプレゼンしたところで、実際に見ていないわけですから、お客さまはイメージできないと思うのです。そして何より、「変な物件を紹介されないか」と、身構えている方も多くおられます。だからこそ、まずは「この人になら、話しても大丈夫そうだ」と思っていただけるよう、出身地や近隣の飲食店、子どもの話といったような、誰とでもラフに交わせる話題でコミュニケーションを取る。そうしたやりとりを通じ、まずはお互いが信頼し合い、協力し合えるための基盤を一緒になって作り上げることが大事だと考えています。

株式会社東宝ハウス武蔵野 鬼塚 奨

印象的だったお客さまとのエピソードを教えてください

どんな物件をいつ購入するのか。それは不動産担当者ではなく、“お客さまの感性”が決めるもの

とあるご夫婦のお客さまを紹介させてください。そのお客さまは30代半ばで、タイミング的に買うならそろそろ買わないとと考え、インターネットで物件を検索されていたそうです。ご自身で気になる物件を見つけたので、内覧希望でお問い合わせいただきました。初めてお会いした際には、「実はまだ探し始めたばかりで、すぐの購入は考えていないんですよ」とおっしゃられていましたが、いくつかの物件をご紹介・内覧させていただいた中で、物件購入に対する熱が高まり、ローンのご案内をすることに。2回目のご来社の際には、具体的に物件の候補を絞り込み、その中の1つを購入することを決意され、ご契約いただくこととなりました。

この時から、今でもお客さまと関わる際に、「購入する物件も、購入するタイミングも、全てお客さまが決める」ということを忘れないようにしています。今回のお客さまは、最終的にはご自身で見つけられた物件を納得してご契約されました。また、最初こそ「すぐに買わない」とおっしゃられていましたが、結果的にかなり早くご購入を決意されました。

お客さまがどんな物件をいつ欲しくなるのか。それは、私たち担当者が決めることではなく、全てお客さまの感性が決めること。私たちはあくまでアシストする立場として、お客さまの意思決定をサポートすることが務めだと、学ばせていただきました。

編集後記

鬼塚さんにお話を伺う中で、出会った人を本当に大事にされている誠実な人柄を感じました。その素敵な人柄から、今でも前職時代のお客さまや、ご契約いただいたお客さまとの繋がりは絶えていないそうで、人望の厚さも伺えました。提供する物件はどこでも同じだからこそ、人の部分で信頼を得られたい。そんなスタンスを大事にされている鬼塚さんに、物件探しをサポートいただければ、あなたも考えていた条件やプランを気兼ねなくお話しでき、納得の家を購入できるはずですよ。

取材/撮影 近藤 裕也/並木 いくま

Pocket
LINEで送る

株式会社東宝ハウス武蔵野

鬼塚 奨

東京都武蔵野市境1-15-6 1F

0422-35-7005

onitsuka@tohohouse.jp

https://tohohouse.jp

2009年

輸入自動車販売会社 入社

2018年

株式会社東宝ハウス武蔵野 入社

 
不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
ページトップへ