お客さまにとって全ての状況が揃ったときこそがご購入のタイミング
だから強くは押しません

         

株式会社東宝ハウス武蔵野【武蔵野市境】

茂木 公

株式会社東宝ハウス武蔵野 茂木 公
     イイタンアンケート

担当者へのありがとうの声を見る

いつも夫婦それぞれの意見を尊重してくれました。

2021/06/17

エリア
東京都小金井市
利用シーン
購入
年代
20代 女性
Q.担当者の第一印象は?
身長が高くガッシリされてますので迫力があるなと思いました。また、とてもニコニコされていましたのでお話しやすそうだなと感じました。
Q.どんなことを相談されましたか?
まだ家を買うかどうか悩んでいる段階で、今住んでいる地域でとりあえず探してほしいとお願いしました。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
茂木さんと初めてお会いした時期に同じタイミングで他社にも初めてお会いしていました。他社の方は素人の私が見ても情報量が少ない上に、質問した内容の答えが的外れな事を返されたりして、とても頼りなく感じました。茂木さんは話し方からも説得力がありましたし、仕事や家庭での経験談を踏まえて、とにかくたくさんのお話をしてくれて、たくさん情報を提供してくださいました。また茂木さんは契約以外の仕事でも、「僕をうまくつかってください」と言って様々な面からサポートしてくださいました。一方他者さんは契約だけすればうちの仕事はこれで終わりと最初から言われましたので、茂木さんとは雲泥の差があると思い、契約するなら絶対茂木さんで買おうと主人と決めていました。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
最初は、興味本意だからね、と主人に言いながらお会いしました。家を買うことにとても消極的だった私が、茂木さんとはじめてお会いして、その日にご紹介いただいた土地を結果的に契約しました。全く買うつもりもなく、今の社宅が安心という理由で住まいを変えたくなかった私でも、とても説得力があり、納得するものがありました。そのままの茂木さんの営業スタイルでいてほしいです。これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

お客様の気持ちに寄り添った担当者

2021/06/12

エリア
東京都国分寺市
利用シーン
購入
年代
30代 男性
Q.担当者の第一印象は?
熱意のある方で、話を親身に聞いていただける印象を持ちました。あと、目がキレイ。
Q.どんなことを相談されましたか?
資産を残すということで戸建ての購入を考えていて、駅からの距離が徒歩圏内でリビングダイニングが広いところを求め相談しました。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
物件の問い合わせをしたのが東宝ハウス武蔵野さんだけのため、他社比較は出来ません。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
家の購入は初めてなので右も左もわからない状態でのスタートでしたが、いろいろと相談に乗っていただき丁寧に回答していただいたのでとても助かりました。ありがとうございました。 実際の体験談を語っていただいたり、他愛もない雑談をしていただいたりと、距離感が近い感じがしてとても接しやすかったです。

夫婦両方の意見を尊重してくれるバランス感覚の優れた担当者

2021/06/07

エリア
東京都小金井市
利用シーン
購入
年代
30代 男性
Q.担当者の第一印象は?
初見は長身長と感じました。会った方であれば納得いただけると思います。会話をしますと物腰柔らかく、何でも相談しやすい方だと印象を受けました。幾度も内覧等に連れていっていただきましたが、大袈裟ではなく一度もネガティブな反応をされたことがありません。そういう意味でも何でも相談しやすい方だと思います。
Q.どんなことを相談されましたか?
小金井市に購入は決めていたので、間取り、内装など、主に相談していました。早くから土地は決めたので、その土地に似た条件に建っている物件を多数見せていただき、イメージを固めていくことができました。
Q.担当者を決めた理由はなんですか?
率直に人間性です。この担当者なら途中で御座なり、なおざりにならないと思ったからです。他社にもコンタクトはとりましたが、その際に、うちはあくまでも仲介業者であり、売買契約が終わったらそれまでです。という感じを受け取りました。その点、茂木さんはきちんと最後まで丁寧に対応してくれそうだと感じたためです。
Q.担当者へ伝えたいメッセージがあればお書きください
この度は本当にありがとうございます。 とりわけ建物は契約をかまないにも関わらず、 細かい注文が多々あったかと思いますが、紳士に寄り添い、我々にとってのベターではなくベストを考えてくださる姿勢には大変感謝しております。 今後ともよろしくお願いいたします。
Pocket
LINEで送る

  1. ブライダルも不動産も人生の大きなイベントに変わりはないのです
  2. 人生の岐路に気付いていただくのも私の役目
  3. 決してあきらめないのが茂木流

クリエイティブな職業から不動産営業に転身したわけは?

