お客さまの幸せは、お客さまが決める
だけど、後悔しない家選びの責任は、私がプロとして担う

株式会社東宝ハウス武蔵野

佐藤 謙

株式会社東宝ハウス武蔵野 佐藤 謙
Pocket
LINEで送る

  1. もっとお客さまに喜んでいただける仕事がしたい。その思いで辿り着いたのが、不動産業でした
  2. プロとして、お客さまを守ること。これなら安全だと思えるラインを超える物件しか紹介しない
  3. 「私には売れません」そう言ってでも、お客さまが家を買う意味を、何より大事にする

これまでの経歴について、教えてください

もっとお客さまに喜んでいただける仕事がしたい。その思いで辿り着いたのが、不動産業でした

高校卒業後、実家の商店でお世話になっている弁護士の先生から紹介いただき、司法書士事務所に勤めていました。業務上の判断は全て代表が行い、私は指示された書類を作る毎日。同じ作業を繰り返す毎日にやりがいを感じれなくなり、「もっとお客さまの顔が見えて、喜んでもらえるような仕事がしたい」という思いが強くなり、転職を決意しました。

とはいえ、今の自分が持つ仕事のスタンスや価値観のベースはここで作られたので、とても感謝しています。その後は、通信教育商材の販売会社にて、新規事業を任せていただく機会に恵まれたり、行政書士事務所の開業や、学習塾で教室長を努めるなど、やりがいある仕事を経験させていただきました。

しかしそれでも、自分が納得して「お客さまに喜んでもらえるような仕事がしたい」という実感を得ることは、できていなかったのです。本当に心から満足できる仕事は、どこでできるのか。そう考えた時に、司法書士事務所を退職した同僚が、不動産業界に転職し、「お客さまの幸せに関われる素敵な仕事だよ」と話していたことを思い出して、不動産業界に飛び込みました。今は課長となり、直接ご案内する機会は少なくなりましたが、部下がお客さまの笑顔を作った現場を見ると、この仕事をしていてよかったなと思うことができますね。

株式会社東宝ハウス武蔵野 佐藤 謙

お仕事をする上で、一番大事にしていることは?

プロとして、お客さまを守ること。これなら安全だと思えるラインを超える物件しか紹介しない

プロとして、「お客さまを守ること」でしょうか。最近では、インターネットで物件情報がたくさん公開されていますから、お客さまもある程度ご自身で探し、気になる物件ありきで問い合わせをくださることも多くなりました。しかし、中には図面をよく見ないとわからない欠陥や、記載されていない重要な情報が隠されていることも、ゼロではありません。それでも、お客さまが欲しいと言えば、契約を勧める不動産会社もあるでしょう。しかし私たちは、お客さまから高い仲介手数料をいただき、人生設計の基盤となる住宅購入をアテンドされていただく立場。

「この物件を買っていただくことで、不幸になるだろうな」という物件を、笑顔で勧めることはできません。お客さまがいくら気に入っていようが、ダメなものは、ダメなのです。もちろん、お客さまにはお客さまの人生がありますので、その物件を購入して、幸せになるか不幸になるかは、私たちが決めることではないでしょう。

しかし、それでも自分が心から勧められない家を提案することは、プロとして失格。自分の中で、不動産取引上、これなら安全だと思えるラインを超える物件しか紹介しない。それが、先々を見据え、責任持ってお客さまを守ることだと考えています。

株式会社東宝ハウス武蔵野 佐藤 謙

印象的だったお客さまとのエピソードを教えてください

「私には売れません」そう言ってでも、お客さまが家を買う意味を、何より大事にする

とあるお客さまとのやりとりは、今でも鮮明に覚えています。ご夫婦と、お子さんが2人のご家族で、海外から帰国したばかり。当時住んでいた場所から、子どもの通学が非常に不便だったため、物件購入を検討されていました。伺った条件に全て当てはまる物件が奇跡的にすぐ見つかり、非常に喜ばれていたのですが、翌日「自分たちで見つけた物件を見たい」とご連絡いただいたのです。見てみると、それは当初の条件から、全く外れた物件でした。ご案内はしたものの、ここだとお子さんの通学は、今より不便になるだろうな。そう確信した矢先、旦那様から「佐藤さん、今日見た物件を買うことに決めました」と告げられました。

「本気ですか?」と慌てて確認すると同時に、お客さまと当時の目的を再度整理した上で、「私にはこの物件は売れません。もう一度、よく考えてください。」とお伝えし、その日はご帰宅いただくことに。その日中に再度ご連絡いただき、当初ご案内していた物件で、無事ご契約をいただきました。お客さまが家探しを始めた当初の理由を忘れてしまうことは、珍しいことではありません。

しかしそうなれば、家を探す意味を無くすことにもなります。お客さまが「この家を買ってよかった」と末長く思っていただけるよう、外れがちな目的や条件を正しながらアテンドする。それが、私たちプロの役目だと、改めて学ばせていただきました。

編集後記

とてもお話し上手で表情豊か。そして、物腰の柔らかい印象を受けた佐藤さん。そんな佐藤さんからお話しを伺う中で感じたのは、「お客さまが後悔する物件は、たとえ相手が望んだとしても、絶対に売らない」という強い信念。なぜ、家を購入することを考えたのか。最初のきっかけを大事にしながら、それを叶えられる、安心安全な家をご提案することが、プロとしての仕事だとおっしゃられていました。そんな佐藤さんであれば、きっとあなたが家探しをする上で、最良のパートナーになっていただけるはずですよ。

取材/撮影 近藤 裕也/並木 いくま

Pocket
LINEで送る

株式会社東宝ハウス武蔵野

佐藤 謙

東京都武蔵野市境1-15-6 1F

0422-35-7005

sato@tohohouse.jp

https://tohohouse.jp

1985年

司法書士事務所 入社

1992年

通信教育会社と請負業務契約

1995年

行政書士事務所 開業

2000年

学習塾運営会社 入社

2002年

株式会社東宝ハウス武蔵野 入社

 
不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
ページトップへ