ブライダルも不動産も人生の大きなイベントに変わりはないのです

大学で広告の勉強をしていたこともあり、クリエイティブ領域で人々に感動を与える仕事をしたいと思っていました。メーカーの広告制作からスタートして、住宅雑誌の広告制作ディレクター、ブライダル運営など様々な業界を経験してきましたが、いずれも、商品やサービスの魅力をお客さまにお伝えする仕事に携わることができました。

ブライダルと住宅というと、まったく畑違いに思われるかもしれませんが、「お客さまの人生のターニングポイントに関わる仕事」という点では共通点がとても多いんです。お客さまに喜んでいただける仕事であるということも似てますからね。

不動産営業をしてみようと思った一番のきっかけは、住宅雑誌の広告制作ディレクターのときの経験です。お施主さまのお家を訪問する広告の制作過程で、何人ものお施主さまとお話する機会があったのですが、会う方皆さんすべてがとても嬉しそうな表情でお話されていたんです。その笑顔が忘れられなく、この業界に携わっていきたいと思うようになりました。

株式会社東宝ハウス武蔵野 茂木 公

不動産営業という仕事の醍醐味ややりがいはどのようなことでしょう?

人生の岐路に気付いていただくのも私の役目

不動産営業は、お家探しという人生で最も重要であるともいえるシーンに関わる仕事です。その中で最も大切だと思うのはお客さまの心の奥にある本当のお望みを理解すること。なぜこの街に暮らしたいのか、どうしてこの間取りでなくてはいけないのか、お客さまが発する言葉からその真意を汲み取ることが重要だといつも心がけています。ただし、ご希望にお応えするだけでなく、時には、このお客さまには何としてもお家をご購入いただかなくてはいけないというときもあります。例えば、このまま賃貸を続けていけば、将来ご高齢になったときに住む家がなくなるかもしれない、買うことも借りることもできなくなってしまうかもしれない、というケースなどがその例です。

それは、決して私の利益や成績のためではありません。「このまま賃貸でもいいのではないか」とお考えになっているのだとすれば、将来に大変な思いをする、今が人生の岐路であるということに気付いていただくことも必要になります。そうした意味でも不動産営業の仕事は、家を購入するその瞬間だけでなく、人生をプランニングさせていただく、将来を見越してアドバイスする仕事ともいえます。もちろん、お家を購入するには資金が必要ですから、どのようにローンを組んで、どうやって返済していけば無理なくできるのか、お客さまの立場に立ってストーリーを作っていくことも私の役目だと思っています。ご理解いただいて、最終的に「買ってよかった」と笑顔になっていただけたなら、それ以上の喜びはないですね。

株式会社東宝ハウス武蔵野 茂木 公

他と比べて、どのような営業担当だと思いますか?

決してあきらめないのが茂木流

以前、ある研修で、自分の性格を分析してもらったことがありました。結果は、他人のことを気に掛けるウエイトがとても高いというものでした。いろいろな仕事を通じて、自分と直接関わる人とはもちろん、ステークホルダー等、多くの人々と対峙させていただきました。たくさんの意見を聞く機会を通じてそうした性格~営業スタイル~が培われたのかもしれませんね。

「話をじっくり聞いてくれる」「焦らせることなく親身に対応してくれる」とのお言葉をいただくことがあるのもそうしたことによるかもしれません。強く押すことはせず、お客さまが全て納得されて、状況が揃ったときがご購入のタイミングだと考えています。それまで私がすることは、とにかくお客さまと会話をたくさんして、自分を信頼していただくことです。上司から「これは茂木案件だろう」と言われる分野があります。

私が得意としているのは、不動産会社にとっては少し手間のかかるような、ご事情のある案件です。例えば、他の不動産会社をあたったけれど、ローンを組めなかったというお客さま。他社で断られてしまいそうな方も、幸せな家をお探しするために全力を尽くします。諦めずに是非ご相談ください。

編集後記

決してゴリ押しはしない、穏やかな印象を受けますが、お客さまには損をさせませんと力強く語る、頼りになる営業担当です。なかなかローンを組めずに困っている人も茂木さんならば粘り強く、解決方法を探してくれることでしょう。プライベートでは、将来は奥さまと一緒に田舎暮らしをするのが夢と話す、男の子3人のパパ。お客さまと同じように、仕事・子育て・住宅ローンの支払いを頑張っているので、等身大のアドバイスも期待できそうです。

取材/撮影 和田 文/並木 いくま

Pocket
LINEで送る

株式会社東宝ハウス武蔵野

茂木 公

東京都武蔵野市境1-15-6 1F

0422-35-7000

motegi@tohohouse.jp

https://tohohouse.jp

1990年

印刷会社 入社

1998年

雑誌制作会社 入社

2010年

販促物制作会社 入社

2011年

ブライダル運営会社 入社

2013年

株式会社東宝ハウス武蔵野 入社

不動産の悩みを直接担当者に無料相談
           
ページトップへ